Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

信玄公祭り2019を完全攻略!歴代信玄役や交通規制、駐車場、屋台など

シェアする

この記事では信玄公祭り2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

信玄公祭りは甲府市中心部で開催される「武田信玄公を偲ぶ」お祭りです。

川中島に向け出陣する様子を再現する「甲州軍団出陣」は、「世界一の武者行列」としてギネスにも認定されています

今回は信玄公祭り2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。


出典:https://www.yamanashi-kankou.jp/shingen/

スポンサーリンク

信玄公祭り2019の日程、時間は?

信玄公祭りは毎年、武田信玄の命日である4/12の直前の金~日曜日の3日間に渡って開催されます。

ですので、2019年は4/5(金)~4/7(日)に開催されることとなります。

また、お祭りの開催期間中は様々なイベントが行われます。

それぞれのイベントスケジュールは下表の通りとなります。

(2018年の情報を元に記載しています。大きな変更はないと思いますが、2019年のイベントスケジュールが公表され次第更新予定です)

画像クリックできれいな拡大画像になります


出典:https://www.yamanashi-kankou.jp/shingen/

信玄公祭りの場所は?マップは?

信玄公祭りは甲府駅の南側のエリアを中心に、甲府市街地で開催されます。

それぞれのイベントの場所については、下のマップでご確認下さい。

画像クリックできれいな拡大画像になります


出典:https://www.yamanashi-kankou.jp/shingen/

スポンサーリンク

歴代の武田信玄役・山本勘助役のゲストは?

信玄公祭りの最大の見どころ「甲州軍団出陣」に登場する「武田信玄」「山本勘助」には毎年、俳優などの有名人がゲスト出演しています。

武田信玄役を有名人が務めるようになったのは第25回・1995年から、山本勘助役は第36回・2006年からです。

ここでは、1995年以降の歴代の武田信玄役・山本勘助役について紹介したいと思います。

2019年~2006年の武田信玄役・山本勘助役

※2011年は信玄公祭り自体が中止となりました。

 

武田信玄役

山本勘助役

第48回
2019年

山下真司

出典:産経新聞

未公表

第47回
2018年

渡辺大

出典:朝日新聞

升毅

出典:twitter

第46回
2017年

三遊亭小遊三

出典:ててて!TV

林家三平

出典:ててて!TV

第45回
2016年

陣内孝則

出典:KOFU 市民レポート

川口真五

出典:甲府を自慢する会

第44回
2015年

片岡 鶴太郎

出典:ドラマ特集ニュース

河口恭吾

出典:戦国武将列伝Ω

第43回
2014年
第42回
2013年

松平健

出典:やまなしものがたり

真砂皓太

出典:Youtube

第41回
2012年
第40回
2010年

沢村一樹

出典:武田家の一族

伊吹吾郎

出典:4travel.jp

第39回
2009年

山下泰裕

出典:モグカフェ

不明

第38回
2008年

国広富之

出典:リク&ノア

野村将希

出典:あなたに出逢えてよかった

第37回
2007年

若林豪

出典:甲府城下町

田中健

出典:山の廻船問屋

第36回
2006年

宇梶剛士

出典:って、どーよ

伊吹吾郎

出典:4travel.jp

因みに、第39回(2009年)は、あの中田英寿氏もゲスト出演されました。


出典:モグカフェ

スポンサーリンク

1995年~2005年の武田信玄役

第35回 2005年
北村一輝

出典:信玄公祭り

第34回 2004年
勝野洋

出典:北アルプスに魅せられて

第33回 2003年
渡辺裕之

第32回 2002年
辰巳琢郎

第31回 2001年
田崎真也

第30回 2000年
舞の海

第29回 1999年
第28回 1998年
宇津井健

第27回 1997年
第26回 1996年
藤岡弘

第25回 1995年
渡哲也

 

※2005年以前は山本勘助役は有名人ではありません。

スポンサーリンク

信玄公祭り2019の「甲州軍団出陣」は?


出典:信玄公祭り

信玄公祭りの見どころは、何と言っても「甲州軍団出陣」

上杉謙信との激戦で歴史的にも有名な、「川中島合戦」に出陣する様子を再現しています。

ここでは「甲州軍団出陣」について紹介したいと思います。

「甲州軍団出陣」はギネス認定!

実は、この「甲州軍団出陣」は第41回目(2012年開催)に

「よろいを身にまとったサムライの人数世界一」でギネス認定されています。

↓ギネス認定書です


出典:やまなしものがたり

当日は、騎馬30頭あまりと、武者約1500人が集まりました。

ギネス認定されるためには、「サムライ」と認められるための「衣装」が厳しく審査されます。

着物や鎧、かぶと、履物、刀の持ち方まで基準が決まっており、当時のサムライとしてそぐわないものを身に付けていた場合は失格扱いとなり、サムライの人数としてカウントされません。

↓当日の様子です


出典:地域ブランドNEWS

例えば、腕時計や携帯電話などですね。

失格者が5%を超えると、ギネス挑戦自体が失格となってしまいます。

そして、当日の計測は15分の間にギネス・ワールド・レコーズの2名の認定員が参加者全員の衣装を確認し、見事1061名が公式認定されたのでした。

因みに、このギネス認定での経済効果を調査したところ、約5億8千万円だったとか・・・。

スポンサーリンク

「甲州軍団出陣」のスケジュールは?

「甲州軍団出陣」はお祭りの2日目、2019年は4/6(土)に開催されます。

当日のスケジュールについては、こちらの表でご確認下さい。

画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:信玄公祭り

「甲州軍団出陣」のルートマップは?

甲州軍団は舞鶴城公園で出陣式を行った後、甲府駅前を通り、平和通り→城東通り→桜通り

と市内を練り歩きます。

こちらのルートマップについては、下図でご確認下さい。

画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:信玄公祭り

武田二十四将を全員紹介!

武田信玄に率いられた精鋭の武将軍団の中でも、後世の評価が特に高い24人を「武田二十四将」と呼んでいます。

「甲州軍団出陣」では、この武田二十四将が街中を行進します。

ここでは、「武田二十四将」にまつわる資料を紹介したいと思います。

↓二十四将の一覧表です
画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:Japaan

↓武田信玄を中心に二十四将が集う風景です
画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:やまなしINDEX

↓二十四将それぞれの旗です。
画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:ウィキペディア

「甲州軍団出陣」の動画は?

最後に、「甲州軍団出陣」の様子を分かりやすくダイジェスト版でまとめてある動画を紹介したいと思います。

一連の流れが分かりますよ。

スポンサーリンク

そもそも「風林火山」って何?

信玄公祭りでの「甲州軍団」は「陣屋(戦前に陣取る場所)」に集ってから出陣します。

陣屋は24か所ありますが、「風」・「林」・「火」・「山」の4種類に分けられ、それぞれに6つの陣屋が設けられています。

↓このような感じで分かれています。


出典:信玄公祭り

さて、この「風」・「林」・「火」・「山」という文字。

武田信玄と言えば「風林火山」ですが、そもそもこの文字の意味って何なのでしょうか?

武田信玄の軍旗に書かれていた文字

戦国時代、全国の武将は「軍旗」と呼ばれる自軍の旗を掲げて戦に臨みましたが、武田信玄の軍旗にはこう書かれていました。

「疾如風、徐如林、侵掠如火、不動如山」


これを訳すと

「疾(はや)きこと風の如く、徐(しず)かなること林の如く、侵掠(しんりゃく)すること火の如く、動かざること山の如し」

となります。

軍旗に書かれていた文字の意味は?

この意味を更に現代訳にしてみると・・・

軍隊は

・移動するときは風のように速く

・林のように静かに敵に見破られにくく

・攻撃する時は火のような勢いで

・敵に惑わされず山のように陣形を崩さず

動くべき

ということになります。

「風林火山」は後付けの文字?

この頭文字をとると、「風林火山」というキャッチフレーズになるのですが、武田信玄の時代に、このキャッチフレーズが使われていたという記録は残っていません。

後世の人が後付けで、「風林火山」というキャッチフレーズを使い出した、という説が有力になっています。

スポンサーリンク

信玄公祭り2019の屋台は?

信玄公祭りでは、甲府城(舞鶴城公園)にたくさんの屋台が出店します。

2019年の営業時間は

・4/6(土)10:00~20:00
・4/7(日)10:00~16:00

となります。

屋台の出店場所については下図でご確認下さい。

赤のエリアは、地元の名産品が多く売られています。

特に観光で来られた方には、お土産を購入するのに便利ですね。

また、桜の木の横にテーブルが設置されているのでゆっくり休むこともできます。

青のエリアは、交通規制された一般道です。

お祭りの定番メニュー、焼きそばやお好み焼きなど、B級グルメのお店がずらりと並ぶので、賑やかな雰囲気で食べ歩きをしたい方は、こちらのエリアも回ってみるといいと思います。

赤のエリアは地元の名産品がたくさん


出典:信玄公祭り

青のエリアは道の両脇に屋台がたくさん


出典:信玄公祭り

スポンサーリンク

信玄公祭り2019の渋滞や混雑状況は?

信玄公祭りは金曜日から日曜日まで開催されていますが、メインイベントである「甲州軍団出陣」が土曜日に開催されるので、土曜日は特に混雑します。

甲府駅は南口・北口の両方ともでイベントが開催されており、改札口はかなり混雑しています。

日帰り観光の場合は、帰りの分の切符を先に買っておくことをおすすめします。

また、土曜日の15:30~19:30まで、甲府駅南口の平和通りを中心に周辺一帯が通行止めになるため、この時間帯にあわせて甲府市内の道路は、全面的に混雑します。

通行止めエリア付近まで下手に近づくと、渋滞で全く動けなくなることもあります。

高速道路で行く場合は、中央道甲府昭和ICからアクセスしようとすると混雑していることがありますので、双葉スマートICで降りる方が無難ですね。

甲府駅周辺のリーズナブルで人気のホテル

甲府駅周辺で比較的リーズナブルで人気のホテルを集めてみました。

ご旅行で行かれる方は参考にしてみて下さい。

プライベートステイホテル たちばな
「全室30m2以上の広々とした客室」や「足の伸ばせるバスルーム」が売りのゆったりと過ごせるホテルです。

ドーミーイン甲府
最上階に甲府市街を一望できる天然温泉大浴場があり、天気が良い日には富士山も見えます。ご当地メニューを取り入れた朝食も自慢のホテルです。

東横イン甲府駅南口2
甲府駅南口より徒歩1分の立地と清潔感のあるお部屋が売りのホテルです。口コミでは、コスパを評価する声が多いです。

スポンサーリンク

信玄公祭り2019のアクセスは?

信玄公祭りの会場までの、車・シャトルバス・電車でのアクセスを紹介します。

車でのアクセスは?

信玄公祭りでは交通規制が行われるため、規制エリアや極端に混雑するエリアを外れた「臨時無料駐車場」までのルートを紹介します。

・中央道 双葉スマートICから「北東中 駐車場」まで車で約20分です。

・中央道 甲府昭和ICから「山梨県立大学 駐車場」まで車で約10分です。

シャトルバスでのアクセスは?

信玄公祭り会場の北側にある無料臨時駐車場「相川小」、「北東中」の近くからは、甲府駅北口行きのシャトルバスが出ています。

運行時間

14:00~20:30

運行間隔

30~40分

乗車時間

10分程度

「相川小」、「北東中」の駐車場とシャトルバスルートは下図でご確認下さい。


出典:信玄公祭り(一部当サイトにて加工)

電車でのアクセスは?

甲府駅を降りてすぐ会場です。

詳しくは信玄公祭りのマップでご確認下さい。

スポンサーリンク

信玄公祭り2019の交通規制は?

信玄公祭りでは交通規制が敷かれます

2019年の交通規制は4/6(土)に行われます。

規制範囲については下図でご確認下さい。


出典:信玄公祭り(一部当サイトにて加工)

スポンサーリンク

信玄公祭り2019の駐車場は?

信玄公祭り開催期間中は専用の無料駐車場が設けられています。

場所については、信玄公祭りのマップを参照して下さい。

会場北側にある無料臨時駐車場「相川小」、「北東中」の近くからは、甲府駅北口行きのシャトルバスが出ていますので、「シャトルバスでのアクセス」もあわせてご覧下さい。

近隣のコインパーキングなら事前予約を!

信玄公祭り会場付近の駐車場はかなり混雑しています。

お祭り会場の付近(交通規制エリア外)のコインパーキングを利用する場合は、事前に予約されることをおすすめします。

市内各所にあるタイムズ駐車場が事前予約できますので、こちらから無料登録して近隣の駐車場を検索してみて下さい。(キャンセルは前日まで無料です)

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は信玄公祭り2019の

・日程、時間、場所
・場所やマップ
・歴代の武田信玄役・山本勘助役のゲスト
・甲州軍団出陣
・「風林火山」の意味
・屋台
・渋滞や混雑状況
・ホテル
・アクセス
・交通規制
・駐車場

について、分かりやすくまとめてみました。

スポンサーリンク

信玄公祭りへのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。