Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

ダーツの持ち方やフォーム間違ってない?一人練習で上手くなるコツは?

 

この記事は3人の人のために書きました。

・ダーツ初心者で、回り道せずに上手くなりたい人

・ダーツをそれなりに練習したけど、伸び悩んでいる人

・あるレベルまでダーツの実力がついたけど、更にレベルアップしたい人

 

ダーツの一人練習で上手くなるコツってあるの?

ダーツが上手くなりたい人は、まずはひたすら投げるのではなく

結果に結びつく練習法を見つけるところから始めた方がいいでしょう。

 

では、そもそもなんですが・・・

 

結果の出やすい「ダーツの練習法」ってあるのでしょうか?

一般的には↓こう言われています。

 

ダーツの基本フォームは?

まず、ダーツの基本フォームについて調べてみると・・・

 

最初に出てくるのが

「日本ダーツ協会」さん

ですね。

 

そこに紹介されている内容をまとめると、こんな感じでしょうか。

 

ダーツの持ち方は?

ダーツの持ち方は↓こうです。


出典:https://www.darts.or.jp/darts/throwing/

ポイントは

・バレル部を親指と人差し指で持ち、中指をそえる。

・それぞれの指の力のバランスが大事

です。

 

「鉛筆持ち」に近いですね。

 

立ち方は?

立ち方は大まかに3種類あり・・・

 

正面型

側面型

中間型

出典:https://www.darts.or.jp/darts/throwing/

正面型、側面型、中間型と色々あるけど、

投げやすい立ち方でOK

 

だそうです。

 

ダーツの投げ方は?

ダーツの投げ方は↓こうです。


出典:https://www.darts.or.jp/darts/throwing/

 

・脇を軽く締め、肘を固定して支点にする。

・頭や体を動かさず肘から先だけの動作で投げる。

 

だそうです。

 

これで、「基本フォームはこうなんだな」と頭では理解できましたね。

 

一人練習の方法は?

では、この基本フォームを理解した上で実際に練習してみましょう!

ということになるのですが、どのような練習をすればよいのでしょうか?

 

これについても、やはり最初に出てくるのは

「日本ダーツ協会」さん

ですね。

 

そこで紹介されている練習方法を簡単にまとめると・・・

 

① 投げ入れる範囲の目標を定め

② そこに入るようになったら目標範囲を狭めていき

③ 最終的には、高得点の狭いエリアを狙えるようにしていく

 

というものです。

 

・・・

 

「そりゃそうですよね・・・」

 

図解すると↓こんな感じですよ。

下の図の黄色で着色したエリアを狙ってダーツを投げ入れていき、徐々に黄色のエリアを限定していくというわけです。

難易度1

難易度2

難易度3

難易度4

難易度5

表中画像の出典元:https://www.darts.or.jp/darts/practice/

 

基本は理解できた。

あとはひたすら一人で反復練習あるのみ!

上手い人のマネもしてみよう!

 

これ、すごく効率悪いです。

 

こんな練習方法で本当に上達するのか?

結論から言うと、時間をかければ一定レベルまでは上達することができるでしょう。

努力は嘘をつきませんので、投げた回数だけ比例的に上手くなります。

 

ですが・・・です。

 

反復練習で達することができるのは、あくまでも一定レベルまでです。

 

これって、何かと似ていると思いません?

 

ダーツとゴルフの練習は似ている

ゴルフ経験者がよく言うセリフ

ここで、ゴルフ初心者の練習方法について考えてみたいと思います。

 

とにかくクラブを買い揃え、打ちっ放しに通い、下手くそなりにコースを回り・・・

と年数と回数を重ねれば、誰でも「恥ずかしくない」レベルには到達できます。

 

しかし誰しも一度は聞いたことのある、ゴルフ経験者のこのセリフ。

 

「初心者のうちにスクールに通っておいた方がいい」

 

このセリフの意味するところは

 

「自己流で練習してヘンな癖がつくと、後で修正するのは難しい」

 

ということです。


出典:Honda GOLF

 

ゴルフで必要なのは正しいフォームを固めること


出典:http://golfee.jp/kmakimura/9308

 

ゴルフを自己流で練習することの弊害は、「正しくないフォーム」が見についてしまうことです。

「正しくないフォーム」でもある程度の結果は出てしまうため、多くの人は自己流で始めてしまいますが、あるレベルから上を目指すなら最初からスクールに通って「正しいフォーム」を固めてしまった方が絶対にいいですね。

しかも、上手くなるまでの時間も回数も少なくて済みますし。

 

あとはスクールに通う費用との相談ということになるでしょう。

 

ダーツでも必要なのは正しいフォームを固めること

 

「正しいフォームを固めることが、上達への最短ルート。」

 

この考え方はダーツにも、そっくりそのまま当てはまります。

 

何故か?

 

例えば、野球やサッカー、テニス、卓球など、動いているボールを扱う競技であれば・・・

もちろん基本的なフォームはありますが、状況に応じて動き方を変えなければなりません。

 

↓変化するボールを打つ野球

↓状況判断しながらボールを扱うサッカー

 

しかし、ゴルフのように止まっているボールを扱う場合はどうでしょうか。

バンカーのようにイレギュラーなシーンもありますが、基本的なスイングのフォームは変える必要がありませんね。

 

↓止まっているボールを打つゴルフ

 

ダーツも一緒です。

 

止まっているダーツボードに向かって、自分が持っているダーツを投げるという、毎回同じフォームを要求される競技ですね。

 

↓止まっている的に自分が持っているダーツを投げ入れる競技

 

 

ダーツ初心者が陥りがちなNG練習法

 

では、「正しいフォーム」を固めるにはどうしたらよいでしょうか?

 

ゴルフと同じように、ダーツのスクールに通いますか?

お金をかけられる人はそれもいいかもしれません。

 

でも、スクールに通わずに自己流で練習する方は、こんな練習はやめた方がいいです。

特に初心者の方、お気をつけ下さい。

 

・狙ったところに入れる練習を一生懸命続ける

・練習はメリハリを付けるために時間を区切ってダラダラしない

・本番を想定して、点数を意識して練習する

 

・・・

 

「え?」と思いました?

 

常識を覆すような話ですが

こんな練習していると「正しくないフォーム」が身に付いてしまうリスクがあります。

 

おすすめの一人練習法

一人練習で、圧倒的な成果を出している方法があります。

その内容を少しだけ紹介すると、

・全員に共通する最短ルートで上達する「基本形」

・突然三本まとまるようになる、あるポイント

・紙とペンを使って、上達速度を上げる

・トッププレイヤーの投げ方をモノにする「コツ」

・リリースポイントが100%分かるようになる

・「スランプ」「伸び悩み」をすぐに抜け出せる

 

これはほんの一例に過ぎません。

 

本当に効率よくダーツが上達したい方は

こちらの情報をご覧下さい。

 

まとめ

ダーツ初心者の方は、「基本のフォーム」を理解し、一人でとにかく反復練習するのはおすすめできません。

ヘンな癖がついていない初心者の段階だからこそ「正しいフォーム」は身に付けやすいですし、そのためのわずかな投資で、上達スピードが早くなり、結果的に「今現在上手い人」を追い抜くこともできてしまいます。

上手くなるコツを最短でつかみたい方は、こちらをご覧になるのもおすすめです。

 

 

因みに、こちらは このようにamazonでも販売されていますが・・・

 

結論から言うと、公式サイトで購入されることをおすすめします。

 

公式サイトで購入すると、

DVDに収めきれなかった重要な内容をまとめた小冊子が、「初回購入者様限定特典」という形でついてきます。

販売金額も、どちらも同じなので差はありません。

同じ金額であれば、内容が充実していた方がいいですよね。

 

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です