Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

田端プリンスホテル 提訴の経緯や商標権は?社長について調べてみた

西部グループの「プリンスホテル」が、田端プリンスホテルを東京地裁に提訴した件について、プリンスの由来や、提訴の経緯、商標権の考え方、また田端プリンスの評判や社長について調べてみました。

 

スポンサーリンク

 

田端プリンスホテルとは?

JR山手線田端駅から徒歩10分に立地するホテルで、2018年4月1日にオープンしました。

実はこのホテル、新築ではなく、元々印刷会社が入っていたビルを改装して造られたようです。

部屋数は48室、館内設備としてレストラン、居酒屋、宴会場があり、駐車場はありません。

ホテルのクラスでいうと、ビジネスホテルのようです。


出典:田端プリンスホテルHP

提訴の経緯は?

「プリンスホテル」といえば、言わずと知れた西武グループが経営するホテルチェーンですね。もちろん、「プリンスホテル」の名前で商標登録(1992年)されていて、他人が勝手にこの商標を使用することはできません。

そこで、西部グループのプリンスホテルが、後から勝手に名前を使った田端プリンスホテルを提訴し、名称使用の差し止めを求めているということです。


出典:テレ朝NEWS

 

スポンサーリンク

 

プリンスホテルが具体的に被った被害は、、、

プリンスホテル・高村嘉一郎管理部長「お客様からも問い合わせのご連絡があり、実際に当社の施設だと思って利用したが、違ったというようなご意見、ご連絡をいただいたことがあります」

引用元:テレ朝NEWS


出典:テレ朝NEWS

確かに、何も知らない客の立場からすると、田端プリンスホテルは西武グループのプリンスホテルだと思ってしまっても不思議ではないですね。

田端プリンスホテルの由来、社長の王氏(大朝永貫氏)の顔画像は?

では何故、田端プリンスホテル側は、この名前を付けたのでしょうか。

田端プリンスホテルの大朝永貫社長の言い分はこうです。

(私は)王子という名前、中国語の名前で、簡単に翻訳しただけなので、昔(自分が日本に)帰化する前の名前が王だったので、王家の子どもで王子」

引用元:テレ朝NEWS


出典:テレ朝NEWS

 

つまり、社長の大朝氏は元々は中国人で、中国名を「王」といい、その名前に由来しプリンスをつけた、と言うのです。

 

田端プリンスホテルの言い分、商標権はどうなっている?

田端プリンスホテル側は、西武系プリンスホテルの提訴に対して、このように反論しています。

「(私たちは)ビジネスホテルですからやっている業種が全然違うし、建物の造りも違うし」

引用元:livedoorNEWS

 

また、田端側も田端プリンスホテルの名前を商標登録申請していて、争う姿勢を見せているようです。

そこで・・・

J-PiatPatという、商標登録状況を検索できるサイトで確認してみました。

その結果・・・

平成29年(2017年)10月20日に、確かに商標登録申請がなされていましたが・・・

 

↓クリックするとこのページにとびます

あくまでも「申請」されただけで、登録されているわけではないようです。

確認ページでも「審査待ち」となっています。

つまり、申請は簡単にできるけど、審査した結果、類似商標と判断され認められない可能性が高いと思われます。

田端プリンス側は、申請中の商標登録が認められなかった場合は別の名前に変えることも検討するようで、「とりあえず申請しとけ」「話題集め」というノリで名前を付けた可能性も否定できませんね。

 

スポンサーリンク

 

西武系ではない他のプリンスホテルの商標はどうなの?

実は、田端プリンスホテル以外にも、西武系ではないプリンスホテルが、全国に20軒以上あります。

熱川プリンスホテルや菅平プリンスホテル等が代表的ですね。

ですが、これらのホテルは現在、商標について云々言われるわけでもなく、営業できています。

これは、昔の商標制度の仕組みに理由があります。

1992年以前は、商品に対してのみ商標登録ができ、サービスに対する商標という概念がありませんでした。

よって、西武グループが1992年にプリンスホテルの商標登録をした時点で、既に営業していた、他のプリンスホテルは「プリンス」という名前を「継続的使用権」という権利によって使用することができたのです。

 

田端プリンスの画像は?

田端プリンスのHPにいくつか画像が掲載されていました。

改装オープンしたてということもあり、小ぎれいな印象は受けますが、「ビジネスホテル」といった感じのホテルですね。


出典:田端プリンスホテルHP

 

田端プリンスホテルの値段やサービスは?

宿泊の値段は下記の通りです。

一番安いツインルームの場合、一泊一人5000円くらいから泊まれるようです。


出典:田端プリンスホテルHP

また、1階にはレストランもあり、このような感じです。


出典:田端プリンスホテルHP

田端プリンスホテルの口コミ・評判は?

いくつかの口コミサイトで検索してみた結果、このような感じでした。

まずGoogleですが、5段階中で1.2

次に、トリップアドバイザーは口コミ件数1件だけでしたが

また、楽天トラベルには、口コミの書き込み自体がありませんでした。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

類似商標の差し止め請求ということで、普通に考えれば、「田端プリンス」の商標は認められないのではないかと思います。

その場合、また別の名前を検討するとのことですが、ある意味、次はどのような名前にするのか、興味があるところです。

一方で、西部系のプリンスホテルが迷惑を被っているのは確かなことで、お互いのビジネスのためにも、一刻も早く「田端プリンス」の名前を変えてほしいものです。

今後の展開に注目したいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です