Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

日田千年あかり2019を完全攻略!駐車場や交通規制、天領まつり大名行列も

日田千年あかり大分県日田市の豆田町で開催される竹灯籠の祭典です。

「重要伝統的建造物群保存地区」に指定されている豆田町の情緒ある街並みと、約30,000灯の竹灯篭の華やかな灯りが絶妙にマッチしたその姿は、とても幻想的で見る者を魅了します。

今回はこの「日田千年あかり」について厳選情報をどこよりも分かりやすく紹介してみたいと思います。


出典:たろすけ大分・雑感日記

 

スポンサーリンク

 

日田千年あかり2019の日程・会場

日田千年あかり2019の日程や会場は以下の通りです。

開催日

11/9(土)、11/10(日)
(毎年11月の第2土・日曜日)

開催時間

16:30~21:00

開催会場

花月川河川敷と、その南側の豆田町内各所

花月川河川敷の昼間の風景はこんな感じです

昼間の豆田町の風景です

こちらが会場案内図になります。

画像クリックで拡大できます

出典:日田市HP

 

↓過去の千年あかりの動画になります。

 

↓河川敷のパノラマ風景です


出典:http://panorama.pw/index.html

 

↓「あかり」の拡大画像です


出典:http://panorama.pw/index.html

 

スポンサーリンク

 

日田千年あかり2019の駐車場

日田千年あかりの駐車場については毎年臨時で、桂林小グラウンド、日田市役所、咸宜小、西部振興局など数箇所が開放されています。

ただ、これらの無料駐車場は早い時間から埋まってしまいます

というのは、同日開催の「天領まつり」がもっと早い時間から開催されるためです。

近隣の無料駐車場に確実に駐車されたい場合は、交通規制が始まる前の朝には到着して、天領まつりから1日かけて観光されるとよいと思います。

また、会場からは少し離れていますが、三隈川公園にも臨時駐車場が設置されます。

ここから会場まで無料のシャトルバスが出ているので、選択肢として考えてみてもいいかもしれません。(下図参照)

画像クリックで拡大できます

出典:日田市HP

 

スポンサーリンク

 

日田千年あかり2019の交通規制

 

千年あかりの開催期間中は会場付近で交通規制が敷かれます

千年あかりと同日に開催されている天領まつりの時間帯から交通規制されているエリアもあり、また日によっても時間帯や規制エリアが異なるので、下の図で確認してみて下さい。

画像クリックで拡大できます

出典:日田市HP

 

日田千年あかり2019のアクセス

日田千年祭り会場へのアクセスについては、車の場合と電車の場合を紹介します。

車でのアクセス

大分自動車道 日田インターチェンジより約5分です。

電車でのアクセス

JR日田駅より豆田町内のお祭り会場エリアまでは徒歩で約10分、花月川河川敷までは約20分です。

 

スポンサーリンク

 

日田市の名産品は要チェック!

日田市には、自然の恵みがたくさんつまった名産品があります。

ここではその代表的なものを紹介したいと思います。

大山町の梅干し

全国1200点の梅干しの中で最優秀賞を受賞、つまり「日本一」になったことのある梅干しです。
完熟の南高梅のみを使用したおすすめの一品。

日田天領水

言わずと知れた、世界有数の名水です。
「奇跡の水」と呼ばれる「ドイツのルデナウ」、「メキシコのトラコテ」と比較されるくらいの品質で、過去にはモンドセレクション最高金賞を受賞しています。

日田杉下駄

昔ながらの「杉下駄」。
実は日田市は杉下駄の生産量で日本一を誇ります。
品質はもちろんのこと、デザインにも力を入れていて、リピーターも多い人気の下駄です。

 

スポンサーリンク

 

日田天領まつり大名行列などのイベント

「日田千年あかり」が夜のイベントなら、「日田天領まつり」は昼のイベント。

下記の通り天領まつりが開催されています。

開催日

11/9(土)、11/10(日)

開催時間

9:00~21:00(予定)

開催会場

豆田町内と月隈公園周辺

天領まつりの会場図
画像クリックで拡大できます

出典:日田市HP

見どころは総勢200名以上の市民の方々が、大名や侍、着物など江戸時代の衣装を着て豆田町の街を練り歩く「大名行列」

市内の道路を練り歩くため、交通規制も行われます。(交通規制図参照)

これ以外にも天領まつりはイベントが盛りだくさんなので、いくつか紹介したいと思います。

大名行列

風情ある街並みを市民の方々が江戸時代の衣装を着て練り歩く光景は、まるで江戸時代にタイムスリップしたかのようです。

詳細タイムスケジュールは公表されていませんでしたが、ご参考までに、過去に行われた際のスケジュールは以下の通りでした。

出発

出発式(永山布政所跡小公園)→一新橋→上町通り→
大分銀行日田支店前→パトリア着(2時間後)

3時間後 パトリア出発→明治会館前→咸宜園前→みゆき通り→
御幸橋→永山布政所跡小公園着(4.5時間後)
4.5時間後 解散式

画像クリックで拡大できます

出典:日田市HP

飛脚レース

天領まつりの会場を和装して駆けるリレーマラソン大会です。

たすきの代わりに飛脚箱をつないでいくので、飛脚レースというようです。

パンフレットには「武士やお姫様に扮して・・・」と記載がありますが、実際はそれ以外の様々なコスプレでの出場者が多数いるようです。

 

スポンサーリンク

 

時代衣装で町歩き


出典:日田市HP

豆田まちづくり歴史交流館「雑木林」にて、町人や町娘、武士等の衣装を無料で借り(着付け込み)、江戸時代に生きた人々になりきって、お祭りの会場内を自由に歩くことができます。(制限時間1時間)

「雑木林」の場所は下の地図を参照して下さい。

屋台


出典:日田市HP

永山布政所跡小公園に屋台が出ています。

地元の自治会や飲食店、高校生達が様々なメニューを出しています。

弘前ねぷたの出陣は?

2017年7月に日田市が豪雨災害で被害を受けたことで、遠路はるばる青森の方から「その復興支援をしたい」という申し出があり、豆田町内を、弘前市のねぷたが練り歩きました。

弁慶と義経をテーマにした高さ4・6メートルのねぷたを始めとし、直径約1メートルの太鼓や笛などのはやし方らも含め、約20人が駆け付けたようです。

そして、2018年も以下の日程で弘前ねぷたが出陣しました。

土曜日 18:00~20:30頃
日曜日 10:00~11:00頃

詳細は下記にてご確認下さい。

画像クリックで拡大できます


出典:おいでひた.com

 

スポンサーリンク

 

まとめ

夜のイベントである「日田千年あかり」、昼のイベントである「日田天領まつり」と、見どころ満載のこのイベント、是非観光で行かれてみてはいかがでしょうか。

昼間の江戸時代にタイムスリップしたような光景から一転、夜は幻想的な光の演出で、1日いるだけで忘れられない体験ができると思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です