Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

昭和記念公園の紅葉2019を完全攻略!見頃やライトアップ、おまつりなど

この記事では昭和記念公園の紅葉2019について、分かりやすく紹介しています。

 

昭和記念公園は、日本有数の国営公園で、その広さは東京ドーム約40倍と言われています。

日本の都市公園100選」にも入っており、園内には豊かな自然が広がっています。

10月下旬ごろになると、この公園の木々は赤や黄と色づき始め、きれいな紅葉を一目見ようと、大勢の人で賑わっています。

 

今回は、昭和記念公園の紅葉2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

昭和記念公園の紅葉2019の見頃は?

紅葉の見ごろは

色づき始め:10月下旬

最も見頃 :11月上旬~11月下旬

落  葉 :12月初旬ごろ

昭和公園の紅葉の見頃は、例年、11月上旬~下旬頃になります。

また、10月下旬頃には、色付き始めた木々と、まだ緑の木々が混ざり合った状態です。気温もまだ寒すぎず、公園内で過ごすには丁度よい時期かもしれません。

最も見頃の11月上旬~下旬にかけては、多少肌寒くはなりますが、紅葉狩りをしながら、園内でゆっくりと過ごす方が多いです。

昭和記念公園の園内マップは?

園内マップについては、こちらをご覧ください。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。

 

スポンサーリンク

 

紅葉の見どころスポットは?

ここでは、公園内の紅葉見どころスポットについて、いくつか紹介したいと思います。

見どころ①:立川口ゲートのカナールイチョウ並木

立川口ゲートを入ってすぐ「カナール」の両脇にイチョウ並木があります。

その数はなんと106本。長さは200mにも及びます。

カナールとは真っ直ぐに伸びる水路のことで、水路の左右にイチョウが2列で並んでいます。

カナールの奥には西洋形式の大きな噴水もあり、秋の日差しを受けてキラキラとした水面と、黄色く色づいたイチョウの組み合わせはまるでヨーロッパに来たような気分にさせてくれます。

見どころ②:日本庭園の紅葉


出典:http://www.showakinen-koen.jp/

日本庭園では、黄色いイチョウとは打って変わり、真っ赤に染まったカエデを堪能することができます。

カナールのイチョウ並木が「西洋の美」であるならば、日本庭園の紅葉は「和の美」といえるでしょう。

日本庭園内には池もあり、「水鏡」に映った紅葉も見どころの一つになります。

他の場所とは一味違った雰囲気を楽しむことができます。

見どころ③:こどもの森のイチョウ


出典:http://waox.main.jp/

地底の泉周辺を、黄色く色づいたイチョウが取り囲むように並んでいます。

イチョウの観賞はもちろんのこと、こどもの森はその名の通り自然とこどもが一体となって楽しめる場所となっています。

大人気の巨大なトランポリン「雲の海(ふわふわドーム)」をはじめ、ハンモックや大きな滑り台など、たくさんの遊具が備え付けてあります。

「紅葉」だけだと子供も飽きてしまうかもしれませんが、この場所に行けば大人も子供も楽しめますね。

見どころ④:かたらいのイチョウ並木

うんどう広場の横にあるのが、かたらいのイチョウ並木になります。

300mの並木道には約98本のイチョウが植えられています。

カナールイチョウ並木にあるイチョウは下肢が低いのですが、かたらいのイチョウ並木では、樹高20mの大きなイチョウが植えられています。

そのために、一本道が黄色く染まったトンネルのようになります。その下を大切な人と「かたらい」ながら歩いてみたいですよね。

見どころ⑤:わんぱく遊具周辺のイチョウ


出典:https://www.nakamura-mfg.com/

みんなの原っぱの近くにある「わんぱく遊具」周辺もイチョウを見ることができます。

こどもの森と同じく、「ふわふわドーム」や「ゆらゆらブランコ」など、子供が夢中になる遊具がたくさんあります。

こちらも、紅葉に飽きてしまった子供たちを遊ばせておくのには最適な場所となっています。

昭和記念公園は本格的な紅葉を楽しめますが、遊び場もたくさんで、親子で行っても楽しめる場所になっています。

 

昭和記念公園の紅葉2019 ライトアップは?


出典:https://digitallife.tokyo/archives/

昭和記念公園でのライトアップは、2018年に初めて行われました。

2018年は以下のようにライトアップが行われました。

ライトアップの概要

ライトアップ期間:11月23日~25日

ライトアップ場所:カナールイチョウ並木

この時期はもう散り気味ではあるのですが、ライトアップされることにより満開のように綺麗なイチョウを楽しむことができ、なおかつ昼間とは一味違う味わいがあります。

噴水の水面に映るライトアップも非常に幻想的で、紅葉の終盤を飾るにふさわしいイベントとなっています。

 

スポンサーリンク

 

黄葉・紅葉まつり2019は?

「黄葉・紅葉まつり2019」は11月2日(土)から11月24日(日)まで開催される予定です。

期間中は「原っぱ竹とんぼ大会」「セグウェイ秋の特例ツアー」「野鳥観察会」「ワークショップ」など多数のイベントが開催されます。

11月は公園内のイチョウやカエデは鮮やかに色づき、秋の深まりを感じる季節になります。

昭和公園では紅葉を「観て楽しむ」だけではなく、「イベントに参加して楽しむ」こともできるようになっているのですね。

 

公園内での移動はレンタサイクルがおすすめ!


出典:http://windy.air-nifty.com/

昭和記念公園は東京ドーム40個分の広さがあると言われています。

「なるべくたくさんの場所で紅葉を楽しみたい」とは思っても、移動だけでひと苦労ですよね。

そんな方のためにレンタルサイクルが用意されています。

レンタルサイクルは、立川口、西立川口、砂川口の各サイクルセンターで貸し出しを行っています。

レンタサイクルの料金は

大人(15歳以上 ):3時間410円(30分ごとに70円追加)
1日券520円

子供(小・中学生):3時間260円(30分ごとに30円追加)
1日券310円

利用時間は9:30から閉園の1時間前までとなっています。

 

紅葉時期の開園時間は

3月1日~10月31日 → 9:30~17:00

11月1日~2月末日 → 9:30~16:30

「1日で存分に公園を楽しみたい」という方はぜひレンタルサイクルも利用してみてください。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は昭和記念公園の紅葉2019について以下の内容をまとめてみました。

・見頃
・見どころスポット
・ライトアップ
・黄葉・紅葉まつり
・レンタサイクル

昭和記念公園の紅葉へのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。