Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

池上梅園2019を完全攻略!見ごろや開花状況、アクセスや駐車場、見どころなど

この記事では池上梅園2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

 

池上本門寺のとなりに広がる池上梅園は、東京都屈指の美しい梅のスポットとして有名です。

様々な色の梅花が織りなす景色は、華やかでもあり、風流でもあり、この日本庭園ならではの雰囲気を味わうことができます。

 

今回は、池上梅園2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。


出典:大田区

 

スポンサーリンク

 

池上梅園2019の開園時間や入園料は?

開園時間や入園料などの基本情報は以下の通りです。

開園時間

9:00~16:30(最終入園は16:00まで)

休園日

2月・3月を除く月曜、年末年始
(つまり、2月・3月は毎日開園しています。)

入園料

大人(16歳以上65歳未満)100円
小人(6歳以上16歳未満)20円

駐車場

6台分(30分/100円)

 

池上梅園2019の見頃や開花状況は?

一番の見頃はどの期間?

池上梅園には約370本の梅があります。

その中には、早咲きの品種、普通咲きの品種、遅咲きの品種と時期によって見頃が異なる梅があります。

それぞれの品種の見頃を分かりやすく図にすると↓こんな感じになります。

つまり、全ての種類が咲き揃う、2月下旬~3月上旬が見頃ということになります。

もちろん、暖冬・寒冬の場合は10日ほど前後することもあります。

 

梅苑に行く時間帯はいつがいい?

少し細かい話になりますが・・・

この時期、まだ気温が低く、特に午前中は冷え込む日もあります。

午前中の冷え込む時間帯は、開ききっていない花もちらほら見かけられますので

・混雑を避けるなら、午前中がおすすめ

・少しでも開いた花を見たいなら、午後がおすすめ

 

ということになります。

 

開花状況は?

開花状況については、

公式サイトで公開され次第、こちらのページも更新していきます。

 

スポンサーリンク

 

池上梅園のマップは?

池上梅園のマップは下図の通りです。

ご参照下さい

画像クリックで拡大できます。


出典:Pichori

 

池上梅園の見どころは?

見どころは何といっても、丘の斜面に広がった370本の「白」「ピンク」「紅」の絶景。

白梅150本、紅梅220本、30種類の梅が一気に見られる光景は圧巻です。

色彩のコントラストが美しく、互いの色を引き立たせ合っているようです。

 

間近で見てもよし、少し引いて一面に広がった梅の花を遠景で見てもよし、の贅沢な梅園です。

↓斜面に広がった「白」「ピンク」「紅」の絶景


出典:4travel.jp

 

↓近くで見るのもいいですね


出典:黄昏草日記

 

スポンサーリンク

 

池上梅園2019の混雑具合は?

 

池上梅園は、都内屈指の梅スポットということもあり、梅が見頃を迎える時期の土日は大勢の人で賑わっています。

ただ、梅林自体が広いため、ストレスを感じるほどの混雑ではありません。

ある程度ゆったりと梅を鑑賞できるのではないでしょうか。

 

ウメの実は食べられる?

ちょっと横道にそれますが・・・

池上梅林に植えてあるウメの木には、食べられる実はなるのでしょうか

結論から言うと、食べられるものと、食べられないものがあります。

食べられるのは「果樹用」の「実ウメ」という品種、食べられないのは「鑑賞用」の「花ウメ」という品種です。

 

池上梅園の実ウメには、白梅である「白加賀」や「豊後」「豊後」などがあります。

 

因みに「白加賀」だとこのような梅酒が、「豊後」だとこのようなカリカリ梅があります。

それぞれの梅の特徴を生かした商品に加工されるのですね。

 

ご参考までに、「鑑賞用」の「花ウメ」には↓こんな感じでいろんな品種があります。


出典:大阪城パークセンター

 

スポンサーリンク

 

池上梅園には茶会のできる茶室がある

池上梅園には、茶会を催すことができる茶室があります。

茶室は、梅園入口に近い清月庵(せいげつあん)、奥にある聴雨庵(ちょううあん)の二つあります。

清月庵(せいげつあん)


出典:Pochori

聴雨庵(ちょううあん)


出典:むさしの散歩日記。

 

両方とも歴史的に貴重な建物なので、梅園に訪れた際は見に行ってみてはいかがでしょうか。

 

池上梅園の歴史は?


出典:http://blog.livedoor.jp/loghouse1jp/archives/51906367.html

 

池上梅園はもともと、個人の所有地でした。

その後の歴史を簡単に箇条書きにするとこんな感じです。

・現在の梅園の北半分を日本画家の伊東深水が所有

昭和20年の空襲で家が焼けてしまう

・伊東氏は、築地で料亭を営んでいた小倉誠氏に土地を譲る

・小倉氏が亡くなった後、ご遺族より東京都に譲渡

・その後大田区に移管

・大田区の区花が「梅(ウメ)」なので梅の木を植林

・池上梅園の誕生

 

スポンサーリンク

 

池上梅園へのアクセスは?

池上梅園までの、車と電車でのアクセスを紹介します。

車でのアクセスは?

首都高速 戸越ICから車で約8分です。

電車でのアクセスは?

都営地下鉄浅草線 西馬込駅より徒歩で約10分です。

 

東急池上線 池上駅より徒歩で約20分です。

 

スポンサーリンク

 

池上梅園の駐車場は?

専用駐車場は?

池上梅園には専用の駐車場があります

料金は30分/100円となります。

ただ、梅の見頃のシーズンは混雑しているので、専用駐車場の利用はあまり期待しない方がいいと思います。

近隣のコインパーキングは?

池上梅園の近隣のコインパーキングについては、下図を参照してください。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は池上梅園2019の

・開園時間や入園料
・見頃や開花状況
・梅園のマップ
・見どころ
・混雑具合
・茶室
・歴史

・アクセス
・駐車場

について、分かりやすくまとめてみました。

池上梅園へのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です