Oops! It appears that you have disabled your Javascript. In order for you to see this page as it is meant to appear, we ask that you please re-enable your Javascript!

京都の葵祭2019を完全攻略!斎王代や行列のルート、歴史や日程など

シェアする

この記事では京都の葵祭2019について、どこよりも分かりやすく紹介しています。

葵祭とは、平安時代の貴族の高貴な行列を再現した祭礼です。

最大の見どころは何と言っても「斎王代」の行列が行進する様子。

毎年約10万人もの人がこの行列を一目見ようと、京都御所から下鴨神社、上賀茂神社へと続くルート上に詰めかけます。

今回は京都の葵祭2019について、日程や斎王代の行列ルート、有料観覧席、見どころや歴史などを、分かりやすく紹介したいと思います。


出典:https://www.kyoto-np.co.jp/

スポンサーリンク

葵祭2019の日程、時間、場所は?

2019年は5/15(水)に開催されます。

尚、毎年、曜日に関係なく5/15の開催となります。(雨天の場合は翌日に順延。当日早朝天候判断)

時間は10:30~15:30の約5時間。

場所については、京都御所→下鴨神社→上賀茂神社及び、その移動経路ということになります。

詳しくは、次の「行列ルート」の項でご確認下さい。

葵祭2019の行列ルートは?

葵祭の行列ルートについては下図でご確認下さい。


出典:https://www.kyoto-np.co.jp

「何時頃にどこを通過するか」については、下表もご参照下さい。

10:30

京都御所 出発
→堺町御門 → 丸太町通 → 河原町通→

11:40

下鴨神社到着(路頭の儀)

14:20

下鴨神社到出発→下鴨本通→

14:40

洛北高校前→ 北大路通 →

14:55

北大路橋→ 賀茂川堤 →

15:30

上賀茂神社到着

スポンサーリンク

そもそも「葵祭」とは? 「斎王代」って何?

まずは、そもそも「葵祭」とは何なのか? 葵祭で有名な「斎王代」とは何なのか?

について分かりやすく紹介します。

葵祭に親しみが湧くようにと、京都市が発行している「葵祭マンガ」というものがあるので、そこからポイントを抜き出して、更に分かりやすくまとめてみたいと思います。

葵祭の歴史・由来

今から遡ること約1,500年。

日本の国中で災害が起こり、農作物が被害を受け続けていました。


出典:https://ja.kyoto.travel/

状況を重くみた当時の欽明天皇が、この原因を占わせたところ、「賀茂の神々の祟り」という結果が出ました。


出典:https://ja.kyoto.travel/

これを鎮めるために占いに従って、

・猪のお面をかぶった人が
・馬を競って走らせる

という、「競馬(くらべうま)」を行ったところ、災害は治まり、国民も安泰になったそうです。

それ以来、この競馬は「加茂祭」という名前で毎年行われることになりました。

当初は「葵祭」ではなく、「加茂祭」だったのですね。

因みに、「葵祭」と呼ばれるようになったのは江戸時代中期からだそうです。

葵の葉を身に着けたり、社殿に飾ることから、そのような名前で呼ばれるようになりました。

以降、天皇直々の「勅祭(ちょくさい)」として、葵祭(加茂祭)は発展してきました。

「斎王代」とは? 何故「斎王代」が葵祭に出るの?

さて、葵祭と言えば「斎王代」

ですが、そもそも「斎王代」って何でしょうか?

葵祭(加茂祭)には、元々「勅使」と呼ばれる天皇の遣いの方が中心で参加されていました。

その後、日本の首都が平城京から平安京に変わり、当時の嵯峨天皇は「内親王」つまり天皇の娘の方を葵祭(加茂祭)に遣わすことにされました。


出典:https://ja.kyoto.travel/

ここで天皇の遣いとして参加された方が「斎王」と呼ばれています。

それ以降、葵祭(加茂祭)には「斎王」が参加されることになるのですが、、、

時代の推移とともに葵祭(加茂祭)の行列自体が無くなったり、復活したりを繰り返します。

もちろん「斎王」が参加されることもなくなりました。


出典:https://ja.kyoto.travel/

応仁の乱の後、江戸時代、明治時代、昭和時代、と行列が無くなって、そして復活するのですが、

1956(昭和31)年に、「斎王の代わり」ということで、「斎王代」を選び、行列に参加されることとなりました。

「斎王代」はどうやって選ぶの?


出典:https://karasuma.keizai.biz/

「斎王代」役の女性は毎年、一般の方が務めます。

ただ、この役はオーディションで選ばれるような、広く公募されるものではありません。

主には、京都ゆかりの寺社・文化人・実業家など、裕福な家庭の令嬢の方が推薦で選ばれます。

ご令嬢が「斎王代」役になられた家庭は、相当な額の費用を負担する必要があるようで、誰でも応募できるものではないのですね。

そのようなご家庭は限られてくるため、祖母・母・本人と三代続けて斎王代という例や、姉妹揃って斎王代という例も多いようです。

スポンサーリンク

葵祭2019の見どころは?

葵祭の見どころは

・「勅使代」を中心にした「本列」
・「斎王代」を中心にした「斎王代列」

です。

「斎王代」とは上で紹介した通り、「斎王」の代わりの方のことですが、「勅使代」とは、同じく、天皇の遣いである「勅使」の代わりの方のことです。

では、ここからは、「本列」と「斎王代列」の編成について紹介していきたいと思います。

本列の登場人物

まずは本列の登場人物を一覧で紹介します。

① 乗尻(のりじり)

行列を先導する騎馬隊

② 検非違使志(けびいしのさかん)

行列を警備している
③ 検非違使尉(けびいしのじょう)

行列警備の総責任者
④ 山城使(やましろつかい)

山城国司の次官、五位の文官

⑤ 御幣櫃(ごへいびつ)

賀茂両社に供える御幣物を納めたおひつ

⑥ 内蔵寮史生(くらりょうのししょう)

内蔵寮の七位の文官。御幣物を管理する

⑦ 馬寮使(めりょうつかい)

馬を管理する役人

⑧ 牛車(ぎっしゃ)

牛に引かせる、勅使の乗る車
⑨ 御馬(おうま)

賀茂両社の神前で走らせる馬

⑩ 和琴(わごん)

神前での奏楽用の楽器

⑪ 舞人(まいびど)

近衛府の五位の武官。6人が騎乗でお供。

⑫ 陪従(べいじゅう)

近衛府の五位の武官。賀茂両社の社頭で歌をうたい楽器を奏する。

⑬ 内蔵使(くらづかい)

勅使が神前で奏上する御祭文を奉持

⑭ 勅使(ちょくし)

天皇の使いで、行列中の最高位者

牽馬(ひきうま)

勅使の替え馬で、帰路に備える。

⑯ 風流傘(ふりゅうがさ)

行列の装い。牡丹など季節の花で装飾

⑰ 風流傘(ふりゅうがさ)

⑯の風流傘とは装飾が異なる。本列の結び

 

表中の画像の出典元:https://ja.kyoto.travel/

スポンサーリンク

斎王代列の登場人物

次に斎王代列の登場人物を紹介します。

命婦(みょうぶ)

高級女官

女嬬(にょじゅ)

食事をつかさどる女官

斎王代(さいおうだい)

祭礼の主役。十二単を着て輿に乗っている。

騎女(むなのりおんな)

斎王付きの清浄な巫女。

蔵人所陪従(くろうどどころべいじゅう)

物品・会計の担当者

牛車(ぎっしゃ)

斎王の牛車

釆女(うねめ)

食事・供奉に奉仕した後宮の女官

 

表中の画像の出典元:https://ja.kyoto.travel/

スポンサーリンク

葵祭2019の有料観覧席は?

葵祭では、5/15の「斎王代」や「勅使」の行列を、座ってゆっくりと見学できる、「有料観覧席」が設置されます。

有料観覧席の設置場所と行列先頭通過時間

有料観覧席は、京都御苑(建礼門前南側)と下鴨神社参道に設置されます。

それぞれ、行列の先頭が通過する時間は

京都御苑
(建礼門前南側)
10:30頃
下鴨神社参道11:40頃

となります。

有料観覧席で見る際の注意点

行列が通過する直前になると、規制がかかるため、有料観覧席には着席できません。

ですので、

・京都御苑には午前10時までに
・下鴨神社には午前11時までに

行くようにして下さい。

席上での食事は「迷惑にならない範囲」で可能なようです。

また、以下の行為は禁止されています。

・日傘の使用
・喫煙
・フラッシュを使用しての写真撮影

有料観覧席の料金

有料観覧席は以下の通り、3種類あります。

席の種類金額備考
一般席2,700円パンフレット付
葵祭まなび席
(京都御苑のみ)
5,000円パンフレット・イヤホンガイド(当日渡し・要返却)付き
葵祭ロイヤルシート
(京都御苑のみ)
7,000円パンフレット・イヤホンガイド(当日渡し・要返却)・京都御所記念グッズ付

※3種類とも全席指定となっています。

有料観覧席の予約・問合せ先

予約・問合せ先は、京都市観光協会になります。

TEL:075-213-1717(10時~18時/12月29日~1月3日は休み)

スポンサーリンク

葵祭2019の前儀は?

葵祭が開催される前には、「前儀」と言われる行事が行われます。

主な前儀は以下の通りです。

日程前儀名場所
5/3
13:00~15:30
流鏑馬(やぶさめ)
神事
下鴨神社
5/4
10:00~
斎王代・女人列御禊
(みそぎ)神事
2019年は上賀茂神社
※毎年、上賀茂神社・
下鴨神社で交代開催
5/5
11:00~
歩射(ぶしゃ)神事下鴨神社
5/5
14:00~
賀茂競馬
(かもくらべうま)
上賀茂神社
5/12御蔭(みかげ)祭下鴨神社

それぞれの前儀について紹介していきたいと思います。

5/3 流鏑馬(やぶさめ)神事


出典:https://www.kyoto-np.co.jp/

馬を走らせながら騎手が矢で的を射ぬく神事です。

葵祭の開催に先立ち、道中をお清めする意味合いがあります。

全長360メートル馬を走らせながら、途中 100メートルおきに設けられた3カ所の的を射抜いていきます。

 

5/4 斎王代・女人列御禊(みそぎ)神事


出典:https://www.kyoto-np.co.jp/

葵祭に参加する斎王代(さいおうだい)を含む、女人列に参加する40人の女性が身を清める神事です。

毎年、上賀茂神社と下鴨神社、交代で行われます。

参加される女性の方々は、十二単を着て神社境内の川や池の水に手を浸して身を清めます。

5/5 歩射(ぶしゃ)神事


出典:https://www.kyoto-np.co.jp/

流鏑馬神事同様に、葵祭の道中をお清めする神事です。

ただ、こちらは馬に乗らず、地上で弓矢を引く行事となります。

 

5/5 賀茂競馬(かもくらべうま) 


出典:https://www.kyoto-np.co.jp/

この賀茂競馬が行われる上賀茂神社は「競馬発祥の地」と言われています。

現代競馬とは異なり、2頭の馬が競うものです。

1頭目がスタートしたら、1馬身の差をつけて2頭目がスタートし、差が広がれば前の馬の勝ち、狭まれば後ろの馬の勝ちです。

 

5/12 御蔭祭(みかげまつり)


出典:https://www.kyoto-np.co.jp/

比叡山山ろくの御蔭神社から、荒御魂(あらみたま)と呼ばれる祭神を約20キロ離れた下鴨神社に迎える神事です。

行程の大部分は車での移動となりますが、北大路通交差点付近から下鴨神社までの約1キロの区間は、神職や氏子ら約100人が馬とともに徒歩で巡行します。

スポンサーリンク

葵祭周辺のリーズナブルで人気のホテル

葵祭の周辺で比較的リーズナブルで人気のホテルを集めてみました。

ご旅行で行かれる方は参考にしてみて下さい。

御所西 京都平安ホテル
京都御所目の前の静かな環境にあるホテルです。
米国の日本庭園専門誌の「日本庭園ランキング」で7年連続トップ5入りしています。

ザ・パレスサイドホテル
京都御所に面したカジュアル&フレンドリーなホテルです。
メイドインキョートのアーティスト作品も展示されていたりと、特徴があります。

THE SHARE HOTELS RAKURO 京都
スタイリッシュでありながら自然な雰囲気の内装が人気のホテルです。
ジューシーなフライドチキンや地産地消にこだわった食材を使ったオリジナル料理がウリです。

宿屋 西陣荘
京都御所の西側にある純和風の旅館です。
落ち着いた雰囲気や食事の口コミ評価が上々です。

葵祭のアクセスは?

京都御所・下鴨神社・上賀茂神社までの、電車でのアクセスを紹介します。

京都御所へのアクセス

地下鉄烏丸線「今出川駅」から徒歩で約5分です。

下鴨神社へのアクセス

地下鉄烏丸線の北大路駅から市バス1番・205番に乗車→「下鴨神社前」で下車です。

京阪出町柳駅から徒歩で約12分です。

上賀茂神社へのアクセス

地下鉄烏丸線「北山駅」から市バス4系統に乗車→「上賀茂神社」で下車です。

「阪急河原町駅」から市バス4系統に乗車→「上賀茂神社」で下車です。

スポンサーリンク

葵祭2019の交通規制は?

葵祭では、交通規制が敷かれます

5/15の午前と午後で規制エリアが異なるので、下図にてご確認下さい。

5/15午前の交通規制図

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://kyotocf.com/

5/15午後の交通規制図

↓画像クリックできれいな拡大画像になります。


出典:http://kyotocf.com/

スポンサーリンク

葵祭2019の駐車場は?

葵祭では交通規制が敷かれるため、規制エリア外で駐車場を探す必要があります。

ご参考までに、以下の駐車場を紹介します。

赤色:中立売西駐車場(バス20台、乗用車250台収容)

青色:清和院東駐車場(乗用車80台収容)

オレンジ色:御所東駐車場(乗用車69台収容)

スポンサーリンク

まとめ

いかがでしたでしょうか。

今回は葵祭2019の

・日程、時間、場所
・行列ルート
・斎王代
・歴史や由来
・見どころ
・有料観覧席
・前儀
・ホテル
・アクセス
・交通規制
・駐車場

について、分かりやすくまとめてみました。

葵祭へのお出かけの際に、お役に立てていただけると嬉しく思います。

ここまでお読みいただき、ありがとうございました。