Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

新宿御苑の紅葉2019を完全攻略!見頃の時期や見どころ、休憩所など

この記事では新宿御苑の紅葉2019について、分かりやすく紹介しています。

 

東京都心で最大の紅葉スポットといえば、新宿御苑です。

都心の真ん中、高層ビルが立ち並ぶ中で、きれいな紅葉を一目見ようと、大勢の人で賑わっています。

 

今回は、新宿御苑の紅葉2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。

 

スポンサーリンク

 

そもそも新宿御苑てどんな庭園?

新宿御苑と言えば、毎年4月に内閣総理大臣主催の「桜を見る会」が行われる場所として有名な庭園です。

「桜を見る会」の風景です。

その歴史は長く、時代とともに様々な姿に形に姿を変えています。

ざっくり言うと、こんな感じになります。

新宿御苑の変遷

江戸時代:大名屋敷として誕生

明治時代:農業の試験場になる

更に7年後:皇室の御料地となり、アメリカの高官など、国際的な来客をもてなす

昭和20年:3度の空襲で、旧御凉亭と旧洋館御休所を残し施設がほぼ全焼

昭和24年:「国民公園新宿御苑」と名称変更

→今に至る

現在では、約1万本の木々が茂り四季折々の自然が楽しめる都会のオアシスとして、人々を楽しませています。

新宿御苑のマップは?

新宿御苑を散策する際に、まずおさえておきたいのが、園内のマップ。

こちらに「秋」と「晩秋」のマップを紹介しますので、事前に見ておくといいと思います。

秋の見どころマップ

画像クリックできれいな拡大画像になります。

 

晩秋の見どころマップ

画像クリックできれいな拡大画像になります。

 

スポンサーリンク

 

新宿御苑の紅葉2019 見頃は?

新宿御苑の見頃は咲く木々や草花によって異なりますが、オススメは園内が紅葉で色づく11月上旬~12月上旬です。

「見頃」について、まず、ざっくりとまとめると・・・

新宿御苑の見頃は?

見頃①:11月上旬からハナミズキが色づき始める

見頃②:11月中旬からイチョウやカエデが色づき始める

見頃③:その後「10月桜」も開花

園内は多くの種類の樹木があり、最初にハナミズキが色づくのを皮切りに時期をずらして木々が紅葉を始めます。

他の木々がまだ青々とし、紅葉シーズンが本格化する前の10月中旬に見頃を迎えるため、混雑も避けつつゆっくりと紅葉を楽しむことができます。

11月中旬からはイチョウやカエデなどの紅葉の代表とも言える木々が見頃を迎えます。

園内のいたるところが赤や黄色の葉で覆い尽くされ、秋の風情を感じることができます。

また、園内には年に2回開花を迎える10月桜という品種の桜があり、この時期には珍しい桜の花を見ることができます。

まわりは紅葉なのに、ここだけ桜という、なんとも不思議な感覚を味わうことができます。

↓このように、「紅葉」と「桜の花」が同時に拝めます。

なお、10月桜は甲州街道そばのサービスセンター前辺りにあります。

桜は春というイメージがあり、沢山の人が押しかけますが、お花見シーズンとは違って人はかなり少ないのでゆっくりと見ることができます。

新宿御苑のライトアップは?

新宿御苑のライトアップは、残念ながら行われていません。

何故か?

それは、園内の管理を、環境省が担当しているからだと言われています。

ライトアップすると多くの電気や機材を使用するため、照明によるCO2増加につながりますね。

そのようなこともあり、環境に配慮し、ライトアップを行っておりません。

ライトアップされた紅葉を見られないのは残念ですが、日中の紅葉もとても美しいので是非新宿御苑に紅葉を見に行かれてみて下さい。

紅葉の葉の間から射し込む太陽の光は、幻想的で見ていると心が安らぎますよ。

 

スポンサーリンク

 

新宿御苑の混雑状況は?

新宿御苑は、週末になると多くの家族連れや観光客で賑わいます。

紅葉シーズンは、特に大変混雑します。

駐車場は完備していますが、台数制限もあり、ハイシーズンの休日だと駐車に苦労するかもしれません。

ただ、ハイシーズンであっても、平日であれば駐車できる程度の混雑となります

駐車場の概要

台数:普通車200台、大型車5台

時間:6:30~21:00

休日:年中無休

 

新宿御苑の営業時間や料金は?

新宿御苑の営業時間

9:00~16:00で営業

毎週月曜日は休園日(月曜日が休日の場合は、翌平日も休み)

※11月1日~15日の間は、月曜日でも休まず開園

 

新宿御苑の入園料

大人:200円

小中学生:50円

お値段もリーズナブルで、営業時間もたっぷりあるのでゆっくり景色を堪能することができます。

1度だけではなく新宿御苑に足を運んで、紅葉の進み具合や季節の移ろいの変化を見て楽しむのもいいですね。

 

スポンサーリンク

 

新宿御苑の紅葉2019 見どころポイントは?

都心の真ん中に広大な敷地で広がる新宿御苑。

その中には様々な見どころがあります。

ここでは、新宿御苑の見どころポイントについて紹介していきたいと思います。

こちらの、見どころマップもあわせて参照してみて下さい。

旧御涼亭から見る庭園と紅葉

出典:https://ysuburin.exblog.jp/

新宿御苑には、昭和天皇ご成婚記念として建てられた建物 旧御涼亭(通称:台湾閣)があります。

建物の内部からは、楓とイチョウの風景が一枚の絵画に切り取られているような風景が拝め、新宿御苑に行ったなら必ず見てほしい景色です

上の池と日本庭園


出典:http://fng.or.jp/shinjuku/

上の池と日本庭園では、桜、梅、楓の紅葉を見ることができます。

紅葉の見頃になると、楓の葉が真っ赤に色づき、景色が一気に華やかになります。

上の池の水面に映った紅葉も、また美しいので是非こちらも注目してみて下さい。

中の池、下の池

↓中の池


出典:http://fng.or.jp/shinjuku/

 

↓下の池


出典:https://blog.goo.ne.jp/maoaki1497/

新宿御苑内にある中の池・下の池周辺は、特に人気のある紅葉スポットです。

ここは紅葉の紅葉が美しいと有名で、紅葉シーズンになるとカメラを持った人でいっぱいになります。

中の池からは、野鳥の姿や高層ビルも紅葉と一緒に眺めることができます。

また、木陰には休憩できる東屋があるので、ゆっくり座って景色を楽しむこともできます。

 

スポンサーリンク

 

玉藻池の日本庭園


出典:https://sp.jorudan.co.jp/

玉藻池のまわりには、紅葉の枝葉が多くあり美しく色づきます。

楓の真っ赤な紅葉が池に映り、幻想的で見ていると癒やされます。

また、池の岬の突端にある大きな石燈籠が象徴的で、「和」の紅葉を楽しみたい方は、こちらでゆっくり過ごされるといいでしょう。

イギリス風景式庭園


出典:https://www.aqua-systems.co.jp/

イギリス風景式庭園では、ユリノキや桜の紅葉を見ることができます。

ここでは紅葉とともに新宿の高層ビルも見ることができます。

また広々とした芝生広場があり、そこでピクニックをする家族連れも多くいます。

美味しいお弁当を食べながら、紅葉をゆったり眺めてみてはいかがですか?

 

ユリノキの巨樹


出典:https://blog.goo.ne.jp/ay-aruko0201/

イギリス式庭園の中には、ユリノキの巨樹があります。

高さは30mもあり、園内で一番大きいので新宿御苑のシンボルツリーと呼ばれています。

鮮やかな色の紅葉に囲まれながら、圧倒的な存在感のユリノキを眺められるこのスポット、新宿御苑の中でも特に人気の高い場所となっています。

 

スポンサーリンク

 

フランス式整形庭園


出典:https://dolcediary.exblog.jp/

フランス式整形庭園には、プラタナス並木があります。

並木道の長さは160mもあり、紅葉シーズンには両脇が鮮やかな黄色で彩られ、ヨーロッパの並木道を彷彿させる景色となります。

特に多いのが、カップルや家族連れ。

写真スポットとしても人気のエリアとなります。

千駄々谷門前


出典:https://blog.goo.ne.jp/aw2zx/

千駄々谷門前では、ユリノキや楓、特に背が高い大イチョウの紅葉などを見ることができます。

年月を重ねた背の高い木々が多く、その迫力に、新宿御苑内の景色への期待が高まります。

新宿門前


出典:https://news.mapcamera.com/

新宿門前は、新宿駅方面から歩いていくと一番最初に紅葉を見ることができます。

ここでは、ユリノキや紅葉などの紅葉を楽しむことができます。

また近くには、洋風建築の門衛所跡があり、ヨーロッパを彷彿とさせる景色を拝むことができます。

 

スポンサーリンク

 

新宿御苑の休憩所は?

休憩所の利用可能時間は、9:00~16:15となっていますが、季節によって変動する場合があるので注意しましょう。

定休日は、園内の休園の日になります。

また休憩所には売店もあり、飲み物やお菓子なども販売しています。

外の景色を眺めながら、ゆっくりお茶を飲んでゆったりとした時間を過ごされてみてはいかがですか?

ここでは、いくつかの休憩所を紹介します。

翔天亭


出典:http://fng.or.jp/shinjuku/

新宿御苑には、「翔天亭」と呼ばれる茶室があります。

部屋数は、和室(8畳)と土間(腰掛15席)あり、俳句の会や謡曲(素曲)、茶会なども開かれています。

広いガラス戸を多く用いているので、景色が一望できるようになっています。

またここでは、お抹茶を頂くことができるのでゆったりとした空間の中、景色を楽しむのもいいですね。

楽羽亭


出典:https://humsum.exblog.jp/

新宿御苑にはもう一つ、「楽羽亭」と呼ばれる茶室があります。

ここでは、美しい庭園を見渡しながら、1服700円で抹茶と季節の和菓子を頂くことができます。

また楽羽亭では、茶会や俳句の会、謡曲(素謡)が行われることもあります。

ゆっくりお茶とお菓子を食べながら、紅葉を楽しんでみてはいかがですか。

カフェはなのき


出典:http://blog.livedoor.jp/kikaida0/

新宿門入口近くにあるインフォメーションセンターの中に、「カフェはなのき」があります。

もちろん外の美しい景色を見ながら食事ができ、オリジナルランチやスイーツメニューも豊富なので、大変人気があります。

利用可能時間は9:00~16:00までとなっていますが、季節によって変更になる場合があるので注意しましょう。

レストランゆりのき


出典:https://joshiriki-sweets.okane-chikara.jp/

風景式庭園にあるレストランゆりのきでは、新宿御苑ゆかりの食材を使ったメニューを食べることができます。

席も120席あり、ゆったりと景色を楽しめます。

またここでは、野菜や果物についてや、季節の食の楽しみ方、暮らしの情報について紹介している「食の情報コーナ」もありますよ。

中央レストランハウス


出典:http://s-ohtsuki.sakura.ne.jp/

新宿御苑には、売店が併設されているレストハウスがあります。

ここでは、和菓子などのスイーツやお土産を販売しています。

営業時間は、9:00~16:00で、毎週月曜日が定休日となっています。

また、2020年3月には、スターバックスコーヒーが出店される予定です。

美味しいコーヒーを飲みながら、紅葉を眺めるのもいいですね。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は新宿御苑の紅葉2019について以下の内容をまとめてみました。

・そもそもどんな庭園?
・マップ
・見頃
・ライトアップ
・混雑状況
・営業時間や料金
・見どころポイント
・休憩所

新宿御苑の紅葉へのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。