Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

三社祭2019を完全攻略!宮出しや神輿のルート、屋台や歴史・由来など

この記事では三社祭2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

 

三社祭は東京の浅草寺で行われる例大祭です。

神輿の宮出しや、ずらりと並ぶ屋台など、見どころ満載のこのお祭りには、毎年約150万人もの人が訪れ、大いに賑わっています。

今回は三社祭2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。


出典:https://www.asakusajinja.jp/

 

スポンサーリンク

 

三社祭2019の日程や時間は?

三社祭は、毎年5月の第3金曜・土曜・日曜の3日間にわたって開催されます。
(木曜日には本社神輿へ浅草神社の御神霊(おみたま)をお移しする儀式のみ行われます)

2019年の日程は、5/17(金)。5/18(土)、5/19(日)となります。

 

 

スポンサーリンク

 

そもそも「三社」って何?

「三社」の意味は、この浅草神社に祀られている3柱の神様のことを指しています。

隣にある「浅草寺」の創生に関わった人物

・檜前浜成(ひのくまのはまなり)
・檜前竹成(ひのくまたけなり)
・土師中知(はじのなかとも)

3人が神様として祀られており、通称「三社権現」とも言われます。

※檜前浜成・竹成は兄弟です。

↓宮戸川に「浅草寺観音大士」が出現されて、「土師臣中知」、「檜前浜成」の主従三人が網ですくいあげたシーンです。


出典:http://chuukyuu.info/

 

三社祭では町内を44箇所に分類し、その各団体に所属している方々が神輿を担ぎます。

因みに、この神輿を担ぐ人のことを「氏子」と呼びます。


出典:http://www.senso-ji.jp/

 

「氏子」以外にも「担ぎ手」という助っ人的な役割で参加することが出来ます。

お祭りを見に行った際に「担ぎ手」として一緒に参加してしまうのも、一つの楽しみ方ですね。

 

三社祭2019の見どころは?

三社祭には、神輿行列といった見どころがぎっしりと詰まっています。

ここではその見どころについて紹介したいと思います。

大行列


出典:https://tokyodiarywp.wordpress.com/

 

三社祭は3日間に分けて行われるお祭りで、初日には「大行列」と呼ばれるイベントがあります。

これから始まるお祭りに対しての景気づけ的な意味合いもあり、毎年華やかなお囃子や踊りが各町内で行われます。

特に「びんざさら舞」「白鷺舞」といった伝統的な音楽と舞は日本文化を象徴しており、近年では外国人観光客からも人気のイベントとして取り上げられるようになってきました。

 

ちなみにこの大行列ですが、隔年で「東回り」・「西回り」とルートが異なります

 

「東回り」は

東京浅草組合前→柳通り・馬道通り→雷門→仲見世→浅草神社

というルートです。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。

 

「西回り」は

浅草組合前→柳通り→千束通り・ひさご通り→六区ブロードウェイ→雷門通り→雷門・仲見世

というルートです。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。

びんざさら舞い


出典:https://www.asakusajinja.jp/

 

三社祭の特徴といえば、この「びんざさら舞」

びんざさらとは、元々「ささら」と呼ばれる楽器の種類のひとつなのですが、このびんざさらは三社祭のための楽器とそれを用いた舞のことを指します。

↓ささら


出典:http://www.e-digitalpark.com/

 

因みに「ささら」はこのように一般販売もされています。

なかなか、いい値段がしますね・・・

 

五穀豊穣や土地の安全を祈願して、古くは室町時代から続いている伝統的な田楽舞の一種です。

そして、扱う楽器は浅草神社に奉納されているほど神聖なものなのです。

 

ですので、この「びんざさら舞」を踊れる方は限定されていて、「びんざさら八か町」と呼ばれる8つの町内の方々が担当しています。

ゆったりとした音楽と幻想的な舞は、一見の価値ありですよ。

 

町内神輿連合渡御


出典:https://www.asakusa.org/

 

三社祭のメインとも言える2日目に、大々的に行われるのが町内神輿連合渡御です。

これは浅草神社の氏子に認められている44箇所の町内・組合・団体が大小さまざまな神輿を一斉に担ぎ練り歩くといったものとなっています。

その神輿の数は100基ほどともいわれ、一斉に神輿が担がれる様はまさに東京のお祭りでもトップクラス。

↓このように、次々と神輿が登場します。


出典:http://hoteiya.blog47.fc2.com/

 

浅草神社本堂にある裏広場に集まった神輿たちは、1基ずつお祓いを受けた上で、各町会エリアへと繰り出していきます。

それぞれのエリアの氏子たちが、各町内会の誇りをかけて神輿をゆさぶりながら担ぐ様子はとてもダイナミックで、見ているだけでも興奮しますよ。

 

宮出し・本社神輿各町渡御


出典:https://www.jiji.com/

 

各町会の神輿もさることながら、三社祭のメインイベント 「本社神輿」です。

三社という名前通り、3つの神輿にはそれぞれ3柱の神様が祀られています。

この本社神輿を奉納されている庫から出すことを宮出しと呼び、多くのメディアからも注目されるイベントです。

 

宮出しには町会の方々はもちろんのこと、一般参加の担ぎ手も参加しており、その数はなんと1基に対して約3000人。

一斉に神輿に群がることからバリケードなどが用意されるほどの熱狂的行事となっています。

↓大勢の人たちがこのように密集して神輿を担ぎます。


出典:http://e-asakusa.jp/

 

そして、この本社神輿を44箇所の町内へと巡らせるのが本社神輿各町渡御です。

お祭り3日目のクライマックスともされていますので、いろいろな氏子や担ぎ手たちが終結し、まさにお祭りのピークといった様相を展開します。

 

神輿は激しく揺すられる!

三社祭での神輿担ぎは、とても激しいことでも有名です。

激しく神輿を振るれば振るほど、御利益があるそうです。

これを古い言葉で「魂振り(たまふり)」と呼ぶのですが、浅草を地元とする江戸っ子たちはこの魂振りに1年のすべてをぶつける覚悟で挑むわけです。

 

この、激しく振る神輿こそが三社祭の醍醐味でもあり、参加者も見物客も興奮するのですね。

 

宮入り


出典:https://www.asakusa.org/

 

「宮出し」があれば、宮入り」という行事もあります。

これは44箇所の町内を巡った本社神輿がまた格納される庫に戻ってくることを指します。

お祭りの3日目に行われ、三社祭のクライマックスとして行われます。

 

神輿を作っている方々にとっても、その神輿が今年も無事に祀られたことを確認できる大事なイベントです。

この宮入りをもって、一般参加のお祭りは終了することになります。

 

三社祭の神輿はどんなもの?

三社祭で祀られている3つの本社神輿はすべて地元にある宮本卯之助商店というお店が製作しているようです。

非常に煌びやかで、極彩色調に装飾が施されています。

 

元々三社本殿は、栃木県にある日光東照宮のデザインをモチーフに建てられており、三社祭で使用される神輿も、そのデザインを受け継いでいるかのようです。

 

三社祭の本社神輿は、かつて第二次世界大戦時に焼失してしまったのですが、前述した商店の当時の棟梁によって復元されました。

そのときには写真などもなかったため、わざわざ東照宮まで赴き、その建築様式からデザインを引用したそうです。

並々ならぬ情熱と敬意があったことが伺い知れますね。

 

三社祭に参加する町会は?

三社祭の町会は44に分類されていて、その町会ごとに運営方法が異なります。

また、町会神輿も独自のデザインが施されていて、半纏なども町会の仲間同士でお揃いのものを設えるところが特徴的な部分です。

 

町会神輿は浅草神社の境内に集められ、そこで宮司によってお祓いがされてから各町内を練り歩くよう義務付けられています。

また、この儀式があることによって三社祭に参加しているというモチベーションが高めらるのです。

こうして町会独自の神輿たちは、氏子や担ぎ手たちによって揉まれながらその存在感を放っていくことになります。

 

三社祭2019の屋台は?

 

お祭りを楽しむポイントは音楽や舞、そして神輿以外にもたくさんありますが、お祭り特有の屋台も見逃せないポイントです。

もちろん三社祭にも多くの屋台が出店していますので、屋台巡りだけでも充分に楽しめます。

 

浅草神社の仲見世通りは普段から地元の方々が営業をしている屋台風の出店がたくさんありますが、、、

この三社祭の時期にはそれ以上に多くの種類の屋台が出ていますので、ぜひ試しに訪れてみてください。

お祭りの定番である焼きそばやわたあめといった昔ながらの屋台から、最新のB級グルメまで色々なものを味わうことが出来ます。

 

なお、三社祭の期間中は近隣の至るところに屋台を見かけることが出来ますが、だいたいの屋台が夜8時ごろまでの営業となっています。

 

三社祭の由来や歴史は?

三社祭の歴史というのは非常に古く、682年にまで遡るとされています。

当時、この浅草一帯に住んでいた檜前浜也(ひのくまのはまなり)と竹成(たけなり)という兄弟が、現在の隅田川で魚を採ろうと漁をしていたところ、人型の像ばかりがかかってしまうという不思議な体験をしました。

 

それから何度漁に出てもまったく魚が採れず、その人型の像ばかりがあがってしまうことに困り果てた2人は、地元の郷司である土師中知(はじのなかとも)に相談します。

土師中知は、2人にその人型の像が神様を象ったものだと教え、自分でその像を丁寧に祀ることにしました。

この最初に像を祀った場所が現在の浅草神社とされています。

 

ちなみに、最初はこの人型の象(菩薩像)を神として祀っていましたが、その後になって神社が建てられるきっかけを作った3人を神様として祀ることとなり(土師中知・檜前浜也・竹成)、その3人を総称する形で「三社」という名前が付けられました。

 

なお、現在の浅草神社という名前に改名されたのは明治に入ってからということです。

 

 

浅草神社へのアクセスは?

浅草神社までの、電車でのアクセスを紹介します。

 

東武線 浅草駅から徒歩で約6分です。

 

つくばエクスプレス浅草駅から徒歩で約6分です。

 

三社祭の駐車場は?

専用駐車場は?

三社祭開催期間中の専用駐車場は特に設置されていないようです。

近隣のコインパーキングを探すことになります。

 

近隣のコインパーキングは?

浅草神社の近隣のコインパーキングについては、下図を参照してください。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は三社祭2019のについて、分かりやすくまとめてみました。

三社祭へのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です