Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

府中くらやみ祭り2019を完全攻略!屋台の時間や神輿、交通規制など

シェアする

この記事ではくらやみ祭り2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

くらやみ祭りは東京都府中市の大國魂神社で開催される例大祭です。

約1,000年の歴史があるこのお祭りは、今でこそ昼間から開催され、約70万人もの人が訪れていますが、、、

昔は、夜に町の灯りを消し暗闇で行われていました。

なぜ「暗闇」なのか・・・?

詳しくは本文で分かりやすく紹介します。

今回はくらやみ祭り2019の厳選情報について、分かりやすく攻略していきたいと思います。


出典:歴史の浪漫街道

スポンサーリンク

Contents

くらやみ祭り2019の日程、時間、場所は?

日程としては4/30(火)~5/6(月)での開催となります。

主な行事のスケジュールについて、分かりやすい表を作ってみました。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。

赤字で記した「山車行列」「神輿還御」は、このくらやみ祭りの最大の見どころですね。

お祭り当日行かれる際に参考にしてみて下さい。

因みにこれを、一覧表でまとまるとこんな感じです。

4/30
(火)

9:30~16:00

品川海上禊祓式
(汐汲み・お浜降り)

5/1
(水)

9:30~

祈晴祭

5/2
(木)

19:30~20:00

御鏡磨式

5/3
(金)

20:00~21:00

競馬式(こまくらべ)

5/4
(土)

9:00~

御綱祭

12:30~

萬燈大会

13:00~

子供神輿渡御

17:00~18:00

太鼓の響宴

18:00~21:00

山車行列

5/5
(日)

10:00~

例祭

12:30~

道清め

14:00~

宮乃咩神社奉幣

14:30~

太鼓送り込み

15:30~

御饌催促の儀

15:30~

動座祭(一般非公開)

17:20~

威儀物授与(一般非公開)

17:20~

御霊遷の儀 (一般非公開)

18:00~

神輿渡御

20:30~

坪宮神事

22:10~

野口仮屋の儀

22:30~

やぶさめ式

5/6
(月)

4:00~8:00

神輿還御

9:00~

鎮座祭

中でも5/5の「神輿渡御」、5/4の「山車行列」、5/3の「競馬式(こまくらべ)」は後ほど詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク

くらやみ祭りの屋台を攻略

くらやみ祭りと言えば華やかな山車や神輿のイメージが強いですが、約500店とも言われる「屋台」を目当てに来場される方も大勢いらっしゃいます。

ここでは屋台について攻略していきたいと思います。


出典:the glasscontainer

屋台が出店される日と時間は?

屋台が出店されるのは、5/3~5/6です。

出店時間は、だいたいこのような感じです。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。

屋台を楽しむならいつ行くべき?

上のスケジュール表のように、それぞれの日の屋台が出店される時間は・・・

5/318:00~の競馬式に合わせて、昼過ぎ頃から徐々に出店され、16:00頃に屋台が出そろう
5/4、5/59:00~21:00過ぎまで多くの屋台が営業しており、22:00近くになるとほとんどの屋台が閉店、一部居酒屋系の屋台などは23:00頃まで営業しているところもある
5/6屋台の数がかなり減り、午前中で閉店する屋台がほとんど

となります。

ですので、屋台を楽しむのであれば

・5/3 16:30~21:00

・5/4 9:00~21:00

・5/5 9:00~21:00

がおすすめです。

スポンサーリンク

屋台が出店される場所は?

屋台が出店される場所は、大國魂神社の境内からけやき並木沿いです。

下の地図の赤枠で囲まれたエリアのあたりになります。

どんな屋台が出店される?

お祭りの定番メニューの焼きそば・お好み焼き・たこ焼き・フランクフルト・りんご飴などはもちろんのこと、タイ料理など普段は目にすることのできない屋台も出店されています。

また、名物屋台?としては「お化け屋敷」なんてものも。

約500店もの屋台が出ているので、食べ歩きするには最高のお祭りですね。

定番のB級グルメ

出典:https://asiasophia.exblog.jp/
もちろんアルコールも

出典:http://oono.txt-nifty.com/
中華風のおやき

出典:https://asiasophia.exblog.jp/
甲府モツ煮込み

出典:https://asiasophia.exblog.jp/
アジアンチックなジュース

出典:theglasscontainer
その場で鮎を焼いていたり

出典:theglasscontainer
キャラクターのチョコバナナ

出典:theglasscontainer
定番のお面も

出典:https://asiasophia.exblog.jp/
子どもに人気の金魚すくい

出典:theglasscontainer
名物の?お化け屋敷

出典:theglasscontainer

このように、楽しい屋台がたくさん出ていますよ。

植木市って何?


出典:https://blogs.yahoo.co.jp/hsarashinajp/

くらやみ祭りでは、関東各地の植木屋さんが出店「植木市」が開催されます。

コケ玉やサボテンなどの鑑賞用のものから、花の咲く木、実のなる木、庭に植える大きな木まで、ありとあらゆる植木が売られていて、見ているだけでお子さんでも楽しめるような植木市となっています。

ご参考までに、植木市で販売されているような植木ですが、ネット販売だと、例えば苔玉ならこれくらいの価格です。

↓植木市で販売されている植木の例

苔玉
野菜の苗も
珍しい植物
大きな木もあります

表中の画像の出典元:https://blogs.yahoo.co.jp/hsarashinajp/

スポンサーリンク

5/5の「神輿還御」を攻略

ではここから、くらやみ祭りの見どころイベントについて攻略していきたいと思います。

まずは、最大の見どころ、5/5の「神輿渡御」についてです。

「神輿渡御」って何?


出典:府中市

「神輿渡御(みこしおいで)」とは、8基のお神輿を担いで府中市中心部の道路を巡行し、、「御旅所」と呼ばれる「神様が休憩される場所」まで向かう行事のことです。

お神輿は、3発の花火の合図とともに6張の御太鼓に先導されて大國魂神社を出発します。

↓このように大きな太鼓に先導されます


出典:Noboの遊楽帳

地元の方々が威勢よく担ぐ姿は圧巻の一言。

大勢の見物客でごった返していますが、このくらやみ祭りに行くからには「神輿渡御」は必見です。

どんなお神輿がある?

「神輿渡御」で担がれる8基のお神輿は以下の通りです。

一之宮

二之宮

三之宮

四之宮

五之宮

六之宮

御本社

御霊宮

表中の画像の出典元:http://www.rokusya.net/

と、名前と画像だけ紹介されても、いまいち情報に深みが出ませんよね・・・

そこで、もう少し掘り下げて紹介してみます。

スポンサーリンク

8基のお神輿は色んな神社から参加している!

これら8基のお神輿のうち「御本社」と「御霊宮」の2基は大國魂神社のお神輿、残りの6基は「武州六社(ぶしゅうろくしゃ)」と言われる神社のお神輿です。

「武州」というのは、つまり「武蔵の国」(現在の東京都・埼玉県・神奈川県北東部)のことで、この6つの神社から参加しているお神輿が「一之宮」~「六之宮」になります。

武州六社の場所や名前はこちらをご覧下さい。

赤色:大國魂神社オレンジ色:一之宮小野神社緑色: 二之宮二宮神社青色: 三之宮氷川神社紫色: 四之宮秩父神社茶色: 五之宮金鑽神社黄緑色: 六之宮杉山神社です。

一之宮 小野神社

二之宮 二宮神社

三之宮 氷川神社

四之宮 秩父神社

五之宮  金鑽神社

六之宮 杉山神社

表中の画像の出典元:http://onojinja.or.jp/

因みに、大國魂神社は「武蔵国総社」と呼ばれ、一之宮から六之宮が祀られています。

つまり、くらやみ祭りでは武蔵の国の「総社」と「武州六社」のお神輿が勢揃いする

ということになりますね。

大國魂神社は「パワースポット巡礼」という日本全国の約20のお寺・神社を特集した書籍に、そのうちの一つとして掲載されていますが、このような事情を知るとそれも頷けますね。

「神輿渡御」のルート図やビュースポットは?

「神輿渡御」では、18:00~19:10頃にかけて8基のお神輿が徐々に大國魂神社を出発してきます。

8基のうち「一之宮」から「六之宮」と「御本社」の7基については、参道から旧甲州街道へ出てフォーリス・伊勢丹の周りの道をぐるりと回り、市役所前交差点付近の御旅所へ向かいます。

ただ、「御霊宮」の1基については、西鳥居から出て、六所口→府中街道→御旅所

というルートとなります。

ルート図やおすすめのビュースポットについては、下図をご参照下さい。

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://www.aokiya.net/info/1679.php

「神輿渡御」を動画で紹介

最後に、「神輿渡御」で威勢よくお神輿が担がれている様子がよく分かる動画も、よろしければご覧下さい。

スポンサーリンク

5/4の「山車行列」を攻略

次は、5/4の見どころ「山車行列」について攻略していきます。

「山車行列」って何?


出典:大國魂神社

「山車行列」とは、大國魂神社の大鳥居前の旧甲州街道とけやき並木を中心に、20台の山車が巡行する行事です。

この20台は府中市内の各町会がそれぞれもっている山車で、5/4の18:00になると、各町から大國魂神社を目指して山車が集まってきます。

山車の上では、地域の子ども達によるお囃子が披露され、見物客の声に応えるようにお祭りを盛り上げています。

山車の上で披露される「府中囃子」って何?


出典:祭り好きの隠れ家

山車の上で披露されるお囃子は「府中囃子」と言い、江戸時代から続く、歴史と伝統のある府中の郷土芸能です。

今では、このように楽譜まで出ています。

この「府中囃子」、流派が二つあり、大國魂神社を中心にして西側と東側で分かれています。

それぞれの流派を簡単に紹介するとこんな感じです。

 

流派

特徴

町会の数

西側

目黒流

賑やか

11町会

東側

船橋流

優雅

9町会

どんな山車がある?

では、それぞれの町会の山車はどのような姿をしているのでしょうか?

こちらについては、「目黒流」の町会、「船橋流」の町会に分けて、一覧表でまとめましたので、ご参照下さい。

西(目黒流)の山車

本町

1970(昭和45)年製作

番場町

1872(明治5)年製作

片町
江戸時代製作

本宿町
1991(平成3)年製作

欅若連
1986(昭和61)年製作

南町
1990(平成2)年製作

矢崎町
1983(昭和58)年製作

屋敷分
1987(昭和62)年製作

中河原
1976(昭和51)年製作

武蔵台
1946(昭和21)年製作

寿町
1953(昭和28)年製作

 

表中の画像の出典元:http://www.rokusya.net/

東(船橋流)の山車

新宿町

1988(昭和63)年製作

八幡町

1951(昭和26)年製作

是政

1976(昭和51)年製作

新成区

1981(昭和56)年製作

押立

1991(平成3)年製作

新宿山谷

1995(平成7)年製作

東町

1985(昭和60)年製作

小柳町

1981(昭和56)年製作

下染屋

1998(平成10)年製作

 

表中の画像の出典元:http://www.rokusya.net/

スポンサーリンク

歴史のある山車はどこの町会?

20の山車を製作年代別にまとめると、このようになります。

ほとんどが昭和時代に製作されていますが、平成に入ってから製作された、比較的新しい山車も5台あります。

江戸時代・明治時代につくられた歴史の古い山車は「片町」と「番場町」のものです。

 

片町

番場町

製作年

江戸時代
(具体的な年は不明)

1872(明治5)年

元々の
所有者

砂川十番の前新田
(現在の立川市)

立川市曙町

府中市の
購入年

1922(大正11)年

1964(昭和39)年

画像


表中の画像の出典元:http://www.rokusya.net/

いずれも、傷んできた部分を改修しながら現在の山車の姿になっているようです。

それぞれの町会の山車を、「歴史がある・新しい」という視点で見てみるのも面白いかもしれませんね。

「山車行列」を動画で紹介

最後に、山車行列の賑やかな様子がよく分かる動画も、よろしければご覧下さい。

スポンサーリンク

5/3の「競馬式」を攻略

次は、5/3の見どころ「競馬式(こまくらべ)」について攻略していきます。


出典:thinking now…

そもそも「競馬式」って何?

「競馬式(こまくらべ)」は5/3 20:00~、旧甲州街道の200m程の距離を、6頭の馬が3往復する、という行事です。

馬には、それぞれ「一之駒」から「六之駒」までのゼッケンのようなものが付けられており、騎手は烏帽子や直垂(ひたたれ)といった、武家社会で男性が着用していた衣装を着ています。

↓こんな衣装です


出典:綺陽装束研究所

「競馬式」の由来

競馬式は1,000年以上の歴史があると言われています。

その昔、この府中周辺、つまり武蔵の国には武士が乗るための馬を育てる牧場がたくさんあり、駿馬も多く産出されました。

昔は府中周辺には、牧場があったようです。


出典:hammerprice.com

武蔵の国の国司は良い馬を朝廷に献上しようと、「馬を比べて選び出す」、という行事を行っていました。

これが「競馬式(こまくらべ)」です。

馬を走らせて、速さを競うというものではなく、良い馬を選び出す「検閲」の意味合いが強い行事です。

今でも東京競馬場があることからも、「府中」と「馬」の関係は深いことが分かりますね。

このような、府中の「馬の歴史」を伝えるためにも、「競馬式」は続いています。

「競馬式」に参加する馬は東京競馬場から


出典:Life in tokyo

競馬式に参加する6頭の馬は東京競馬場から参加しています。

歴史のある神事ということで、事前の練習もしっかりしているようです。

当日履く滑り止めがついた靴?を履く練習をしたり、横断歩道を渡る練習をしたりと、、、

馬の方も、普段とは違う環境で走る準備をして、この競馬式に臨むということですね。

「競馬式」を観る際の注意

馬は光や音に敏感に反応するそうです。

ですので、写真撮影の際はフラッシュは禁止となります。

あくまでも「神事」なので、薄暗い中で行われる厳かな儀式を、静かに見守るという気持ちも大切ですね。

スポンサーリンク

くらやみ祭り2019のアクセスは?

大國魂神社までの、車と電車でのアクセスを紹介します。

車でのアクセス

中央高速道路 国立府中IC から車で約10分です。

電車でのアクセス

京王線 府中駅駅から徒歩で約5分です。

JR 府中本町駅から徒歩で約5分です。

スポンサーリンク

くらやみ祭り2019の交通規制は?

くらやみ祭りでは5/3~5/6にかけて交通規制が敷かれます

各日の規制時間・範囲については、下の交通規制図をご確認下さい。

5/3の交通規制範囲図

↓画像クリックできれいな拡大画像になります


出典:府中市

5/4の交通規制範囲図

↓画像クリックできれいな拡大画像になります


出典:府中市

5/5の交通規制範囲図

↓画像クリックできれいな拡大画像になります


出典:府中市

5/6の交通規制範囲図

↓画像クリックできれいな拡大画像になります


出典:府中市

スポンサーリンク

くらやみ祭り2019の駐車場は?

専用駐車場は?

くらやみ祭り専用の駐車場はありません。

ただ、ご参考までに、お祭り開催期間中のうち5/3の8:00~20:00は、大國魂神社の参拝者用ということで、東京競馬場の第3・第4駐車場が無料で利用できます。

赤色:第三駐車場水色:第四駐車場です。

近隣のコインパーキングなら事前予約を!

くらやみ祭り会場付近の駐車場はかなり混雑しています。

お祭り会場の付近(交通規制エリア外)のコインパーキングを利用する場合は、事前に予約されることをおすすめします。

市内各所にあるタイムズ駐車場が事前予約できますので、こちらから無料登録して近隣の駐車場を検索してみて下さい。(キャンセルは前日まで無料です)

 

くらやみ祭りの歴史。何故暗闇で行われていた?夜這い?

1,000年以上の歴史がある「くらやみ祭り」。

どのような歴史があり、「くらやみ」という文字にどのような意味があるのか?

記事の最後に、このあたりのことを分かりやすく紹介したいと思います。

くらやみ祭りの元は「国府祭」。その前に「国府」って何?

くらやみ祭りは「国府祭」に由来していると言われています。

「国府」というのは、奈良時代から平安時代に、国司が政治を行う施設(国庁)が置かれた都市のことです。

当時の「県庁所在地」みたいなものですね。

武蔵国の国府は現在の「府中市宮町」にありました。

今では「武蔵国府跡」として国から史跡指定されています。

↓現在ではこのような建物が建っています


出典:fujisan3216のブログ

この、国府をあげて開催されていたお祭りが、現在の「くらやみ祭り」の由来ということですね。

スポンサーリンク

くらやみ祭りはどのように変わっていった?

奈良・平安時代に「国府祭」として始まったくらやみ祭りは、以下のように変遷していきます。

●江戸時代

現在のような、お神輿を担いで御旅所へ移動する形式になった。
神輿渡御は23:00から開始し、翌日午前3:00~4:00頃に神社に戻ってきた。

●1959(昭和34)年

神輿渡御は16:00開始し、翌日午前4:00に還御開始と改められた。

●2003(平成15)年

神輿渡御は18:00開始と改められた。

つまり、1958年までは、神輿渡御は23時から開始され、夜中に行われていたということですね。

くらやみ祭りの名前の由来は?別名は?

くらやみ祭りは、かつては23時から開始され、街の明かりを消して行われていたため、そのような呼び方をされるようになりました。

この他にも、

・多くの提灯が立てられたことに由来して「ちょうちん祭」

・神輿が御旅所で出会うことに由来して「出会い祭」

・くらやみに乗じて風紀が乱れ、喧嘩をする者もいたことに由来して「けんか祭」

と様々な呼び方をされたようです。

「くらやみ」で行われていたのは何故?

では、かつては何故「くらやみ」で行われていたのでしょうか?

これについては、古来から「貴いものを見る事は許されない」という概念があったためです。

神様が神社から神輿に移られ、御旅所まで移動される「神事」自体を、人目に触れさせないよう暗闇で行っていたのですね。

ただ前述の通り、1959(昭和34)年には、それまで23:00開始だった神輿渡御は16:00開始に変更されました(その後更に18:00開始に変更)

深夜に神輿渡御を行うと、事故が発生していたため、安全性を考慮して時間を早めたようです。

江戸時代のレアなイラスト

くらやみ祭りを描いたイラストで、江戸時代のものです。

↓「江戸名所図会」という江戸時代の観光案内の中のイラスト


出典:わたし彩の「江戸名所図巻」

↓幕末に来日したスイスの外交官アンベールのレポートの中のイラスト


出典:国際日本文化研究センター

いずれも、大國魂神社の中雀門の前の様子を描いたものでしょうか。

昔から今と同じような行事が行われていたことが分かりますね。

夜這いがあったというのは本当?

その昔、くらやみ祭りでは夜這いが許されていた、という説がありますが

これは本当でしょうか。

江戸時代、「子孫繁栄」を理由として、男女の無礼講を許可するお祭りが日本各地に存在していたそうです。

これを利用して少子化対策をし、村が廃れるのを防ぐ、という意味もあったようですね。

このくらやみ祭りも「男女の出会いの場」だったそうです。

江戸中から大勢の見物客が訪れるこのお祭りは、この村で生活している方にとっては大切な「出会いの場」だったようで、当時の時代感覚からして、夜這いがあったとしても不思議ではありませんね。

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はくらやみ祭り2019の

・日程、時間、場所
・屋台
・植木市
・神輿還御
・山車行列
・競馬式
・アクセス
・交通規制
・駐車場
・歴史や「夜這い」の真偽

について、分かりやすくまとめてみました。

それぞれの項目をクリックすると、そこから読み直すことができます。

くらやみ祭りへのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。