Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

おわら風の盆2019を完全攻略!前夜祭やツアー宿泊、アクセスや駐車場まで

この記事ではおわら風の盆2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

 

おわら風の盆は毎年9/1~9/3に富山県の越中八尾町で開催されるお祭りです。

この山峡の町に古くから伝わる幻想的な踊りは、日本を代表する民謡行事として全国的にも評価が高く、人口約2万人の町に、その10倍の20万人が訪れるという、富山一の大イベントです。

 

今回はおわら風の盆2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。


出典:https://ihoku.jp/

 

スポンサーリンク

 

Contents

おわら風の盆2019の日程・場所は?

まず、おわら風の盆には

「前夜祭」「本祭」があります。

日程としては、以下のようになります。

おわら風の盆の日程

前夜祭:8/20~8/30(11日間)

本 祭:9/1~9/3(3日間)

では、ここからは

「前夜祭」「本祭」に分けてスケジュールや場所、見どころなどを紹介していきたいと思います。

因みに、交通規制や駐車場についても「前夜祭」と「本祭」それぞれに紹介していますので、確認されたい方は以下を参照して下さい。

 

スポンサーリンク

 

前夜祭を攻略!


出典:https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/

それでは、まずは前夜祭を攻略していきます。

前夜祭期間中の8/20~8/30は毎日「おわらステージ」「各町内での輪踊りと町流し」が行われます。

元々は、おわら本番に向けた各町での練習を、観光客の方にも見てもらおうということで始まった企画ですが、本番の混雑解消を図る目的もあって、当初から「みんなで踊ろう」を合い言葉に観光客も交えた輪踊り形式で行っています。

1日1町内で「町流し」と「輪踊り」が行われます。

おわらの本番は相当な混雑が見込まれますが、この前夜祭は、さほどの混雑もなく、ゆっくりと唄や踊りを観賞することができます

前夜祭のスケジュールは?

前夜祭のスケジュールは下記の通りです。

前夜祭の時間帯

おわらステージ(観光会館ホール):18:30~19:50

各町内での輪踊りと町流し:20:00~22:00

前夜祭の場所は?

会場である「観光会館ホール(八尾曳山展示館)各町内」は下記の地図を参照して下さい。

観光会館ホール(八尾曳山展示館)の場所


出典:http://takaoka.zening.info/

各町内の場所

↓下記の図をクリックするときれいな拡大画像になります。

地図内のA~Kが「輪踊りと町流し」を開催している会場となります。


出典:https://www.yatsuo.net/

おわら前夜祭ステージの内容は?

おわら前夜祭ステージは入場料1,500円で、1日の定員500名のイベントとなります。

チケットはコンビニやチケットぴあで事前購入することができます。

チケットの購入についてはこちらをご参照ください。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://www.yatsuo.net/

さて、ステージの内容は

紹介動画、踊り方説明・舞台観賞の3本立てになっており、時間配分は以下のようになっています。

時間 内容
18:30~19:00 おわら風の盆映像上映
19:00~19:30 おわら踊り方の説明
19:30~19:50 おわら踊りのステージを鑑賞

 

このステージを観賞することで、おわらの全体像を知り、踊りの「予行演習」ができるので、この後に町内で行われる観光客も交えた輪踊りの際はスムーズに入っていけるのではないでしょうか。

ステージに登場する踊り手さんはとてもレベルが高く、楽器の方も、三味線・太鼓・胡弓と揃っており、本番同様の迫力ある演奏や唄を聴くことができます。

2019年の各町内での輪踊りと町流しの日程は?


出典:https://gejideji.exblog.jp/

前夜祭では、1日1町内が町流しと輪踊りを行います。

町内によっては、観光客でもいっしょに輪に入って踊ることができますので、その場にいる役員の方に聞いてみて下さい。

踊りが開催されるスケジュールと場所については、下記を参照して下さい。

毎日、20:00~22:00(降雨時中断)で開催されます。

開催日 開催支部 前夜祭会場
8月20日(火) 天満町 天満町通り
8月21日(水) 東新町 若宮八幡社・東新町通り
8月22日(木) 東町 東町通り
8月23日(金) 下新町 下新町通り
8月24日(土) 西新町 西新町通り
8月25日(日) 今町 今町通り
8月26日(月) 上新町 上新町通り
8月27日(火) 福島 ふれあい広場・駅前通り
8月28日(水) 諏訪町 諏訪町通り
8月29日(木) 西町 西町通り
8月30日(金) 鏡町 鏡町通り

「輪踊り」、「町流し」、「舞台踊り」を簡単に説明すると・・・

おわらの踊りと言えば、「輪踊り」・「町流し」・「舞台踊り」

ですが、これらを簡単に説明すると、こんな感じになります。

輪踊り

↓輪になって踊っていますね


出典:https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/

文字の通り、踊り手たちが輪になって踊ることです。

前夜祭では観光客もいっしょになって、輪踊りに参加しましょう、と呼び掛けています。

町流し

↓列になって踊りながら町内を歩いていきます。


出典:https://www.hokurikushinkansen-navi.jp/

各町の踊り手たちがおわらを踊りながら町内を練り歩く行事です。

つまり、江戸時代から続く、おわら本来の姿を再現したものと言えます(→「おわらの歴史」で詳しく紹介しています)

舞台踊り

↓舞台の上で踊りを披露します。


出典:http://www.yatsuo.net/

演舞場で競演会を行ったり、各町に設置された特設ステージで演舞を披露したりします。

町内ごとに、旧踊りや新踊りを組み合わせて、オリジナル性の高い演舞を披露してくれます。

 

スポンサーリンク

 

本祭を攻略!

次に9/1~9/3の3日間で行われる本祭について攻略していきましょう。

本祭で踊りが披露される場所と時間は?

踊りが披露される場所は

・おわら演舞場(富山市立八尾小学校グラウンド)

・曳山展示館ステージ(越中八尾観光会館)

・八尾駅前特設ステージ

になります。

こちらの地図をご参照ください。

青:おわら演舞場赤:曳山展示館ステージ緑:尾駅前特設ステージです。

各町内での町流しのスケジュールは?

各町内での町流しのスケジュールですが、開始時間や休憩時間など日によって異なるので、下図でご確認下さい。

つまり踊りが披露される日時は

9/1 15:00~17:00
19:00~23:00
9/2
9/3 19:00~23:00

ということになります。

※雨天の場合は中止となります。また、ペットは同伴できませんのでご注意下さい。

2019年のおわら演舞場のスケジュールは?

おわら演舞場で、どの町がいつ舞台踊りを披露するか、にいては下表を参照して下さい。

9月1日 9月2日 9月3日 時間
上新町 下新町 八尾高校郷土芸能部 19:00~19:25
東新町 東 町 福 島 19:30~19:55
西 町 西新町 今 町 20:00~20:25
天満町 諏訪町 鏡 町 20:30~20:55

 

スポンサーリンク

 

本祭のチケットや座席は?

本祭を観賞するためには、チケットを購入する必要があります。

料金は

おわら演舞場(八尾小学校グラウンド

指定席:3,600円(2,500席)

自由席:2,100円(1,500席)

曳山展示館ステージ(越中八尾観光会館)
1公演:1,500円(入館料込み)

となります。

チケットは、ローソンチケットまたはチケットぴあのサイトから購入することができます。

おわら演舞場の座席表については下図を参照して下さい。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://www.yatsuo.net/

本祭の混雑状況は?

おわら風の盆の本祭は、時間と場所によってはかなりの混雑が見込まれます。

2019年の混雑予想については未公表でしたので、現時点では2018年版を紹介します。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://www.yatsuo.net/

2019年版が公開され次第、こちらのページも更新予定です。

本祭の案内地図は?

各町や演舞ステージの場所については、こちらの案内地図でご確認下さい。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://www.yatsuo.net/

おわら踊り方教室って何?


出典:youtube

本祭開催期間中の9/1~9/3には、「おわら踊り方教室」といって、地元の踊り手の方から、直接おわらの踊り方を学べるチャンスがあります。

とても人気があり、定員いっぱいで参加できないことも多いようです。

おわら踊り方教室の概要

開催日:9/1~9/3

時間 :14:00~16:00

場所 :八尾曳山展示館

入館料:大人500円、小人300円(団体20名以上割引)

 

スポンサーリンク

 

おわら踊りを攻略!

おわら踊りの特徴は、男性が踊る「男踊り」と、女性が踊る「女踊り」の2通りあることです。

衣装 踊り方
男性 法被 豪快さ、勇敢さを表現
女性 浴衣、編み笠 色気、妖艶を表現

それぞれ特徴があり、テレビなどでもよく取り上げられていますね。

 

この「男踊り」「女踊り」についてですが、少し掘り下げて知っておくと、実物を見た時に、更に興味が湧くと思います。

まず、「おわら踊り」の構成を分かりやすく図でまとめると、こんな感じです。

豊年踊り(旧踊り)とは?

図にある通り、「豊年踊り(旧踊り)」は男女問わず踊れる、伝統的なおわら踊りです。

風の盆開催中の輪踊りで観光客が参加して踊ったり、「おわら講習会」で習うのも、この踊りです。

富山県内の学校の運動会でも踊られています。

新踊りとは?

それに対して「新踊り」の方は後で作られた踊りです。

もともとは、女踊り(四季踊り)にだけ四季の所作が入っていましたが、最近は、男女混合で組んで踊る際にも四季の所作が入るようになりました。

この所作は、各町内ごとにオリジナルに考えられており、そのあたりも見どころの一つです。

 

スポンサーリンク

 

おわら風の盆にツアーで行くなら

おわら風の盆にツアーで行くなら、この3社がおすすめです。

ツアーのおすすめ3社
クラブツーリズム

阪急交通

yahooトラベル

ラインナップが豊富なのはクラブツーリズム、大手ならではの安定感があるのが阪急交通、色んなツアーの格安プランを検索できるのがyahooトラベル、といったところでしょうか。

こちらから検索してみて下さい。

→クラブツーリズムで格安ツアーを調べる

→阪急交通で格安ツアーを調べる

→yahooトラベルで格安ツアーを調べる

 

スポンサーリンク

 

おわら風の盆のアクセスは?

おわら風の盆では各町内での町流しもあり、海上が広範囲に渡りますが、ここではメイン演舞場である「おわら演舞場(富山市立八尾小学校グラウンド)」までのアクセスについて紹介します。

電車でのアクセスは?

電車でのアクセスについては、「JR富山駅」から紹介していきます。

まず、富山駅からJR高山本線に乗車し約25分、「越中八尾駅」で下車します。

越中八尾駅からおわら演舞場(富山市立八尾小学校グラウンド)までは距離にして約2Km、ゆっくり歩いて約30分かかります。

↓こちらの地図を参照してください。

車でのアクセスは?

車でアクセスする場合は「富山西IC」で高速道路をおりて、約25分で到着します。

ただし、おわら演舞場(富山市立八尾小学校グラウンド)付近は交通規制が敷かれているため、注意が必要です。

交通規制については、こちらも参照してください。

 

スポンサーリンク

 

おわら風の盆の交通規制は?

前夜祭の交通規制は?

おわら風の盆前夜祭期間中は、前夜祭開催地区内での一般車の路上駐車及びバスの乗入れは禁止されています。

前夜祭用の駐車場が設けられているので、詳しくはこちらでご確認ください。

本祭の交通規制は?

おわら風の盆の本祭開催期間中は広範囲で交通規制が敷かれています。

交通規制が敷かれる時間帯は

9/1、9/2 :15:00~翌日午前1:00まで

9/3    :18:00~翌日午前1:00まで

となります。

規制される範囲については、下図でご確認ください。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://www.yatsuo.net/(見やすいようにサイト管理者で編集)

スポンサーリンク

 

おわら風の盆の駐車場は?

前夜祭の駐車場は?

前夜祭開催時は「八尾町民ひろば」が臨時駐車場となります。

一般車両1台につき、1,000円/日の料金が必要です。

場所については下図でご確認ください。

本祭の駐車場は?

本祭開催時は交通規制範囲の外に臨時の駐車場が設けられます。

一般車両1台につき、1,000円/日の料金が必要です。

場所については、下図でご確認ください。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://www.yatsuo.net/(見やすいようにサイト管理者で編集)

またこの図の通り、「駐車場A」と「駐車場B」がありますが、それぞれの駐車場から「おわら演舞場(八尾小学校グラウンド)」付近の乗降所まで行けるシャトルバスが出ています。

シャトルバスの運行時間はこちらでご確認ください。

日付 行先 シャトルバス運行時間
9/1、9/2 各駐車場→乗降所 15:00~21:00
乗降所→各駐車場 23:00まで運行
9/3 各駐車場→乗降所 17:00~21:00
乗降所→各駐車場 23:00まで運行

尚、シャトルバスを利用する際は、利用協力金として1人あたり500円必要となります。

駐車場は事前予約がおすすめ

できるだけ会場に近い駐車場を利用したい、また確実に利用したい方は、コインパーキング(交通規制エリア外)を事前に予約されることをおすすめします。

このような事前予約サービスを活用するのも一つの手です。

 

スポンサーリンク

 

おわら風の盆の起源や歴史は?

おわら風の盆の起源や歴史を紹介するためには、まず、この3つのキーワードを説明する必要があります。

3つのキーワード

町建御墨付:加賀藩が発行した建物を建てるための許可書

米屋庄兵衛:八尾町をつくった人

八尾の町衆:八尾町の町人

そして、「おわら風の盆」の起源にまつわる、この3つの関係性は以下の図の通りです。

少し詳しく説明すると

1636年に加賀藩より許可が下り、米屋庄兵衛さんが「町年寄」という立場で、八尾町が成立しました。

米屋庄兵衛さんは、今でいう金融業(金貸し屋)を営んでおり、地元の教育にも尽力したため親しまれていた、という記録もあります。

ですがその後、1702年に加賀藩よりこの「町建御墨付」を返還するように求められた際、米屋庄兵衛の子孫がこれを拒否します。

そこで、役人と町衆が協力して「桜のお花見の宴」を開催し、その騒ぎに紛れて「町建御墨付」を取り返したそうです。

さて、ここからが「おわら風の盆の起源」についてです。

町建御墨付を取り戻した町衆は、喜びのあまり三日三晩、歌って踊って、何でもアリ、で町を練り歩いたそうです。

これが起源となり、毎年9/1~9/3に踊りの祭典が行われるようになりました。

 

スポンサーリンク

 

そもそも「おわら」とは?「風の盆」とは?

「おわら風の盆」という響きですが、独特で風流な印象を受けますね。

そもそも、何故、このような名称で呼ばれるようになったのでしょうか?

「おわら」の語源には3つの説がある

まず、「おわら」の語源についてですが、これには3つの説があります。

「大笑い」説

歌いながら練り歩くのがこの行事の特徴ですが、この歌の中に「おわらひ(大笑い)」という言葉を差しはさんで歌ったため、それがいつしか「おわら」と発音されるようになった、という説です。

「大藁」説

農業の象徴といえば「藁(わら)」ですね。

豊年万作を願って、「おおわら(大藁)」という言葉を歌に込めた、という説です。

「小原村」説

八尾町近郊の小原村の娘が唄い始めた、という説です。

「風の盆」の由来は?

次に、「風の盆」と名付けられた由来ですが、その前に「盆」と言えば8月15日のことですよね。かつては太陰暦の7月15日のことを指していたこともありましたが。

いずれにしても、「おわら風の盆」が開催される9/1~9/3は関係ないはずです。

ただ富山では、休みのことを「ボン(盆日)」という習わしがありました。

さてここで「風の盆」の由来ですが、9月初旬の台風到来の季節に、稲が風害にあわないように豊作祈願を行うという意味があったようです。

つまり、「台風の被害から守る」という意味を込めて「風の盆」になったようですね。

 

スポンサーリンク

 

「おわら」の歌詞には法則がある!

「おわら」の歌詞には、大きく分けて3つのパターンがあります。

ざっと概要を説明すると、こんな感じです。

それぞれ、詳しく見ていくと・・・

正調おわら

七、七、七、五の26文字で作られた基本形で「ひらうた」とも言います。

最後の5文字の前に「オワラ」という声が入ります。

おわらに限らず、他の民謡もこの七、七、七、五が基本となっています。

五文字冠り

正調おわら(基本形)の頭に5文字をかぶせて31文字で作られた形です。

字余り

七、七、七と言葉を重ねていき最後に5文字で結ぶ形です。

言わばフリーのスタイルなので、唄い手に実力がないと歌いこなせない形となります。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はおわら風の盆2019について以下の内容をまとめてみました。

それぞれの項目をクリックすると、そこから読み直すことができます。

おわら風の盆へのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。