Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

みあれ祭2019を完全攻略!観光船ツアー見学や花火大会、駐車場など

みあれ祭は、宗像大社秋季大祭の最初に行われる行事で、船の安全祈願・大漁祈願などの意味が込められた祭礼です。

約200隻の漁船が、ところ狭しと海上で周回する姿は圧巻の一言です。

毎年10月1日の9:30頃から行われ、神湊(こうのみなと)港周辺は大勢の見物客で賑わいます。


出典:http://fanblogs.jp/kaisenn35941/

 

スポンサーリンク

 

みあれ祭2019の日程・場所

みあれ祭2019の日程・場所は以下の通りとなります。

日程

10月1日(火)
時間・
スケジュール
9:30 大島にある大島港を出発し、鐘崎方面へ向かう

途中でUターンして神湊方面へ向かう
10:00 神湊港に近づき、沖合を周回
10:30 御座船が神湊港入港
港でお迎えの儀式、近くの頓宮に移り儀式
11:20 頓宮出発(車にて)
11:40 宗像大社入御
場所 福岡県宗像市田島の神湊港周辺

 

大島港(赤色)鐘崎港(紫色)神湊港(緑色)の位置関係は下図のようになっています。

 

神湊港から約6km離れた大島から漁船群がスタートして、大回りしながら神湊港に近づき、沖合いを周回するような経路です。

見学場所は、埠頭周辺が人気のスポットです。


出典:https://www.okinoshima-heritage.jp/

ご神体を乗せた3隻の御座船を漁船が取り囲むような形で進んでいきます。

10:30頃、御座船が神湊港に入港した時点で海上での祭礼は終了します。

 

ちなみに、宗像市ではこのような、地元女子中学生が製作した絵本を発行しています。

プロのクリエイターから学んで製作したようです。

 

スポンサーリンク

 

みあれ祭2019の駐車場は?

神湊港近辺に有料駐車場が3箇所あります。

駐車場 料金 港までの
徒歩時間
第一駐車場
(赤色)
300円/12時間 2分
第二駐車場
(青色)
200円/12時間 7分
第三駐車場
(緑色)
200円/12時間 7分

 

↓地図です。第一駐車場を赤色第二駐車場を青色第三駐車場を緑色で表しています。

 

第一駐車場は早めの時間に埋まってしまいます。

第二・第三駐車場は比較的混雑していませんが、第三駐車場は奥まったところにあるため、出庫が集中する時間は出るまでに時間がかかります。

ですので、第一駐車場が満車の場合は、第二駐車場がおすすめです。

 

みあれ祭2019の交通規制は?

海の祭礼が終わったら、次は神湊港から宗像大社までお神輿行列が始まります。

神輿のルートは交通規制が敷かれますので、会場付近を車で通る際は注意が必要です。

こちらの迂回ルート図を参照して下さい。

画像クリックで拡大できます

出典:http://www.city.munakata.lg.jp/

 

スポンサーリンク

 

みあれ祭2019のアクセスは?

みあれ祭へのアクセスについて、車の場合と、公共交通機関の場合を紹介します。

車の場合

九州自動車道若宮ICから約30分です。

公共交通機関の場合


出典:http://nishitetsu.yoka-yoka.jp/

JR東郷駅下車→東郷駅前バス停1番乗り場から、西鉄バス「神湊波止場行き」に乗車→約20分でバスで「神湊波止場」へ→下車してすぐ

(宗像大社へ行く場合は、同バスに乗り、「宗像大社前」で下車)

ただ、バスは1時間に1~2本程度しか出ていないため、前もって時間を調べて行かれた方がよさそうです。

 

スポンサーリンク

 

みあれ祭2019 観光船ツアーでの見学

みあれ祭は観光船ツアーでの見学ができます。

観光船ツアーの参加資格は?

宗像市の広報によると、観光船ツアーの参加資格は「前日に大島内の宗像観光協会の加盟宿泊施設に宿泊できる人」とのこと。

つまり、9/30~10/1で大島内の加盟宿泊施設に1泊すれば参加資格を受けられる、ということです。

詳細な料金は不明ですが、おおよそ2,000円くらいのようです。

参考までに、大島内にある宿泊施設の情報を紹介しますので、観光船ツアーに参加してみたい方は、問い合わせてみて下さい。

尚、観光船ツアーは毎年かなり人気があるので、予定が確定している場合は、定員に達する前に申し込んでおいた方が無難でしょう。

宿泊施設  電話番号 
海の宿 漁亭 あさひ丸  080-1705-7120 
三国屋旅館  0940-72-2331 
民宿 ふじ島  0940-72-2631 
民宿 まなべ  0940-72-2422 
民宿 つわせ  0940-72-2015 
民宿 幸栄荘  0940-72-2043 
民宿 古賀  0940-72-2354 
宮崎荘  0940-72-2138 
三好屋旅館  0940-72-2003 

宿泊施設の詳細は宗像大島のサイトでご確認下さい。

宿泊代は、7,000円~8,500円程度の施設が多いです。

 

宗像大島への行き方

宗像大島へは、神湊(こうのみなと)港から船に乗って渡ることになります。

時刻表は下記を参照して下さい。


出典:http://munakataoshima.com/

渡航料金は大人560円、子ども280円です。

運航状況はこちらで確認することができるようです。

観光船ツアーの概要

観光船ツアーは下記のように運航します。

・乗車する船は、神湊港⇔大島間の定期便となっている「しおかぜ」


出典:http://iuiukankan.blog.bbiq.jp/

・大島港より9:30にみあれ祭の船団が出発し、その後少し遅れて、ツアー船が出発します。


出典:http://iuiukankan.blog.bbiq.jp/

・ツアー船が船団を追いかけて進む。


出典:http://iuiukankan.blog.bbiq.jp/

・観光船は、神湊港に先に入港し、御座船の入港を待つ。


出典:http://iuiukankan.blog.bbiq.jp/

 

以上のような流れです。

海の上から船団を見学したい方は、是非申し込んでみて下さい。

 

みあれ祭にツアーで行くなら

みあれ祭にツアーで行くなら、この2社がおすすめです。

ツアーのおすすめ2社
クラブツーリズム

阪急交通

ラインナップが豊富なのはクラブツーリズム、大手ならではの安定感があるのが阪急交通、色んなツアーの格安プランを検索できるのがyahooトラベル、といったところでしょうか。

こちらから検索してみて下さい。

→クラブツーリズムで格安ツアーを調べる

→阪急交通で格安ツアーを調べる

 

スポンサーリンク

 

みあれ祭2019 前夜祭の花火大会は?

みあれ祭の前日 9/30には前夜祭があり、そのメインイベントとして花火大会が開催されます。

日程や場所については以下の通りです。

日程 9月30日
時間 20:00~20:45
場所 宗像市 北斗の水くみ海浜公園周辺

 

会場近辺には駐車場がありませんが、宗像大社の無料駐車場(1,200台収容)を利用できます。

(ただし、夕方になると満車になる可能性が高いです)

17時からは、宗像大社から花火大会会場までの無料シャトルバスが運行しているので、それを利用するのも一つの手です。

花火自体は約4,000発で、見どころは、音楽と花火をコラボレーションさせた「ミュージック花火」です。

音楽に連動して、様々な花火が夜空で花開く様は、ある種の芸術性を感じることができます。

 

↓過去の花火大会でのミュージック花火のシーンです。

アナ雪の主題歌に合わせて上がる花火は、感動的ですね。

こういうのを見ると、現地で見たくなってきます。

 

スポンサーリンク

 

みあれ祭の意味や歴史は?

ここまで、みあれ祭の観光情報について紹介してきましたが、そもそも、みあれ祭とはどのような意味をもつのか、について紹介したいと思います。

「みあれ」は「御生れ」や「御阿礼」という漢字があてられ、神の誕生や降臨を指す言葉です。

みあれ祭で神輿が入御される宗像大社ですが、これは、沖ノ島の沖津宮、大島の中津宮、宗像市田島本社の辺津宮の三社の総称です。

 

これらの宮に、姉妹神である宗像三女神が祀られています。


出典:http://xn--dvd-ib5hp39g.jp/

宗像市田島本社の辺津宮 市杵島姫神(いちきしまひめ)
沖ノ島の沖津宮 田心姫神(たごりひめ)
大島の中津宮 湍津姫神(たぎつひめ)

 

地図で表すとこのような位置関係です。

赤色が沖ノ島青色が大島緑色が宗像市田島の本社です。

因みに、それぞれの宮の画像はこちらです。

沖津宮


出典:http://forsomeone.info/

 

中津宮


出典:http://jinjajin.jp/modules/newdb/

辺津宮


出典:https://4travel.jp/travelogue/

 

みあれ祭は宗像市田島本社の辺津宮に祀られている三女の市杵島姫神が、姉の田心姫神(沖ノ島の沖津宮)と湍津姫神(大島の中津宮)を迎える祭礼です。


出典:http://www.town.okagaki.lg.jp/

三姉妹の神様が1年に1度、田島の本社におそろいになり、新たな神の力を得て、再生復活する、という意味があるそうです。

みあれ祭という名前で開催されているのは1962年からですが、元々750年前から行われていた「御長手神事」という祭礼をモデルにして、この行事が復活したようです。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

みあれ祭は、歴史を遡ると750年前から続いており、この地域で大切にされてきた祭礼です。

2017年には「『神宿る島』宗像・沖ノ島と関連遺産群」として、宗像大社が世界遺産登録されており、大勢の方が訪れました。

みあれ祭が終わっても3日間続く宗像大社秋季大祭が開催されており、見どころ満載のイベントとなっています。

宗像大社秋季大祭の様子


出典:http://www.tetsupoka.com/

今年の秋は是非、みあれ祭に出かけてみてはいかがでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です