Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

熱海梅園 梅まつり2019を完全攻略!開花状況や見頃、駐車場やアクセスなど

この記事では、熱海梅園の梅まつり2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

 

「日本一早咲きの梅」で有名な熱海梅園は、樹齢100年を超える古木、59品種・472本の梅が咲き誇る、日本を代表する梅園です。

今回はこの、熱海梅園で開催される「梅まつり2019」について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。


出典:旅ぐるたび

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園 梅まつり2019の日程、時間、場所は?

日程、時間、場所は以下の通りです。

日程

1/5(土)~3/3(日)

時間

8:30~16:00

場所

熱海梅園
(静岡県熱海市梅園町8-11)

熱海梅園 梅まつりの入園料金は?

梅まつり開催期間中の開催時間は入園料が必要となります。

料金は下記の通りとなります。

区分

料金

一般客

300円

団体客/11名以上

200円

熱海市民・
熱海市内宿泊者

100円

※熱海市民・市内宿泊者の料金を適用するには身分証明書や宿泊先の分かるものが必要です。

※料金は、「梅まつり開催期間中の開催時間のみ」かかります。

※8:30~16:00の時間帯以外は無料で入場できます。

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園 梅まつりの見頃と開花状況


出典:アカオリゾート公園

熱海梅園では毎年11月下旬~12月上旬に第一号の梅の花が開きはじめ、それから徐々に開花していきます。

早咲き・中咲き・遅咲きとそれぞれの時期に開花していくので、 お祭り期間中いつ行っても梅を楽しむことができます。

早咲き・中咲き・遅咲きが一致するタイミングは、2月中旬になります。この時期が1番のオススメです!

最新の開花状況が知りたい方は、一般社団法人熱海市観光協会のFacebook(https://www.facebook.com/motto.ataminews/)で随時紹介されていますので、チェックしてみてくださいね。

●早咲きの梅

1月中旬から2月中旬に咲き、以下のものを含む全19品種です。


冬至梅


八重寒紅


八重野梅


鹿児島紅

玉牡丹

 

表中画像出典:熱海梅園梅祭りHP

 

●中咲きの梅

1月下旬から3月上旬に咲き、以下のものを含む全21品種です。


小梅系


長束


大盃


鶯宿

青軸

 

表中画像出典:熱海梅園梅祭りHP

 

●遅咲きの梅

2月中旬から3月上旬に咲き、以下のものを含む全19品種です。


白加賀

紅千鳥


思いのまま


乱雪


月影

 

表中画像出典:熱海梅園梅祭りHP

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園内の梅の品種は?

園内には59品種472本の梅が植えられています。

472本のうち、

早咲き

272本

中咲き

104本

遅咲き

96本

です。

全59品種のうち、八重寒紅(やえかんこう)や八重野梅(やえやばい)などは園内に60本以上と多く植えられていますが、曙(あけぼの)や東錦(あずまにしき)などの18品種は1本ずつしか植えられていないものもあります。

園内の梅を見比べてみるのも楽しみですね。

 

おすすめの梅の木「思いのまま」

熱海梅園には、珍しい梅の木「思いのまま」があります。

これは、一本の木に紅白の花が混在する品種の梅で、花の咲き方を人間にはコントロールできないことから、「思いのまま」という名がついたようです。

↓「思いのまま」 1本の木に紅白の花が咲いています。


出典:https://www.micuras.jp/blog/5949


出典:熱海ネット新聞

熱海梅園に行った際は、是非この「思いのまま」を探してみて下さい。

 

因みに、珍しい梅花ではありますが、このように販売されている「思いのまま」もあります。

鉢植えのままでも2年ほどで開花するようですよ。

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園の園内マップを紹介!

梅園内を回るには園内マップがあると便利ですね。

ということで、園内マップをこちらにアップしたので、ご参照下さい。

画像クリックで拡大できます。


出典:熱海市HP

 

熱海温泉街のルートマップも紹介!

熱海温泉街に宿泊されている方も大勢いらっしゃると思いますので

こちらもあわせて紹介しますね。

画像クリックで拡大できます。


出典:熱海市HP

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園 梅まつり2019の見どころは?

イベントは主に熱海梅園祭開催期間中の土日と祝日に実施されます。

ステージイベント


出典:ケンさんの探鳥記

中央広場のステージで、熱海囃子や熱海芸妓の演芸、和太鼓、南京玉すだれ、歌謡ショー、琴の演奏、大道芸などが行われます。

↓和太鼓の演奏は迫力がありますね。

新春梅見落語会


出典:平鶴

香鈴亭で1日2回、11:00〜と13:00〜に落語会が開かれます。

甘酒無料サービス

毎週日曜日に正面入口で11:00〜と13:00〜

甘酒の無料配布が行われています。

ミス熱海撮影会


出典:https://ameblo.jp/lovin815/entry-12131208333.html

毎週日曜日に正面入口で行われています。

(一部日程が変更になりますのでご注意ください)。

 

その他、大道芸や熱海まち歩きガイドの会による園内ガイドは、梅まつり開催期間中、毎日実施しています。


出典:熱海梅園梅まつりHP

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園内のオススメ施設

熱海梅園には梅以外にも「梅見の滝」、「中山晋平記念館」、「韓国庭園」、「澤田政廣記念美術館」などおススメの施設があります。

梅見の滝


出典:http://hobby-design.com/ume/11.html

梅見の滝は高さ13メートル、幅28.5メートルと大きな人工滝です。

滝の裏側に道が通っているため、流れ落ちる滝の裏側から園内景色を見ることもできます。

四季の移ろいが感じられるので梅まつりが開催されていない時期でも楽しめそうですね。

中山晋平記念館


出典:http://pichori.net/Travel/12/atami_baien4.html

明治から昭和にかけて活躍した天才作曲家 中山晋平の旧居宅です。

「てるてる坊主」「肩たたき」「シャボン玉」など数多くの楽曲を手がけました。

館内には、作曲に使用したピアノや、直筆の譜面、当時のレコードなど貴重品が展示されています。

通常は木曜日が休館日ですが、梅まつり期間中は無休です。

韓国庭園


出典:https://www.oshimazoen.co.jp/works/park

2000年(平成12年)9月23日に熱海市で開催された日韓首脳会談の翌日に、森総理大臣と金大統領が梅園を訪れ園内を散策しました。

これを記念して、翌2001年(平成13年)に竣工した庭園です。

おおよそ400年前の韓国の伝統的様式と手法が取り入れられています。

澤田政廣記念美術館


出典:https://tabisuke.arukikata.co.jp/mouth/116733/

梅園に隣接しているのが熱海出身の文化勲章受章者・澤田政廣(さわだせいこう)の代表作品を集めた澤田政廣記念美術館です。

通常は月曜日が休館日ですが、梅まつり期間中は無休です。

熱海の海辺に育ち19歳で彫刻家を志し、93歳で没するまで、数多くの木彫作品・絵画・墨彩・陶芸・版画・書など、あらゆる芸術の領域にわたる創作物が展示されています。

因みに、澤田政廣のお弟子さんには、このようなひな人形をつくる職人の方もいらっしゃるようで、色んな人から師事されたようですね。

 

スポンサーリンク

 

梅園内には足湯もある!


出典:http://atamii.jp/today/post-21865/

園内「韓国庭園」の近くには足湯が設置されており、梅まつり期間中の10:00〜16:00に利用することができます。

7~8人が座れるスペースで屋根がついていますので、小雨でも利用可能です。

園内を散策して疲れた頃に入る足湯はまた格別ですね。

尚、タオルを忘れた方でも、梅園入り口の「案内所」又は「足湯コーナー」で購入することができます。

タオルは1本100円となります。

 

熱海梅園周辺のリーズナブルで人気のホテル

熱海梅園周辺で比較的リーズナブルで人気のホテルを集めてみました。

ご旅行で行かれる方は参考にしてみて下さい。

かんぽの宿 熱海
全客室に広いリビングとバルコニー・お風呂があり、相模湾と熱海の夜景を一望できます。
もちろん大浴場も完備されており、ゆったりとした時間を過ごすことができます。

熱海 ホテルパイプのけむり
セルフサービスを取り入れることで価格を抑えたリーズナブルなホテルです。
夕食のファミリーバイキングでの、ドリンク(アルコール含む)飲み放題は嬉しいポイント。

亀屋旅館
100%掛け流しの天然温泉や、自然の恵みを生かした手作り薬膳料理などがウリの旅館です。
部屋は川に面しており、川のせせらぎや、野鳥のさえずりなどがきこえてくることもあります。

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園 梅まつり2019のアクセスは?

熱海梅園までの、車、電車、バスでのアクセスを紹介します。

車でのアクセスは?

東名高速道路 沼津ICから車で約35分です。

電車でのアクセスは?

JR来宮駅から徒歩で約10分です。

バスでのアクセスは?

JR熱海駅バス亭 1番乗り場から「相の原団地」行きに乗車
約15分乗車後、「梅園」バス停で下車です。

熱海駅のバス時刻表は下記を参照してください。


出典:熱海梅園梅まつりHP

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園 梅まつり2019の駐車場は?

1/1~3/4の期間限定で、熱海梅園の前に駐車場が設置されます。

収容台数 100台
営業時間 8:30~16:30
駐車料金

普通車   :600円
マイクロバス:1500円
二輪車   :300円

熱海海園の駐車場は人気があるため、満車になることが予想されます。

ですので、来宮駅付近の駐車場も数か所案内します。

●来宮駐車場

収容台数 130台
営業時間 7:00~19:00
営業時間 108円/1時間

 

●ザ・パーク熱海水口町

収容台数 5台
営業時間 24時間
営業時間 【最大料金】
8:00-0:00 ¥700 
0:00-8:00 ¥400 
【時間料金】
8:00-0:00 ¥100 30分
0:00-8:00 ¥100 60分

 

●ショウワパーク来宮神社前

収容台数 8台
営業時間 24時間
営業時間

8:00〜22:00 60分¥200
22:00〜8:00 60分¥100
最大料金
8:00〜22:00 ¥700
22:00〜8:00 ¥300

それぞれの駐車場の位置は下図でご確認下さい。

赤:熱海梅園オレンジ:熱海梅園駐車場青:来宮駐車場紫:ザ・パーク熱海水口町緑:ショウワパーク来宮神社前です。

 

熱海梅園 梅まつり2019の交通規制は?

梅まつり開催期間中の交通規制情報はありませんでした。

但し、会場付近は混雑している可能性があるので、お車で行かれる場合はご注意下さい。

 

スポンサーリンク

 

熱海梅園の歴史

熱海梅園の歴史は、今から遡ること約130年。

内務省 初代衛生局長の長与専斎(ながよせんさい)という人が「梅園を作るぞ!」と提案したのが始まりです。

長与専斎


出典:後藤新平記念館

長与専斎は、あの有名な岩倉具視使節団の一員としてヨーロッパに渡り、国をあげて「国民の健康保護」を行っている姿を目の当たりにします。

↓岩倉使節団

出典:http://bakumatu.blog.jp/archives/25513314.html

そして帰国後、熱海の地に「国民の健康」に役立つ「温泉医療施設」を作ったのでした。

でも、長与専斎は考えます。

一日中室内にいて、温泉に浸かっているだけで本当に健康になるのか?適度な運動をすることも必要なのではないか?と。

そこで「適度な運動ができる娯楽施設」として作られたのが、「熱海梅園」というわけです。

当時の横浜の豪商・茂木惣兵衛という人が、長与専斎の考えに共感し、出資をして、梅を3,000株植えたようです。

今でこそ「熱海梅園」と呼ばれていますが、当初は「茂木氏梅園」と命名されました。

因みにこの熱海梅園、「紅葉絶景」に特集されるほどの紅葉狩りスポットでもあります。

秋にも見ごたえ十分の紅葉が楽しめそうですね。

 

スポンサーリンク

 

この記事を読んだ方に人気の記事

「浜松祭りを完全攻略!」

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は熱海梅園 梅まつり2019の

・日程、時間、場所
・見頃と開花状況
・梅の品種
・園内マップ
・温泉街のルートマップ
・見どころ
・オススメ施設
・足湯
・アクセス
・駐車場
・交通規制

について、分かりやすくまとめてみました。

熱海梅園 梅まつりへのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です