Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

河口湖紅葉まつり2018を完全攻略!混雑・渋滞・アクセスや、もみじ回廊など

シェアする

富士河口湖紅葉まつりの「もみじ回廊」「紅葉トンネル」は、秋の紅葉狩りで一度は行っておきたい名所です。

富士山の麓にある富士五湖の一つ 河口湖の湖畔で11/1~11/23の間に行われる、幻想的な紅葉イベント。

今回は、この富士河口湖紅葉まつり2018について、厳選情報をどこよりも分かりやすく紹介してみたいと思います。

出典:アマチュア写真ブログ

スポンサーリンク

富士河口湖紅葉まつり2018の日程・時間・場所

2018年の日程・時間・場所については下記の通りです。

日程

11/1~11/23

時間

9:00~19:00
(ライトアップは22:00まで)

場所

河口湖北岸

下図の赤色のポイント「もみじ回廊」「紅葉トンネル」です。

黄色のポイントは他のおススメポイントです。下の方で紹介しています。)

スポンサーリンク

富士河口湖紅葉まつり2018の見どころ

見どころは、幻想的な美しさを醸し出す「もみじ回廊」と、道路沿いの紅葉に思わず見とれてしまう「紅葉トンネル」です。

それでは、この二つの見どころポイントについて紹介していきたいと思います。

もみじ回廊


出典:NOAIDEA.ME

富士山から流れ出て河口湖へつながる「梨川」という川の土手に約150mの長さで、もみじの木が回廊状に連なっています。本数としては約60本と言われています。

16:30~22:00はライトアップもされ、昼と夜で表情が変わるため、昼間に見てから周辺を観光し、夜にまた戻って来るという人も大勢います。

↓もみじ回廊の紹介動画です。1:30ほどの動画ですが、様子がよく分かります。

↓こちらは、ライトアップの様子が分かる動画です。

また、地元の特産品や農産物の販売、クラフト市、JAZZフェスティバルなども開催されます。

画像クリックで拡大できます。

出典:河口湖.net

もみじトンネル


出典:やっぱり君が好き

「紅葉トンネル」とも呼ばれており、大人気の撮影スポットとなっています。

紅葉の背景に富士山が写りこむという絶好のショットが撮れるため、全国各地から多くの観光客が訪れます。

「トンネル」という言葉から上下左右 もみじに囲まれたようなシーンを想像しがちですが、そのような感じではありません。紅葉と富士山の対比の美しさが際立つスポットとして見に行ってみて下さい。

もみじ回廊から車で約10分です。

(ライトアップイベントは行っていません)

↓もみじトンネルを車で抜けていく動画です。とても分かりやすいですよ。

スポンサーリンク

おすすめの近隣スポット

富士河口湖紅葉まつりは「もみじ回廊」と「紅葉トンネル」が有名ですが、それ以外にもおススメの観光スポットがたくさんあります。

場所については、下図の黄色のポイントを参照して下さい。

留守ヶ岩近く


出典:河口湖.net

「もみじトンネル」と同じように、紅葉と富士山をワンカット内におさめられる、絶好の撮影スポットです。

サニーデリゾートの駐車場


出典:河口湖.net

こちらも、もみじと湖と富士山をきれいに写真におさめられるスポットです。

他のスポットが駐車場から距離があるのに対して、ここは、車で直接アクセスできます。

湖畔の一本もみじ


出典:河口湖.net

湖畔に大きなもみじの木がポツンと立っており、印象的です。

富士山に向けてカメラを構えた時、河口湖内に浮かぶ「うの島」という島も同じカット内におさめることができる貴重なスポットです。

河口湖円形ホール付近の湖畔

出典:河口湖.net

広い湖畔を移動しながら、周りにある紅葉を色んなアングルで撮影できるスポットです。

天下茶屋


出典:富士五湖ぐるっとつながるガイド

もみじ回廊からは車で20分と、少し離れてはいますが、河口湖畔沿いの紅葉スポットとは異なり、山の上から河口湖の絶景を楽しめるスポットです。


出典:富士緑の休暇村HP

そして、実はこのお店、絶景スポットとしてもおススメなのですが、太宰治の小説「富嶽百景」の舞台になった老舗の有名店です。

「ほうとう」の歴史あるお店で、味もおいしいと評判ですし、お店の2階には「太宰治文学記念館」が併設されています。

(天下茶屋HP参照)

以上、おススメの近隣スポットの紹介でした。

「もみじ回廊」、「紅葉トンネル」だけでなく、これらの絶景スポットもあわせて、行ってみてはいかがでしょうか。

お子さんと一緒なら、このようなコンパクトでかさばらない双眼鏡があるとなお、便利かもしれませんね。

スポンサーリンク

富士河口湖紅葉まつり2018の混雑状況

富士河口湖紅葉まつりの混雑状況は、ざっくりとグラフにするとこんな感じです。

紅葉まつり開始の9時くらいまでは余裕を持って駐車できますが、昼頃に渋滞します。

その後、15時頃には若干空きますが、16時頃からはライトアップを見に来る観光客で混雑し、19時頃までは大勢の観光客で賑わっています。

スポンサーリンク

富士河口湖紅葉まつり2018の駐車場

もみじ回廊の駐車場

もみじ回廊の臨時駐車場が4箇所設置されます。

第一駐車場→会場まで徒歩8分

第二駐車場→会場まで徒歩5分

第三駐車場→会場まで徒歩5分

第四駐車場→会場まで徒歩12分

それぞれの駐車場の位置については下の地図を参照して下さい。

もみじ回廊:赤第一駐車場:黄第二駐車場:紫第三駐車場:緑第四駐車場:青

もみじトンネルの駐車場

もみじトンネルには約20台の無料駐車場がありますが、紅葉祭り開催期間中は大変混雑しており、駐車できないことが多いです。

また、もみじ回廊方面から行くと中央分離帯があり、右折入庫できません。

中央分離帯が無くなるところまで行き、Uターンする必要があります。

↓この道の左側を進んでいくことになります。

スポンサーリンク

富士河口湖紅葉まつり2018のアクセス

もみじ回廊までのアクセスを紹介します。

車の場合

●首都圏方面からのアクセス

中央自動車道河口湖I.C下車15分

東名自動車道御殿場I.C→138号線→須走I.C→東富士五湖道路 富士吉田I.C下車15分

●東海・長野・中京方面からのアクセス

中央自動車道一宮御坂I.C下車 約30分

東名自動車道富士I.C下車 約70分

バスの場合


出典:富士急バスHP

河口湖駅から、富士急行バス 河口湖周遊バス(レッドライン)に乗車

「久保田一竹美術館」前のバス停で下車してすぐです。

バスは約15分間隔で出ています。

「河口湖駅」-「久保田一竹美術館」間で、片道380円です。

タクシーの場合

河口湖駅から約10分(約2,000円)

スポンサーリンク

この記事を読んだ方におススメの記事

「秩父夜祭を完全攻略!」

「八王子いちょう祭りを完全攻略!」

まとめ

富士河口湖紅葉まつりは、「もみじ回廊」や「紅葉トンネル」をはじめ、紅葉観光の宝庫とも言えるイベントです。

紅葉と河口湖と富士山、昼と夜で異なった表情を見せる「もみじずくしの空間」など、贅沢な旅になること間違いなし。

今年の秋は富士河口湖紅葉まつりに出かけてみてはいかがでしょうか。