スイカの日を完全攻略!7月27日の由来は?すいか祭りやランキングも

 

この記事では「スイカの日」について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

 

毎年7月27日は「スイカの日」。

スイカをもっと多くの人に食べてもらいたいと、消費増加を願って、スイカ生産者の方々が共同で制定しました。

・7月27日が「スイカの日」と呼ばている由来は?

・スイカに因んだ全国のお祭りは?

・スイカにまつわるランキング色々

 

など、今回は「スイカの日」について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

7月27日が「スイカの日」である由来は?

 

スイカの日が7月27日なのは

「語呂合わせ」に由来しています。

 

「7月27日」を語呂にすると・・・

まず、数字を順番に並べてみましょう。

となりますね。

 

語呂化①

これを日本語と英語を混ぜて読むと・・・

ななつ(7)ツー(英語で2)なな(7)

 

語呂化②

数字の間に「の」を入れてみる

ななつ(7) の つ(2) の なな(7)

 

語呂化③

更に崩してみる

なつ(7) つ(2) な (7)

 

語呂化④

これを漢字にしてみると

夏の綱

 

ということで、

は最終的に

夏の綱に語呂化されました。

 

では、夏の綱が何故スイカなのでしょうか?

 

スイカの模様は「綱」に見える

まず、スイカの模様と言えば

↓こんな感じですね。

この中で、濃い色の模様に注目してみて下さい。

拡大すると↓こうです。

この模様、「綱」に似ていませんか?

そして、スイカは夏の風物詩

ということで、727夏の綱

だから「スイカの日」ということになったのです。

 

スポンサーリンク

 

元々スイカは模様が無かった?

 


出典:http://sometime-somewhere.asablo.jp/

 

日本でスイカが栽培されるようになったのは

平安時代後期~という説

安土桃山時代にポルトガル人が持ち込んだという説

江戸時代初期に隠元禅師が中国から持ち帰った説

と諸説ありますが・・・

 

スイカの絵が描かれた資料としては、江戸時代に書かれた書籍で、

日本最古の農書と言われる「農業全書」


出典:https://edo-g.com/

 

日本初の植物図鑑と言われる「本草図鑑」


出典:http://sonydes.jp/

 

あたりが有名です。

そして、そこに描かれたスイカは「無地」「黒皮」でした。

 

昭和時代初期までは、このような「無地」「黒皮」のスイカが一般的で、「鉄カブト」と呼ばれていました。

味は、さほど甘くなかったようです。

 

昭和時代の初期以降に品種改良がなされ、現在のような縞模様のスイカが出回るようになりました。

 

因みに、今でも「無地」「黒皮」のスイカはありますが、これは昔のような「甘くない」ものではなく、品種改良された美味しいスイカです。

例えば「ブラックボール」と呼ばれるこんな品種。

 

縞模様のスイカが一般的となった今では珍しいため、高級品として人気を博しています。

 

スポンサーリンク

 

スイカは野菜か果物か?

 

多くの方は子どもの頃に「スイカは野菜」と習い、意外な印象を受けたことがあるのではないでしょうか。

でも実は、「スイカは果物」と言えなくもないようです。

 

そもそも「野菜と果物の違い」は?

これについては、農林水産省の見解から引用しながら紹介します。

 

結論から言うと、野菜と果物の違いについては、はっきりした定義はないそうです。

・生産
・流通
・消費

という観点ごとに、「野菜」にも分類され、「果物」にも分類されます。

 

「生産」という点ではスイカは「野菜」に分類される

農林水産省の見解によると、「生産」の点で野菜に分類されるのは

①田畑に栽培されること

②副食物であること

③加工を前提としないこと

④草本性(茎が木にならず「草」の状態のまま)であること

とのことです。

 

スイカは上記の①~④全てに当てはまります。

ということで、スイカは「生産」という観点では、「野菜」に分類されます。

 

多くの方が「スイカは野菜」と習った理由は、このことに由来しているということですね。

 

流通」「消費」という観点ではスイカは「果物」に分類される

では、「流通」「消費」の点で考えてみましょう。

 

まず、「流通」について。


出典:http://www.nihongonoki.com/

 

スーパーマーケットや八百屋でスイカを購入する際、どこに陳列されているでしょうか?

どちらかというと、「果物コーナー」に近い位置に陳列されていることが多いのではないでしょうか。

つまり、「流通」の観点では、スイカは「果物」に近いポジションを与えられていると言えます。

 

次に、「消費」について。

近年、スイカを使ったジェラートやケーキなど、デザートとして食べることが増えてきました。

昔からある「フルーツポンチ」にもスイカが入っていることが多いです。

 

これはスイカを「スイーツ」、「デザート」と見なしているからこそ、そのような食べ方をするわけですね。

 

食卓でもスイカを食べる時は、「果物的」な感覚で食しているのではないでしょうか?

 

つまり、「消費」の観点でも、スイカは「果物」と認識されているということです。

 

スポンサーリンク

 

スイカは「果実的野菜」に分類される

上記の通り、スイカは見る角度によって、「野菜」にも「果物」にも分類されます。

このことから農林水産省では、スイカを「果実的野菜」として扱っています。

 

余談ですが・・・

イチゴやメロンもスイカ同様、「生産」という点では「野菜」に分類され、「流通」「消費」という点では、「果物」に分類されます。

つまり、「果実的野菜」ということになります。

 

スポンサーリンク

 

日本全国の「スイカまつり」5選

ここでは、日本中で実施されているスイカに因んだイベントのうち、有名なものを5つ紹介したいと思います。

①八色スイカまつり

 


出典:http://www.city.minamiuonuma.niigata.jp/

 

新潟県南魚沼市で行われているスイカ祭りです。

7月下旬~8月初旬(約2週間)に渡り開催されており、期間中は、生産数が少なく希少性の高い「八色スイカ」が産地価格で販売されており、八色スイカの食べ放題も行われています。

⇒ネット販売だと、こんな金額感

 

②富里市のすいかまつり

 


出典:http://maruchiba.jp/

 

千葉県富里市で行われているスイカ祭りです。

毎年、6月中旬の日曜日に開催されています。

すいかにちなんだイベント、すいかや野菜等の即売、すいか共進会表彰式、露店の出店などがあります。

 

③JAすいか村すいか祭り

 


出典:https://fineskies.com/

 

長野県松本市で行われているスイカ祭りです。

毎年、7月下旬の2日間に渡って開催されています。

スイカの直売会、スイカ購入者の抽選会、スイカの早食い競争などが行われます。

 

④小松西瓜まつり(水火まつり)

 


出典:https://www.my-fav.jp/

石川県小松市の莵橋神社で行われる行われている例大祭で、「水」と「火」に感謝し、「水害」や「火災」をのがれるための神事です。

その名の通り、水と火、つまり「スイ・カ」にかけて、その昔、かなり多くのスイカ屋台が徹夜で営業したことに由来しています。

毎年8月下旬の3日間で開催され、子ども相撲や盤持ち大会などの名物神事で賑わっています。

 

⑤全国スイカ割り選手権大会

 


出典:https://www.obane-kankou.jp/

山形県尾花沢市で行われているスイカ祭りです。

毎年8月初旬の日曜日に開催されます。

スイカ割の公式ルールに則った大会で、スポーツとしてのスイカ割りを楽しむことができます。

因みに尾花沢市の夏スイカといえば糖度が高くて有名です。

ネットではお得なワケあり品も販売されています。

 

 

 

スイカにまつわるランキングやグラフ

 

ここでは、スイカに関連した様々なランキングやグラフ化されたデータを紹介したいと思います。

スイカの生産量ランキング

日本国内でスイカの生産量をランキングで表すと、このようになります。


出典:https://www.kudamononavi.com/

1位は熊本県で47,000トンです。

1位から10位の県で、全国の生産量の3/4を占めています。

 

スイカの栽培面積・収穫量・出荷量の推移

日本国内のスイカの生産量はどのように推移してきたのでしょうか。

こちらについては、「栽培面積」・「収穫量」・「出荷量」に着目して、下記のグラフを紹介します。


出典:https://www.kudamononavi.com/

このように、年々、スイカの生産量は減少してきているのですね。

 

スイカをよく食べるのは何市?

次は、スイカの消費量が多い都市、少ない都市の紹介です。

全国の政令指定都市を調査したところ、下のグラフのような結果になりました。

上位10位は?

1位の熊本市では、年間約2,500トンのスイカが消費されます。

熊本県はスイカ生産量も日本一。

日本一スイカが好きな県とも言えますね。

 

下位10位は?

下位10位は、1位の熊本市に比べて半分以下の消費量です。

浜松市・長野市・岐阜市・静岡市・甲府市と、東海~中部にかけての都市が多いのが目立ちます。

 

スイカの輸出・輸入の推移は?

では、海外との貿易についてはどのような推移なのでしょうか。

これについては、輸出額・輸入額の推移を紹介します。


出典:https://www.kudamononavi.com/

 

この表を見てみると、2000年と2011年あたりをピークに、輸入額がグンと上がっています。

因みに、2018年時点では、輸入先はアメリカ・韓国・メキシコの順番となっています。

輸出先はほぼ香港のみ、という状況です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

 

いかがでしたでしょうか、スイカの日に因んで

・スイカの日の由来

・野菜か果物か?

・全国のスイカまつり

・色々なランキング・グラフ

を紹介しました。

それぞれの項目をクリックすると、そこから読み直すことができます。

 

この記事を、スイカにまつわるミニ知識として役立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です