Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

成田山新勝寺の節分会2019を完全攻略!ゲスト芸能人は誰?混雑や駐車場も

シェアする

この記事では成田山の節分会2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

成田山新勝寺では2/3に、関東屈指の規模を誇る節分会が開催されます。

毎年、横綱・大関をはじめとした大相撲力士やNHK大河ドラマの出演者がゲストとして登場し、伝統行事の豆まきに華を添えています。

今回は成田山の節分会2019について、厳選情報を分かりやすく紹介しようと思います。


出典:https://www.asahi.com/articles/photo/AS20180203001022.html

スポンサーリンク

成田山の節分会2019の日程、時間、場所は?

日程、時間、場所は以下の通りです。

日程

2/3(日)

時間

特別追儺豆まき式
11:00~、13:30~、16:00~

開運豆まき式
9:30~、12:30~、15:00~

場所

成田山新勝寺
(千葉県成田市成田1)

成田山の境内図は?

成田山の境内図は下記でご確認下さい。


出典:https://www.naritasan.or.jp/gyoji_sp/gogatsu.html

成田山境内の広さは約20万㎡あります。

これに加え成田山公園は16.5万㎡です。

境内と公園を合計すると36.5万㎡にもなり、東京ドームの約8倍もの大きさになります。

スポンサーリンク

成田山新勝寺では2/3に2つの豆まき式がある!

成田山新勝寺の「節分会(せつぶんえ)」と言えば、多くの有名力士や芸能人が列席する光景をテレビなどで見たことがあるのではないでしょうか。

この豆まきですが、実は

・特別追儺豆まき式

・開運豆まき

と2つの構成に分かれています。

ここでは、それぞれの豆まきについて紹介したいと思います。

特別追儺豆まき式とは?参加方法は?


出典:https://www.naritasan.or.jp/gyoji_sp/setsubun-e.html

まずひとつ目が特別追儺豆まきです。

よくテレビなどで見かける、「有名人が豆まきをしている」のはこちらの会のことを指します。

ただ、この特別追儺豆まき式に参加するには、それなりの額の参加料が必要です。

2/3当日に、大本堂・正面特設舞台にて3回に分かれて行われますが、各回定員が決まっています。

各回の時間・定員・参加料は以下の通りです

 

時間

定員

参加料

第1回

1:00

100名

8万円

第2回

13:30

100名

8万円

第3回

16:00

50名

5万円

参加するには、1/20までに下図のような往復葉書又はFAXで申し込みをする必要があります。


出典:https://www.naritasan.or.jp/


出典:https://www.naritasan.or.jp/gyoji_sp/setsubun-e.html

スポンサーリンク

開運豆まきとは?参加方法は?


出典:まいぷれ

もう一つの豆まき式が、開運豆まきです。

こちらは著名人の参加がなく、参加料も比較的リーズナブルです。

2/3当日に、大本堂内にて3回に分かれて行われますが、やはり各回定員が決まっています。

各回の時間・定員・参加料は以下の通りです

 

時間

定員

参加料

第1回

9:30

100名

8万円

第2回

12:30

100名

8万円

第3回

15:00

50名

5万円

開運豆まきは、大本堂内には御護摩祈祷をしたのち、貸与される「追儺羽織」というものを着て豆まきを行うというものです。

そのため、比較的本来の豆まきの役目に近いものになります。

スポンサーリンク

歴代のゲスト力士・芸能人は?


出典:https://narita-area.com/archives/4700/

成田山の節分会では毎年大相撲力士や芸能人がゲストで登場し、豆まきを行います。

ここでは、2014年以降の歴代ゲストをまとめてみました。

2018年までの歴代ゲストは?

まずは、2018年までの歴代ゲストです。

2014年

大相撲力士

大河ドラマ「軍師官兵衛」

横綱

白鵬

黒田官兵衛役

岡田准一

大関

稀勢の里

光役

中谷美紀

前頭

隠岐の海

だし役

桐谷美玲

前頭

遠藤

母里太兵衛役

速水もこみち

前頭

舛ノ山

小寺政職役

片岡鶴太郎

 

2015年

大相撲力士

大河ドラマ「花燃ゆ」

横綱

白鵬

杉文役

井上真央

大関

稀勢の里

吉田松陰役

伊勢谷友介

前頭

隠岐の海

久坂玄瑞役

東出昌大

前頭

遠藤

杉寿役

優香

  

杉百合之助役

長塚京三

 

2016年

大相撲力士

大河ドラマ「真田丸」

横綱

白鵬

真田昌幸役

草刈正雄

大関

稀勢の里

薫役

高畑淳子

前頭

隠岐の海

室賀正武役

西村雅彦

歌舞伎役者

堀田作兵衛役

藤本隆宏

市川海老

本多忠勝役

藤岡弘

 

2017年

大相撲力士

大河ドラマ「おんな城主 直虎」

横綱

白鵬

井伊直平役

前田吟

横綱

稀勢の里

新野左馬助役

苅谷俊介

前頭

御嶽海

瀬名役

菜々緒

前頭

隠岐の海

なつ役

山口紗弥加

前頭

遠藤

あやめ役

光浦靖子

 

2018年

大相撲力士

大河ドラマ「おんな城主 直虎」

横綱

白鵬

西郷隆盛役

鈴木亮平

横綱

稀勢の里

大久保利通役

瑛太

関脇

御嶽海

篤姫役

北川景子

前頭

隠岐の海

琴役

桜庭ななみ

前頭

遠藤

赤川靱負役

沢村一樹

2019年のゲスト予想は?

では、2019年のゲストはどのような顔ぶれになるのでしょうか。

まず大相撲力士の方は、毎年登場している力士が決まっているので、2019年も同様の顔ぶれになることが予想されます。

特に2017年からは2年連続で

白鵬、稀勢の里、御嶽海、隠岐の海、遠藤

が出演しているので、2019年もこの5名になるのではないでしょうか。

また、大河ドラマの方は、「いだてん ~東京オリムピック噺(ばなし)」からゲストが出演するようです。

予想としては、こんな感じになるのではないかと思います。

2019年(予想)

大相撲力士

いだてん ~東京オリムピック噺

横綱

白鵬

金栗四三役

中村勘九郎

横綱

稀勢の里

田畑政治役

阿部サダヲ

関脇

御嶽海

春野スヤ役

綾瀬はるか

前頭

隠岐の海

三島弥彦役

生田斗真

前頭

遠藤

シマ役

杉咲 花

2019年のゲストが公表され次第、こちらの記事も更新します。


スポンサーリンク

なぜ芸能人や大相撲力士が参加するの?

なぜ芸能人や力士の方が成田山新勝寺の豆まき式に参加するのか?

きっかけは現在の新勝寺大本堂が完成した昭和43年のことです。

完成式典にNHKと高砂部屋が出席したことが始まりとなります。

↓大本堂はこれです。


出典:安西無恕

この年以降、毎年必ずNHKの大河ドラマ出演者や朝ドラ出演者、また近年の人気力士などが多く参加するようになりました。

NHKは国営テレビ局ですし、相撲は国技ということもあり、神事ごとに華を添えるといった意味もあるようです。

芸能人や大相撲力士の行動は?

まず、簡単に流れを追ってみるとこうなります。

光輪閣→移動→大本堂→護摩祈祷→本堂前の花道に並び豆まき→移動→光輪閣

豆まきに参加する有名人たちは光輪閣を出て、大本堂へと移動をします。

そして本堂で30分ほどの護摩祈祷をすることになります。

その後、本堂前の花道に並び豆まきを開始します。

1回分の豆まきが終わると、また最初の光輪閣まで戻り、次の出番まで待機をするといった流れになっています。

この動きは、次の「穴場」紹介でもポイントとなります。

スポンサーリンク

有名人の見える穴場スポットは?

節分会では多くの有名人が参加するということで、やはり身近で見たいのではないでしょうか。

有名人を近くで見ることができる穴場スポットは

「光輪閣近くの花道」付近です。

光輪閣に戻ってくる移動中の様子


出典:http://znlog.blogspot.com/2013/02/blog-post.html

本堂前の豆まきポイントは確かに絶好のポジションですが、ちょっと競争率が高いですね。

そこで狙い目は、移動するタイミングです。

上の章で触れたように、有名人の方はまず光輪閣から花道を通り大本堂まで移動します。

そこで護摩祈祷をおこなった後に、再び花道を戻って特別に設置された紅白幕のある台で豆まきを行います。

この移動のタイミングで花道近くにポジショニングしておけば、かなり近くで見ることができます。

スポンサーリンク

何故「鬼は外」は言わないの?

通常の節分における豆まきだと「鬼は外、福は内」といった掛け声が一般的です。

(もちろん地方によっては言い方やニュアンスが違うかもしれませんが、ほぼこの通りだと思われます)

しかし、成田山新勝寺の豆まきでは、この「鬼は外」という言葉を使いません

ちょっと物足りないような気もしますが、一説によるとこれは新勝寺に納められている不動明王の役割に由来しています。

↓成田山の不動明王


出典:https://www.flickr.com/photos/53522406@N03/7031653171

元々、不動明王尊は鬼を退治し、厄を払うといった役目を持つ神様です。

つまり、「新勝寺内にはすでに鬼はいない」ということになります。

元々平和な状態が保たれているわけですから、「鬼は外」という文言を言う必要もない、ということになります。

初めて参加する方にとっては新鮮かつ珍しいかもしれませんが、新勝寺での豆まきの掛け声というのは「福は内」で統一されていますので、間違えないようにしましょう。

豆まきの混雑具合は?

当日は車でも電車でも毎年大変な混雑を見せます。

だいたい9:00過ぎには混雑のピークを迎えますので、できたら8時前後には現地に到着しておきたいところです。

小さなお子さんと一緒に訪れる際ははぐれないようご注意下さい。

スポンサーリンク

そもそも節分や豆まきの由来は?

節分とは「季節を分ける」という言葉から生まれた概念です。

そのため、厳密には節分というのは1年で数度訪れるのですが、特に立春の前の日を日本では節分と呼びます。

これは立春が春の訪れを告げるタイミングで「新たな年の始まり」を意味する1日とされていたからです。

つまり2月4日を正月と捉え、節分は大晦日にあたるといった考え方が分かりやすいかもしれません。

大晦日にいろいろな禊や新たな年の準備をするのと同じように、節分ではいろいろな願いを込めて豆まきをするようなったといわれています。

豆まきの大豆ですが、穀物には悪い気を払うといった意味合いがあり、昔から厄除けに使われていました。

これが転じて現在の豆まきの風習になったというのが全国各地の有力な説です。

なお、成田山新勝寺での豆まきには「国土安穏、万民豊楽、五穀豊穣、転禍為福、復興(東日本大震災)」というものが祈願されています。

スポンサーリンク

おすすめの服装や持ち物は?

この季節は日本全国的に冷え込みが激しく、ここ成田山も然りです。

そのため、防寒対策はしっかりと怠らないように注意してください。

個人的におすすめなのは、底冷え対策のできるこのアイテム

それ以外にも、更に安価なものも含めてこのような季節に重宝するアイテムを徹底的に調べてまとめた記事が↓こちら

「末端冷え性の対策グッズ!寒いレジャーにおすすめの手袋や靴下を比較」

よろしければ参考にしてみて下さい。

成田山の節分会2019のアクセスは?

成田山新勝寺までの、車と電車でのアクセスを紹介します。

車でのアクセスは?

車でのアクセスについては、まずこちらの図をご覧下さい。

出典:成田山HP

高速道路出口からの経路としては、東関東自動車道成田ICからから車で約15分です

電車でのアクセスは?

電車でのアクセスについては、まずこちらの図をご覧下さい。


出典:成田山HP

京成電鉄「上野」駅から特急65分「京成成田」で下車→徒歩16分で到着します。

 

JR「東京」駅から「快速エアポート成田」で60分「成田」駅で下車→徒歩16分で到着します。

JR「上野」駅から常磐線で80分「成田」駅で下車→徒歩16分で到着します。

スポンサーリンク

成田山の節分会2019の駐車場は?

成田山節分会の専用駐車場は設置されていませんので、新勝寺周辺の有料駐車場を利用することになります。

以下の、駐車場マップでご確認下さい。

赤色:新勝寺青色:弘恵会土屋駐車場(300台)黄色:弘恵会田町駐車場(100台)緑色:弘恵会本町駐車場(40台)です。

全て料金は1日800円、新勝寺までは徒歩で3分です。

成田山の節分会2019の交通規制は?

成田山節分会では10:00~18:00に、JR成田駅~成田山門前(鍋店角)の道路で交通規制が敷かれます。

当日の状況によっては規制時間が変更されることもあり、現場の警備員の指示に従って通行するよう案内が出ています。

下記の図の赤ラインの範囲が交通規制エリアとなります。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は成田山の節分会2019の

・日程、時間、場所
・境内図
・追儺豆まき式
・開運豆まき
・歴代のゲスト力士・芸能人
・2019年のゲスト予想
・有名人の見える穴場スポット
・「鬼は外」と言わない理由
・混雑具合
・節分や豆まきの由来
・アクセス
・駐車場
・交通規制

などについて、分かりやすくまとめてみました。

成田山の節分会へのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。