ひたちなか祭り花火大会2019の駐車場・交通規制・穴場・場所取りを徹底調査!

ひたちなか祭り花火大会は、茨城県ひたちなか市の自衛隊勝田駐屯地内で行われる花火大会です。

花火をほぼ真下から観賞することができ、音や振動が間近に感じられ、場所によっては花火のカラが降ってくるほど臨場感のある会場です。

フィナーレの「メロディー付きジャンボスターマイン」は、音楽と芸術的な花火がシンクロし、迫力満点。絶対に見逃せません!


出典:全国観るナビ

 

スポンサーリンク

 

ひたちなか祭り花火大会2018の日程や基本情報

打上日

2019年の日程は現時点では未公表でしたが、2018年は8/18(土)でしたので、2019年は8/17(土)あたりに開催されると予想されます。

雨天時は翌々日に順延(予定)

打上時刻 19:00~20:30
打上数 約3000発
トイレ あり(数は未定)

打ち上げ数こそ、3,000発と、さほど多くはありませんが、フィナーレの「メロディー付きジャンボスターマイン」は見逃さないようにして下さい。

 

ひたちなか祭り花火大会2019の駐車場

会場付近には無料駐車場は用意されていません。

また、花火大会当日は勝田駐屯地の東側道路で交通規制もかかるため、この辺りの有料駐車場は利用できるか不明ですし、有料駐車場が利用できたとしても、相当な混雑が予想されます。

会場近辺の駐車場が空いていない場合は、1~2駅分離れて、駅近の駐車場に停め、電車で移動するのも一つの手です。

例えば、

会場最寄の日工前駅からは一駅分離れますが、勝田駅近くのドン・キホーテ勝田店には、かなり大きなタイムズの駐車場があります。

料金は60分 200円、24時間 最大料金800円 です。

ご参考までに、勝田駅周辺の駐車場と、水戸駅周辺の駐車場を掲載します。

勝田駅周辺の駐車場

 

水戸駅周辺の駐車場

 

スポンサーリンク

 

ひたちなか祭り花火大会2019の交通規制

ひたちなか祭りは2日に渡って、会場付近で交通規制があります。

日時によって規制されるエリアが異なるため、車で行かれる場合は事前に確認しておいた方がいいでしょう。


出典:http://www.hitachinaka-fes.com/19/venue.html

 

スポンサーリンク

 

ひたちなか祭り花火大会201❾の穴場

花火大会当日、打ち上げ場所の勝田駐屯地内は大勢の人で賑わいます。

ですので、会場から離れてゆったりと花火を観賞したい、という方のために周辺の穴場スポットをご紹介します。

但し、低い位置までしか打ち上がらない花火もあり、勝田駐屯地の外に出ると見えない花火もあるので、ご承知置き下さい。

穴場① 東石川第一公園

勝田駐屯地から北に約400m離れた位置にある公園です。

樹木の影になって見えづらいポイントもありますが、メイン会場よりはゆったり観賞することができます。

会場からも近いので、花火の音や振動も間近に感じられます。

穴場② 長堀公園

勝田駐屯地から北東に約1.4km離れた位置にある公園です。

会場から多少離れるので、臨場感は減ってしまいますが、きれいな花火が見えます。

穴場③ ケーヨーデイツーひたちなか店

勝田駐屯地から東に約200m離れた位置にあるホームセンターの駐車場です。

花火観賞用に開放されているわけではなく、あくまでも車を駐車して観賞することになります。

会場から近いので臨場感は感じられますが、街路樹の影になって一部花火が見づらいポイントもあります。

 

↓3つの穴場をまとめた地図です。

 

以上、穴場を3か所紹介させていただきました。

ただ、この花火大会の最大のセールスポイントは「花火を真下から観賞できる会場」なので、できれば多少の混雑を我慢してでも、メイン会場の勝田駐屯地内で鑑賞されることをおすすめします。

 

スポンサーリンク

 

ひたちなか祭り花火大会2019の場所取り

打ち上げ場所の勝田駐屯地内は、花火打上げ時間が近づいてくるとかなり混雑します。

やはり、花火を真下から観賞できる会場は、全国探してもかなり珍しく、この花火大会には、それを見たくて来る人もいるくらいです。

駐屯地は15時にオープンとなります。

ですので、16時くらいまでに行ってレジャーシートで良い場所を確保しておきたいところです。

 

スポンサーリンク

 

おすすめグッズ

ひたちなか祭りを見に行く際、持って行った方がよいおすすめグッズをご紹介します。

虫よけスプレーは必須

会場は付近は夕方から蚊が多くなってきます。
ですので虫よけスプレーは絶対に持って行った方がいいです

せっかくのきれいな花火も、蚊を気にしていたら集中できませんからね。

人気のオーガニック虫よけスプレーがおすすめです。

 

 

 

まとめ

ひたちなか祭り花火大会は無料駐車場が整備されておらず、交通規制もあるため、電車で行った方が無難のようです。

それでも車で行きたい方は、今回の情報を参考にしていただければと思います。

そして、花火をほぼ真下から観賞することができる迫力満点の花火大会ということで、やはりメイン会場内から観賞したいところですね。

それでも、人混みを避けたいということであれば、今回ご紹介した穴場スポットをお役に立てていただければと思います。

どうぞ、楽しんできて下さい!!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です