Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

名古屋市農業センターのしだれ梅まつり2019を完全攻略!見頃や開花状況など

シェアする

この記事では名古屋市農業センターしだれ梅まつり2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

名古屋市農業センターは名古屋市の天白区にある、通称「dela(でら)ふぁーむ」という農業公園です。

全国でも珍しい、しだれ梅が辺り一面に広がる梅園は、毎年「しだれ梅まつり」の時期には大勢の人で賑わっており30万人近くの観光客が訪れます。

今回は、名古屋市農業センターしだれ梅まつり2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。


出典:http://tokai-camera.com/?p=4020

スポンサーリンク

しだれ梅まつり2019の期間や時間は?

期間・時間・入場料は以下の通りとなります。

期間2/23(土)~3/17(日)(予定)
時間9:00~16:30
入場料無料

名古屋市農業センター 梅の種類は?

名古屋市農業センターには以下の12品種のしだれ梅が植えられています。

呉服枝垂

出典:名古屋市

緑萼枝垂

出典:名古屋市

玉垣枝垂

出典:さがポ

紅枝垂

出典:名古屋市

一重緑萼枝垂

出典:四季の花巡り!!

唐梅枝垂

出典:季節の花

藤牡丹枝垂

出典:名古屋市

難波枝垂

出典:名古屋市

満月枝垂

出典:名古屋市

千鳥枝垂

出典:鑑賞桃

緋の司枝垂

出典:名古屋市

白滝枝垂

出典:名古屋市

花の色も、白色からピンク色、紅色まで様々あり、色とりどりのしだれ梅を鑑賞することができます。

スポンサーリンク

名古屋市農業センターの梅2019の見頃や開花状況は?

一番の見頃はどの期間?

名古屋市農業センターには、「早咲」、「中咲」、「遅咲」のしだれ梅があり、

「早咲」から「遅咲」までの全ての梅が開花する、2月下旬~3月上旬辺りが最も見頃の時期となります。

それぞれの梅の開花時期と見頃を図にすると、こんな感じになります。

もちろん、暖冬・寒冬の場合は10日ほど前後することもあります。

しだれ梅まつりの期間中は、ちょうど見頃を迎える時期ということですね。

↓見頃を迎えたしだれ梅


出典:http://tokai-camera.com/?p=4020

梅苑に行く時間帯はいつがいい?

少し細かい話になりますが・・・

この時期、まだ気温が低く、特に午前中は冷え込む日もあります。

午前中の冷え込む時間帯は、開ききっていない花もちらほら見かけられますので

・混雑を避けるなら、午前中がおすすめ

・少しでも開いた花を見たいなら、午後がおすすめ

ということになります。

開花状況は?

開花状況については、

公式サイトで公開され次第、こちらのページも更新していきます。

スポンサーリンク

混雑具合は?

名古屋市農業センターのしだれ梅まつりには、毎年30万人近くもの人が訪れるため、かなり混雑するような気がしますが、梅の開花期間が長いので、来場者も分散します。

見頃を迎える土日は最も人出が多いですが、梅園自体が広いため、ストレスを感じるほどの混雑ではないようです。


出典:http://tokai-camera.com/?p=4020

ベビーカーでも回れますし、レジャーシートを広げてゆっくりと梅を鑑賞することもできます。

ウメの実は食べられる?

ちょっと横道にそれますが・・・

鑑賞用の梅園などに植えてあるウメの木には、食べられる実はなるのでしょうか

結論から言うと、ほとんどのウメはそうではありません。

というのは、お花見のできる公園に植えられているのは、ほとんどが「鑑賞用」の「花ウメ」という品種だからです。

これとは別に、「果樹用」の「実ウメ」というものがあり、そちらが食べられる実のなる品種です。

例えばこのような南高梅

自宅で育てても、ちゃんと実がなります。

そして、この名古屋市農業センターの梅は「鑑賞用」のしだれ梅。

つまり「花ウメ」ですね。

因みに、「花ウメ」の中にも、↓こんな感じでいろんな品種があります。


出典:大阪城パークセンター

スポンサーリンク

名古屋市農業センターおすすめのイベントは?

梅の鑑賞もいいですが、名古屋市農業センターではそれ以外にも見どころ満載のイベントが開催されます。

ここでは、おすすめのイベントについて紹介したいと思います。

朝市、青空市


出典:村瀬新聞店

しだれ梅まつり期間中は、朝市、青空市が開催されます。

地元の野菜を直売しており、リーズナブルな価格で新鮮な野菜を購入することができます。

動物とのふれあいイベント


出典:http://hiyoko.tv/torimono/walking/eid612.html

週末の13:30~14:30には、動物とのふれあいイベントも開催されています。

土曜日は「ヒヨコとのふれあい」日曜日は「ヒヨコとモルモットとのふれあい」ができます。

小さなお子さんを連れていくなら、参加されると喜びますよ。

乳しぼり、動物のえさやり


出典:名古屋市

牛の乳しぼり体験や、動物のえさやり体験ができます。

大人も子どもも興味深々に参加されています。

因みに、動物エリアの地図はこちらの通りです。

画像クリックで拡大できます。


出典:牛乳の広場

スポンサーリンク

おすすめのグルメは?

「名古屋市農業センターと言えばジェラート」と言うほどここのジェラートは評判が良いです。

農業センター内で搾った牛乳を、新鮮な状態で使用しており、特にお子さんには大人気のジェラートです。


出典:http://www.yaguma-eye.com/blog/?p=1139

季節によってフレーバーが変わりますが、梅まつり期間中は「梅ジュレ」がかかっていて、甘酸っぱいフレーバーとミルクジェラートの相性が良いと口コミ評価も上々です。

「ミルク工房」で販売しています。

また、屋台で販売している「焼き芋」も人気があります。

まだまだ肌寒いこの季節には、温かい焼き芋は一段とおいしく感じるのではないでしょうか。


出典:村瀬新聞店

もちろんそれ以外にも、うどんやハンバーガーなど、飲食系のグルメも楽しめますよ。

名古屋市農業公園の園内マップは?

園内マップについては、下図を参照してください。

画像クリックで拡大できます。


出典:名古屋市

スポンサーリンク

ペット(犬)は同伴できる?

名古屋市農業センターにはペット(犬)を連れて入ることはできません

園内で牛やニワトリなどの家畜を飼育しているため、安全性を考慮してということでしょう。

ペットの一時預かり所もないので、ご注意下さい。

名古屋市農業センターへのアクセスは?

名古屋市農業センターまでの、車・電車・バスでのアクセスを紹介します。

車でのアクセスは?

名古屋第二環状道植田ICから車で約10分です。

電車でのアクセスは?

名古屋市営地下鉄平針駅より徒歩20分です。

バスでのアクセスは?

名古屋市営地下鉄平針駅、市バス「地下鉄原」行きに乗車し、「農業センター北」で下車

その後徒歩5分で農業センターに到着します。

しだれ梅まつり開催期間中の土日は更に臨時便が増発されているので、利用しやすくなっています。

スポンサーリンク

名古屋市農業センターの駐車場は?

専用駐車場は?

名古屋市農業センターには専用の駐車場があります

しだれ梅まつり開催期間中は普通車1回500円、二輪車・原付1回150円で利用できます。

(何時間留めても定額です)

ただ、しだれ梅まつり期間中の休日はとても混雑しているので、ご注意下さい。

近隣のコインパーキングは?

平針駅や赤池駅付近には、いくつかコインパーキングがあります。

下図を参照してください。

スポンサーリンク

そもそも「農業センター」って何?


出典:名古屋市

最後に、名古屋市農業センターって何?ということを紹介したいと思います。

名古屋市農業センターは昭和40年(1965年)4月1日、業技術の普及・指導を行うために開設されました。

今では「農業」自体に触れる機会が少なくなってきたこともあり、市民に対して農業に親しみを感じてもらえるような体験型の娯楽施設のような役割を担っています。

牛や羊の放牧場や鶏舎、畜産施設といった動物を見られる施設と

花の展示や野菜の栽培など、植物に触れられる施設

があり、一角に「しだれ梅園」があります。

愛称は「dela(でら)ふぁーむ」と言いますが、これは

・Delicious(美味しい

・Enjoy(楽しい)

・Learn(学ぶ)

・Agriculture(農業)

の頭文字と、名古屋弁の「でら(どえらい)」を掛け合わせことからネーミングされています。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は名古屋市農業センターのしだれ梅まつり2019の

・期間や時間、入場料
・梅の種類
・見頃や開花状況
・混雑具合
・おすすめのイベント
・おすすめのグルメ
・園内マップ
・ペット(犬)について
・アクセス
・駐車場

について、分かりやすくまとめてみました。

名古屋市農業センターへのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。