Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

大阪の港からヒアリ発見!経路、環境省による対策は? /岸和田、南港

シェアする

大阪府岸和田市内で2,000匹以上のヒアリが見つかりました。

ヒアリの画像や発見場所、ヒアリの侵入経路や被害の内容、環境省による対策をまとめてみました。


出典:関西テレビ

ヒアリの画像


出典:関西テレビ


出典:テレ朝News

去年6月に神戸港で国内で初めてヒアリが確認されましたが、その後、12都府県で確認されており、今回で29件目です。

今回は2,000匹以上見つかっており、これまで日本国内で発見された中では最多だそうです。

今回、女王ヒアリは確認されていません。

ヒアリの発見場所

今回のヒアリの発見場所は大阪府岸和田市内です。

ヒアリの侵入経路

今回のヒアリは中国から届いたコンテナ内から見つかっています。

コンテナの経路は

6/5 中国・深圳を出港

→香港港を経由

→6/12 大阪港(南港)に到着

→6/14 大阪府岸和田市へ移送

→6/15 積み荷の搬出作業中に約100匹が見つかる。

→6/16 専門家の調査の結果 ヒアリ2,000匹以上の生存が確認される。


出典:関西テレビ

今回の被害の内容

今回はヒアリに2人、刺されましたがいずれも症状は軽いとのことです。

コンテナの荷降ろしをした作業員の方と、ヒアリ調査を行った環境省の職員の方です。

強い毒性をもつヒアリに刺されたため、心配しましたが、大事に至らずひとまず安心しました。


出典:関西テレビ

ヒアリ発見後の対策

ヒアリ発見後すぐに、2,000匹以上が生息していたコンテナを殺虫処分しました。

その後、拡散を防ぐため、周辺に殺虫餌をまきました。

実は、ヒアリ調査を行った環境省の職員の方が刺されたのはこの時だそうです。

これ以外にも、環境省の方では、ヒアリが見つかった位置周辺に粘着トラップを仕掛けており、外に出ようとするヒアリを捕獲できるように処置しています。


出典:関西テレビ

因みに、ヒアリかどうか疑わしいアリを見つけた場合は専用の相談ダイヤルに連絡するよう呼びかけています。
電話番号は0570-046-110です。

因みに2018.6/12には、環境省・国土交通省・農林水産省など各省庁の担当者が集まってヒアリの対策会議が開かれたようです。

主な議題は

・ヒアリの生息地からの定期航路を持つ全国68の港の調査を実施すること

・国民向けに周知するパンフレットの内容を大幅に改定すること

だったようで、ヒアリが活動しやすい夏前に対策を打ち出しておきたいという気持ちの表れではないでしょうか。