Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

砲丸投げ日本新の中村太地がかっこよすぎる。競技動画・画像、経歴は?

シェアする

2018年5月20日に開催された、陸上 セイコー・ゴールデングランプリ大阪で、男子砲丸投げの中村太地選手3年ぶりに日本記録を更新しました。

日本新記録が出た大会

大阪市で開かれた陸上の「ゴールデングランプリ」の男子砲丸投げで25歳の中村太地選手が日本新記録となる18メートル85センチをマークしました。

中村選手は、体を回転させる投てきを得意とする選手で、20日、大阪市のヤンマースタジアム長居で行われたゴールデングランプリの最終の6投目に、18メートル85センチの日本新記録をマークしました。

これまでの記録は、日本選手権を6連覇中の35歳の畑瀬聡選手が平成27年にマークした18メートル78センチで、中村選手はこの記録を3年ぶりに7センチ更新しました。

引用元:NHK NEWS WEB

こちらがその時の映像です。

中村選手が日本新を出したのは2:44あたりです。

投球フォーム、体のヒネリなど、ダイナミックでかっこいいですね。

また、大会後の中村選手の言葉ですが

「記録を出した6投目は技術より気持ちで投げた1投でした。日本記録の更新は去年から狙っていましたが、観客が大勢いる国際大会で結果を出せて叫び出しそうなほどうれしかったです。今後は19メートルの壁を越えられるように挑戦したいです」

引用元:NHKオンライン

とのことでした。

最後の6投目で出した記録というところが、気持ちの強さを感じますね。

現在の世界記録は23メートル12。世界記録までは、まだ4メートルほど差がありますが

中村選手本人は、今後のトレーニングでその差を埋めていくと、向上心をもって協議に取り組むようです。

因みに世界記録は、アメリカのランディ・バーンズという選手が1990年に出し、その後28年間破られていません。ものすごい記録ということですね。

中村選手の画像、経歴は?

画像引用元:MIZUNOホームページ

中村選手の経歴ですが

所属:チームミズノアスレティック

生年月日:1993/1/15

身長:175cm

体重:115kg

出身高校:茨城県立笠間高等学校

出身大学:国士舘大学

主な実績:

  • 2014年 長崎国体 5位
  • 2014年 全日本インカレ 2位
  • 2015年 日本選抜陸上和歌山大会 6位
  • 2015年 和歌山国体 5位
  • 2015年 日本選手権 2位
  • 2015年 全日本実業団 3位
  • 2015年 日本選手権 2位
  • 2016年度 日本ランキング 2位

引用元:MIZUNOホームページ

かなりの好成績を残してきたようですが、所属団体のホームページを見る限り、日本国内の大きな大会で優勝した形跡は見つかりませんでした。

それだけに、今回の日本新記録樹立は相当嬉しいことでしょう。

中村選手のすごすぎる学生時代の経歴

この中村選手、学生時代の経歴もすごいんです。

高校3年生の時、茨城県高等学校陸上競技対校選手権大会で

なんと、円盤投げ、砲丸投げ、ハンマー投げの3種目に出場し

全て大会新記録で優勝しているんです。

そして、その後円盤投げでユースオリンピックアジア地域予選大会に出場します。

この頃は、砲丸投げよりも円盤投げの方が、記録が良かったのでしょうか。

この大会ではアジア各国代表9人中、見事2位入賞を果たし

第一回ユースオリンピック(2010年 シンガポール開催)の出場権を獲得しています。

ユースオリンピック本大会では、12位と、上位の成績は残せなかったものの、

円盤投げの方でも、能力が高かったようですね。

ユースオリンピック出場にあたっての校長先生からのメッセージには

笠間高校に入学してから本格的に円盤投げを始めた中村君が、日本代表に選ばれ、アジアユース、世界ユースへと活躍の場を広げていく姿は、他の笠間高校生に自分もがんばろう、という気持ちと誇りを持たせてくれました。

引用元:平成 22 年 広報かさま7月号

と書いてありました。

競技を始めて2年半で世界大会に出場する程なので、やはりずば抜けた才能があったのでしょう。

現在は砲丸投げの方で、世界を目指す中村選手。

今後の活躍に期待しています。