Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

だだおし2019を完全攻略!おすすめの見どころや時間。奈良の長谷寺

この記事ではだだおし2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

 

だだおしは奈良県の長谷寺で開催される鬼退治の祭礼です。

3匹の鬼が境内を暴れ回るシーンは迫力満点で一見の価値があります。

今回はだだおし2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います


出典:http://www.lint.ne.jp/nomoto/PHOTOSALON/kinsatu_1202.html

 

スポンサーリンク

 

だだおし2019の日程、時間、場所は?

日程、時間、場所は以下の通りです。

日程

2/14(木)

時間

15:00~

入山料

500円

場所

長谷

だだおしの歴史


出典:https://koza5555.exblog.jp/17319243/

「だだおし」は大和時代から続く伝統的なお祭りです。

大和時代の古寺では年の初めに

・国家繁栄を迎えるための「任王会」

・人々の過ちを懺悔するための「修正会」

などが行われていました。

そして、修正会の締めに行われるのが「だだおし」でした。

「だだおし」では鬼退治をしてこれから迎える春の幸運を願います

昔は午後6時に行われる夜の儀式でしたが、最近では観光色が強くなってきており、参拝者の都合を優先して午後3時から開始されています。

 

スポンサーリンク

 

奈良を代表する火祭り「だだおし」の語源

だおしにはたくさんの意味があって人それぞれ捉え方が違うのに、どんな意味でとらえても楽しめるお祭りです。

ここでは語源について紹介します。

「だだだ・・・」という「音」説

 

鬼退治の際に鳴り響く「だだだ・・・」という音に由来するという説です。

「檀拏押し」説

長谷寺の開基 徳道上人が閻魔大王より授かったとされる檀拏印(だんだいん)」を人のおでこに押す「檀拏押し(だんだおし)」という説です。

閻魔大王が使う「だだ」に似ている説

閻魔大王が地獄へやってきた人に対して、その人が生前行ってきたことに対して制裁をくわえるときに使う道具に「だだ」というものがあります。

人々の罪を悔い改める願いも込めて鬼退治をすることから、「だだおし」になったという説です。

 

スポンサーリンク

 

だだおし2019の見どころは?

「だだおし」は鬼が登場して暴れ回り、退治されて退却する、というストーリーになっていますが、その中でもいくつかの見どころがあります。

ここではおススメの見どころについて紹介したいと思います。

主役は3匹の鬼


出典:長谷寺便り

「だだおし」のメインイベントは3匹の鬼が登場する場面です。

これはいわゆる鬼退治のイベントです。

暴れまわって危害を与える3匹の鬼に対して僧侶たちが長谷寺で200~300年育った気を燃やして作る大松明で追い払います。


出典:大和路写真帳

鬼を追い払う=罪や過ちを悔い改める、という意味が込められており、人々の安泰や近々やってくる春に備えて豊作を祈ります。

 

うなり声を上げて鬼が登場

3匹の鬼が登場するのは16:00ごろなので、この時間までに礼堂に入るようにしておきましょう。

15:00からは礼堂で「宝印授与」と言って、大導師が宝印を受け取り、神様・僧侶・一般の参拝客の順に宝印をおでこに押していく儀式があります。

その後お坊さんから「だだおし」やお寺についてのお話があります。

ここで入ってくるお坊さんは悔過導師(けかどうし)といわれ、長谷寺に祭られている菩薩に対して儀式を行います。

そうこうしているうちに、太鼓とうなり声が堂内に響き渡ってきます。

そしてついにメインイベント、3匹の鬼の登場です。

↓鬼の登場シーンから始まります。

まずは緑・青の鬼が暴れ回る!


出典:http://joysite.jp/obanet/topics08.html

60センチ以上もある大きなお面を付けた鬼が暴れ回る姿は迫力満点。

最初は緑と青の鬼が出てきて参拝者に襲い掛かるそぶりを見せたり、堂をよじ登ろうとするしぐさも見せたりと、これが「だだおし」の名物シーンになっています。

100キロを超える大松明


出典:ホテルサンルート奈良

鬼が暴れまわっているところに僧侶たちが鬼退治を始めます。

僧侶たちは「大松明(おおたいまつ)」という長さ4.5m、重さ120Kgの巨大なたいまつを担いで鬼へ立ち向かいます。

このたいまつに使われる木は長谷寺の山から伐採されたもので樹齢はなんと200~300年の大木です。


出典:https://koza5555.exblog.jp/17294333/

大松明は大勢の男の人がかついで行くのですが、その火力の強さは他のイベントでは見られないほど強力なものです。

前列の参拝者は火の粉がかかることもあるので、セーターなど燃えやすい素材の服を着ていかないようにして下さい。

また、大松明の火の粉は強すぎるので、松明のうしろからお坊さんが水をかけて火事にならないように一緒に歩きます。

それでも火の粉は危険なので、参拝に行く際は十分に気を付けることを忘れないようにしてくださいね。

この炎の火の粉に追われ、大松明とともに堂内の周りを沿うように緑鬼と青鬼が逃げ回り、最終的にどこかへ逃げ去っていきます。

クライマックス 赤鬼が登場


出典:http://pinbokejun.blog93.fc2.com/blog-entry-188.html

メインイベントのクライマックスは、赤鬼の登場です。

緑・青の2匹の鬼が退散した後、待ってましたとばかりに赤鬼が登場してきます。

松明の火の粉をかぶりながら、先ほどの緑・青の鬼より更に荒々しい動きで参拝者を威嚇して回ります。

そんな赤鬼を、僧侶たちは大松明を持って追いかけ回し、堂周りを3周します。

ここがシャッターチャンスとなりますので、逃さないようにご注意下さい。

3周した後は赤鬼も退散し、松明は東の納経所前で消火、ここでイベント終了となります。

松明の燃えカスはご利益があるという言い伝えがあり、記念に持ち帰る人も多いようです。

↓赤鬼の追回しシーンからスタートします。

 

スポンサーリンク

 

おすすめの服装や持ち物は?

この季節は日本全国的に冷え込みが激しく、ここ奈良も然りです。

そのため、防寒対策はしっかりと怠らないように注意してください。

個人的におすすめなのは、底冷え対策のできるこのアイテム

 

それ以外にも、更に安価なものも含めてこのような季節に重宝するアイテムを徹底的に調べてまとめた記事が↓こちら

 

「末端冷え性の対策グッズ!寒いレジャーにおすすめの手袋や靴下を比較」

 

よろしければ参考にしてみて下さい。

だだおし2019のアクセスは?

長谷寺までの、車と電車でのアクセスを紹介します。

車でのアクセスは?

名阪国道 針ICから車で約30分です

電車でのアクセスは?

近鉄長谷寺駅から徒歩で約20分です。

だだおし2019の駐車場は?

専用駐車場は?

長谷寺の専用駐車場を利用することができます。

台数・料金は以下の通りです。

収容台数

70台

料金

単車

200円

普通車

500円

マイクロバス

800円

中型・大型バス

2,000円

近隣の有料駐車場

長谷寺付近には有料駐車場があります。

下記の表と地図を参照して下さい。

駐車場名

営業時間

台数

料金

長谷寺へ
徒歩時間

境内前
パーキング

24時間

7台

1回500円

1分

豊森駐車場

9:00~1700

60台

1回500円

5分

岸本駐車場

9:00~17:00

20台

1回500円

6分

いせ辻
駐車場

24時間

36台

12時間500円
(4/29~5/6は
12時間500円)

8分

山口駐車場

7:00~19:00

12台

1回500円

18分

初瀬観光
センター

9:00~17:00
(火・水休み)

50台

1回500円

19分

赤色:長谷寺黄色:境内前パーキング青色:豊森駐車場紫色:岸本駐車場緑色:いせ辻駐車場茶色:山口駐車場黄緑色:初瀬観光センターです。

だだおし2019の交通規制は?

だだおし開催期間中の交通規制情報はありませんでした。

但し、会場付近は混雑している可能性があるので、お車で行かれる場合はご注意下さい。

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方におススメの記事

「東大寺のお水取りを完全攻略!」

「若草山の山焼きを完全攻略!」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回はだだおし2019の

・日程、時間、場所
・語源
・見どころ
・アクセス
・駐車場
・交通規制

について、分かりやすくまとめてみました。

だだおしへのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です