旭川冬まつり2019を完全攻略!歴代ゲストや花火、シャトルバス・駐車場など

この記事では旭川冬まつり2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

 

旭川冬まつりは北海道旭川市で開催される冬の祭典です。

北海道では札幌雪祭りに次いで2番目の規模を誇り、芸能人ゲストによるステージショーやギネス認定された大雪像など、見どころ満載のイベントです。

今回は旭川冬まつり2019について、厳選情報を分かりやすく紹介したいと思います。

 

 

旭川冬まつり2019の日程、時間、場所は?

日程、時間、場所は以下の通りです。

日程

2/6(水)~2/11(月・祝)

時間

9:00~21:00
(最終日は20:00まで)

場所

メイン会場

旭橋河畔

氷彫刻世界大会

平和通買物公園会場

紫色:旭橋河畔赤ライン:平和通買物公園会場です。

 

スポンサーリンク

 

旭川冬まつりの歴代ゲストは?

旭川冬まつりについて攻略していく前に、皆さんが気になる話題から入っていきたいと思います。

このお祭りの目玉の一つ、ステージイベントに登場した2008年以降の歴代ゲストをまとめてみました。

2008年

小島よしお など

2009年

狩野英孝、鼠先輩、アントキノ猪木 など

2010年

東京03、ゆってぃ、ジェロ など

2011年

水木一郎、ガチャピンとムック など

2012年

CLIFF EDGE、Rihwa、jyA-Me など

2013年

小島よしお、すぎちゃん など

2014年

錦野旦 など

2015年

やしろ優 など

2016年

とにかく明るい安村、どぶろっく など

2017年

永野、ホリ、柳ジュン など

2018年

ブルゾンちえみwithB など

「小島よしお」や「とにかく明るい安村」、「アントキノ猪木」は、寒空の中、やはり海パン一丁で登場しました。


出典:MABU NOTE 第3章


出典:デイリースポーツonline

さすがプロですね・・・

さて、2019年のゲストは誰になるのでしょうか。

 

スポンサーリンク

 

「旭川冬まつり」の会場案内図

JR旭川駅からメイン会場・氷彫刻世界大会会場までが入った案内図はこちらになります。

画像クリックで拡大できます。

出典:旭川市HP

 

メイン会場内の案内図については、2019年版が未公開だったため、現時点ではご参考までに過去に開催された際の案内図を紹介します。

画像クリックで拡大できます。

出典:旭川市HP

 

スポンサーリンク

 

「旭川冬まつり」の特徴は?


出典:ナイスタイム

このお祭りの特徴は何といっても見る者を圧倒する「大雪像」。

世界最大の建造物として1987年・1994年にギネスブックに認定されています。

毎年様々なテーマで芸術的な大雪像を製作しています。

大雪像以外にも市民からデザインを公募して作成するバルコニー雪像や氷彫刻世界大会、そして「雪遊び」を思う存分満喫できるアクティビティなど、見どころがぎっしりと詰まったお祭りです。

 

北海道で最大の冬の祭典と言えば「札幌雪まつり」(来場者約250万人)ですが、2番目に大きなお祭りは、この「旭川冬まつり」(来場者約100万人)なんです。

札幌市の人口が約200万人なのに対して、旭川市は約34万人。

人口規模からしても、旭川冬まつりの凄さが分かるかと思います。

 

スポンサーリンク

 

旭川冬まつり2019の見どころは?

旭川冬まつりには、大雪像や氷彫刻、特設ステージなどの鑑賞型のイベントから、雪と戯れるアクティビティの体験型イベント、そして冬マルシェというグルメイベントと、多くの見どころがあります。

ここでは、「旭橋河畔会場の見どころ」、「平和通買物公園会場の見どころ」、「旭山動物園の見どころ」に分けて、その魅力について紹介したいと思います。

旭橋河畔会場の見どころ

大雪像

メイン会場に造られる、世界最大規模の大雪像。

ここまでの規模の雪像は雪像アーティストが団体で臨んでも、なかなか作れないですね。

では、誰が造るのでしょうか。

実は、市内駐屯の陸上自衛隊第2師団の諸部隊が中心となり制作しているのです。


出典:http://www.dp-ask.co.jp/?p=1058


出典:四国新聞社

そして、制作日数はなんと約1ヶ月

これはもう、旭川市をあげての一大プロジェクトですね。

 

1987年の雪像「ガリバー城」は世界一大きな雪像としてギネスブックに載りました。

その後、1994年の雪像「韓国世界遺産・華城」がギネス更新しました。

↓華城


出典:https://291page.at.webry.info/200702/article_6.html

 

夜になるとライトアップされ、花火と雪像との幻想的で見事なコラボや、レーザーやプロジェクターの演出も楽しめます。

 

スポンサーリンク

 

アクティビティ・イベント

旭橋河畔会場には様々なアクティビティイベントが開催されており、「冬のワンダーランド」と呼ばれています。

ここでは、アクティビティの内容を紹介したいと思います。

アクティビティの受付時間・料金一覧

まずは、全アクティビティの料金と受付時間を紹介します。

受付時間については2019年版は未公表のため、例年のデータの基づく予想時間です。

アクティビティ

受付時間

料金

すべり台
「ぶんぶんスライダー」

2/11

9:00~17:00
19:30~20:30

無料

2/7~2/10

9:00~18:30
19:30~20:30

43142

9:00~17:00

スノージップライン

2/6~2/8
2/11

10:00~15:00

大人800円
子供500円

2/9、2/10

10:00~16:00

スノーバナナ・
スノーラフティング

2/6
2/9~2/11

10:00~19:00

1回300円

2/7、2/8

10:00~17:00

雪の巨大迷路

2/6~2/10

9:00~18:30
19:30~20:30

無料

2/11

9:00~18:30
19:30~20:00

ゾーブボール

2/6~2/11

9:00~16:00

1回500円

働く機械体験

2/6~2/8

9:00~12:00
13:00~15:30

無料

2/9、2/10

10:00~15:30

引き馬

2/6~2/11

9:00~12:00
13:00~15:00

1回700円

 

各アクティビティの紹介

次に各アクティビティの特徴を画像入りで紹介したいと思います。

すべり台「ぶんぶんスライダー」


出典:旭川市

世界最大級の長さ100mもある雪のすべり台です。

スピードがかなり出るので迫力満点!

小さなお子様用のすべり台2本あります。

雪の巨大迷路


出典:旭川市

雪で造られた巨大迷路は、子供から大人まで楽しめます。

スノーバナナ・スノーラフティング


出典:たびらい

雪の上をバナナボートで走ります。

ゾープボール


出典:旭川市

透明のゾープボールの中に入り坂道を転がります。

引き馬


出典:旭川市

馬に乗って会場を一望出来ます。

 

以上、各アクティビティの紹介でした。

 

スポンサーリンク

 

芸情人ゲストが登場する特設ステージ

旭橋河畔会場ではミュージシャンやお笑い芸人さんが登場する特設ステージが開催されます。

また、ステージでは、毎日フィナーレとして19:00から音と光とプロジェクター映像によるショーや、初日の2/6(水)と3連休の2/9(土)、2/10(日)、2/11(月))には花火も打ち上がります。

特設ステージのスケジュール

2019年のステージスケジュールは未公表のため、現時点では参考までに2018年版を紹介します。

画像クリックで拡大できます。

出典:旭川市HP

音と光とプロジェクター映像によるショー


出典:北海道で働く女社長の夫の蝦夷日記

雪像をバックにした、プロジェクションマッピングと音楽のコラボレーションのショーです。

↓クライマックスの1分間です。色が自在に変化していき、見ごたえがありますね。

ステージと花火のコラボ


典:村田の北海道の写真ブログ

プロジェクションマッピングとのコラボレーションで、花火が打ち上がります。

↓花火が始まるシーンです。志向を凝らした演出ですね。

冬マルシェ


出典:旭川市

旭橋河畔会場には「冬マルシェ」と題して、旭川をはじめ各地の美味しいお店が約30店舗出店するグルメイベントが開催されます。

毎年盛況で、心も身体も温まる多彩なメニューが楽しめます。

暖房が完備された「ほっ。とラウンジ」で休憩しながら食事も出来ます。

↓ご当地グルメとして定着してきた「しょうゆ焼きそば」


出典:北国さんじのブログ

 

↓冷えた身体に嬉しいホットチョコレート


出典:旭川市

 

スポンサーリンク

 

平和通買物公園会場の見どころ

世界唯一の公式大会!氷彫刻世界大会

氷彫刻の世界大会は、実はこの旭川冬まつりが唯一の「公式国際大会」となっています。

海外にも技術の高い氷職人さんはたくさんいますが、公式大会はここだけ、ということで海外からも大注目のイベントです。

日本国内だけでも約70人の氷彫刻家が、北海道~沖縄の日本各地から集まります。


出典:旭川市

最初は大きな氷柱から、約40時間にわたり削り出し作業を行い、完成した作品は「旭川冬まつり」の期間終了まで展示されます。

個人戦・団体戦があるので、様々な規模の彫刻が並ぶことになります。

夜には作品がライトアップされ、陰影がくっきり浮き出ることによって、昼間とはまた違った表情を見せてくれます。


出典:撮って置きの日々

ただでさえ精巧な造りの氷彫刻が、より一層美しく、そして幻想的な雰囲気で見る者を魅了します。

氷彫刻世界大会の会場図

氷彫刻世界大会はJR旭川駅前の緑橋通りで開催されます。

ここに25点ほどの氷像が並ぶのですが、会場のレイアウトについては、下図でご確認下さい。

画像クリックで拡大できます。

出典:旭川市HP

 

スポンサーリンク

 

旭山動物園の見どころ

雪あかりの動物園

正確には旭川冬まつりとは別のイベントですが、同時開催ということで一緒に紹介したいと思います。


出典:旭川市 旭山動物園

冬の夜、雪の静けさの中で息づく動物達と自然に触れ合う、というテーマで「雪明りの動物園」が同時開催されており、アイスキャンドルが、見学エリア内を優しく温かく照らしてくれています。

また動物園スタッフによるガイドや紙芝居、動物雪像や氷彫刻もあります。

開園10:30、閉園20:30、最終入園20:00となります。

園内マップは?

雪明りの動物園開催期間中の園内マップを紹介します。

画像クリックで拡大できます。

出典:旭川市HP

 

スポンサーリンク

 

旭川雪あかりの見どころ


出典:撮って置きの日々

「旭川冬まつり」の一環として行なわれる雪あかりのイベントです。

冬の風景を会場内の雪・氷・樹木・自然の素材を利用し、オブジェと光によって幻想的に演出します。

また会場以外の場所でも、家・学校・町内会・商店街等で行なわれ、街中が温かな雪あかりであふれています。

↓雪明りが開催されている会場マップです。

出典:あさひかわ雪あかりHP

 

旭川冬まつり 周辺のリーズナブルで人気のホテル

旭川冬まつり会場の周辺で比較的リーズナブルで人気のホテルを集めてみました。

ご旅行で行かれる方は参考にしてみて下さい。

くれたけイン旭川
朝食無料サービス、全室ロング&ワイドベッド、まくらリクエストサービスなど、宿泊者にとって嬉しいサービスがいっぱいのホテルです。

天然温泉神威の湯ドーミーイン旭川
天然温泉の大浴場やサウナ、使い勝手の良い客室が好評のホテルです。

ホテルルートインGrand旭川駅前
「ホテルルートイン」シリーズのハイグレード版として、広めの客室や充実したレストランが入っています。天然温泉もついています。

ホテルWBFグランデ旭川
温浴施設と地元の食材を提供するレストランを備えた地元密着型ホテルです。

 

おすすめの服装や持ち物は?

最低気温は氷点下10℃~15℃前後になります。

防寒対策を十分に・・・

と当たり前のことを言っても仕方がないので、あると便利なアイテムを紹介します。

● 耳まで隠れる帽子
● 滑り止め付防寒靴
● 厚手の手袋・厚手の靴下(長めが良い)

個人的におすすめなのは、底冷え対策のできるこのアイテム

 

それ以外にも、更に安価なものも含めて寒冷地イベントで重宝するアイテムを徹底的に調べてまとめた記事が↓こちら

 

「末端冷え性の対策グッズ!寒いレジャーにおすすめの手袋や靴下を比較」

 

よろしければ参考にしてみて下さい。

また、鑑賞型のイベントにお出かけの際は一般的な防寒対策で十分ですが、体験型のイベントに参加する場合は、「防寒」だけでなく、「防雪」にも注意が必要です。


出典:旭川市

特に、アクティビティで遊ぶ場合は、スキー場でスキーやスノーボードをする以上に、全身が雪に触れる機会が多いので、「スキーウェア」がおススメです。

雪水が中までにじんでこないように。防水スプレーも準備しておくと万全ですね。

 

スポンサーリンク

 

旭川冬まつりの歴史

「旭川冬まつり」はどのような経緯で開催されることになったのか?

それは、道路の除雪の際に発生する「雪の山の処理」に困っていたことが発端になります。

1946年当時の観光協会会長が彫刻家の助言により、雪の山で芸術的な雪像をつくって町おこしをしよう、と発案したのが始まりでした。


出典:旭川市HP

その後、1947年からは「北海冬まつり」という名で祭典として開催されることになり、1951年には「旭川雪まつり」と改名されました。

しかし、風邪の流行や担当者の異動により 3年で中止となってしまうのです。

 

その後、再度お祭りを開催しようという機運が高まり、1960年に第一回目の「旭川冬まつり」が開催されました。

回を重ねる毎に規模も大きくなっていき、60回目を迎える2019年には約100万人の来場者が予想されています。

 

スポンサーリンク

 

旭川冬まつり2019のアクセスは?

旭川冬まつりの会場までの、車、電車、シャトルバスでのアクセスを紹介します。

車でのアクセスは?

メイン会場の旭橋河畔までは旭川鷹栖ICから車で約10分です。

電車と徒歩でのアクセスは?

メイン会場の旭橋河畔まではJR旭川駅から徒歩で約25分です。

シャトルバスでのアクセスは?

冬まつり期間中は「旭川駅前」から冬まつり会場まで無料のシャトルバスが出ています。

詳細については2019年版は未公表でしたので、現時点ではご参考までに2018年版を紹介します。

画像クリックで拡大できます。

出典:旭川市HP

 

また、冬まつり会場から旭山動物園・旭山雪の村を結ぶ無料シャトルバスも出ています。

こちらもは2019年版は未公表でしたので、現時点ではご参考までに2018年版を紹介します。

画像クリックで拡大できます。

出典:旭川市HP

旭川冬まつり2019の駐車場は?

専用駐車場は?

旭川冬まつりの専用駐車場は設置されていませんので、会場周辺のコインパーキングを利用することになります。

近隣のコインパーキング

旭川冬まつり会場付近のコインパーキングは下の地図を参照して下さい。

 

旭川冬まつり2019の交通規制は?

旭川冬まつり開催期間中は中央図書館前の通りが車両通行制限区間となりますのでご注意下さい。

 

この記事を読んだ方に人気の記事

「さっぽろ雪まつりを完全攻略!」

「支笏湖氷濤まつりを完全攻略!」

「層雲峡氷瀑まつりを完全攻略!」

「十日町雪まつりを完全攻略!」

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は旭川冬まつり2019の

・日程、時間、場所
・歴代ゲスト
・会場案内図
・見どころ
・服装
・歴史
・アクセス
・駐車場
・交通規制

について、分かりやすくまとめてみました。

旭川冬まつりへのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です